2019年07月14日

BORN THIS WAY、マスクをはずす?つける?七変化番外編〜宅建業法13〜

 今月にはいってマスクをつけるキャラクターに特化した
ものが印象にのこっている。今月みに行った映画のファブル
の主人公にスケ清。

仮面をかぶる、これも七変化にはやはり不可欠なのかと。

実際、仮面をかぶっている人のほうが多いのが世の中なの
である。実に様々なのである。

好きなプロレスでもマスクマンは昔から人気なのである。
タイガーマスク。これ一番有名どころだろう。

でも、ほんとの顔をみてみたいというのが人間なのである。

みないほうがよかったのか、いややはりみて納得してよかった
と思えるか。受け取り手の器量にゆだねられことの方が多い
だろう。器量がなきゃやるべきでもないというものなのかと
あ・く・まで主観なのだが、そう思う。

その後の展開で自分をかえてしまうならやはりみるべきでは
ないだろう。

日本で最大の掲示板2ちゃんねるの創設者、西村さんいわく真贋
とびかうネットの中で個人の力量がとわれる。といってのけてる。

さーみなさんはどうお考えですか。マスクはずしてみたいと
思いますか、思わないですか。ドーン!!お〜ほっほっほっ!!!?
!!!!!!!!!!?

ということで宅建業法

その13

「宅建業をはじめるには、供託金をつまないといけないが支店が
あれば、本店と合計した額を一括して本店もよりの供託所に供託
しなければならない」と業法にはなっているが、現実、業者の
多くは、ハトさんチームかうさぎさんチームに入ることになる。

どちらを選ぶかは個人の自由なのである。

ハトの裏をみるか、うさぎのかわいい裏の顔をみるか。お〜こわっ

剣呑剣呑 今日はゆっくり休もう
posted by クール at 07:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

2つの腕時計〜宅建業法その12〜

 昨日、午前中・・・同業に顔をだす。自分でもなんとなく
感じていたのだが、やはり疲れからか目に力が入らない。

敏感に感じ取ることができるのは不動産屋の面々。

「今日はゆっくり休んだほうがいいよ」と声をかけてくれた。

でもそうそう休んでられないよな〜というわけで半ばドライブ
気分で市街地をながしつつ、頭の整理。とあるお客様のところの
訪問。ちょうどお昼時・・・しめしめ。

「天」丼で生き返る。それからよもやま話から〜の、腕時計を
2つほどいただいたのだが・・・これはうれしかった。

実をいうと今日はおじさんの命日。おじさんは時計屋を生前
大分で営んでいた。時計を修理する姿はいまでも目に焼き付いている。

もう2年前になるのか、フジさんの33回忌、おじさんの3回忌
を一緒にしたのである。

おじさんが天空をこえ運んでくれたのかもしれない。

というわけで宅建業法

その12

「事務所にいる宅建士の数がたりなくなったら2週間以内に補充等
法の規定に適合させるために必要な措置をとらなければならない」

やっぱ、今日は「君をのせて」そろそろお神輿だし・・・

サラオレインバージョンがいいな。しかも英語バージョンだな。

おじさんの供養になればと

今日もぼちぼちと頑張っていこう!
posted by クール at 05:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月12日

ものごとは会議室で決められてるんだ!〜宅建業法その11〜

 
 「室井さんーなんで現場に血が流れるんだ!?」の名セリフ
がでてくるのは、湾岸署で有名な青島刑事の言葉がでてくる
「踊る大捜査線」

お台場では、ほんとに湾岸署という名称になっているらしい。

今BSフジでは6週連続で踊る大捜査線が流れているのだが
今週がラスト。ラストはみておこうと思ったのである。

普段みれない戦争もの、刑事ものはやはりみていて面白い。

昨日、ひょんなことから秦野章元警視総監であり、法務大臣に
もなった人のことを調べていた。当然、現場も知っている刑事
でもあった。激動の昭和の「よど号ハイジャック」に「アサマ
山荘」など数々の大きい場面にでくわしていたらしい。

他界したあと、「もうあういう人はでてこないだろう」といわ
れるまでになった人なのである。

日本ではじめて、私大出身の警視総監になった人でもあるらしい。

警察官僚から政治家で有名なのは、亀井静香さんも確かそうだった。
現首相の家庭教師も現役の政治家で・・・名前忘れたけど警察官僚
だった気がする。

もし生まれ変わりがあるとしたら、警察官僚ってかっこいいよな〜
と思う。なぜか!?大概のことは網羅できている気がするのである。
日本だけでなく国家機密まで知らないことのほうが少ないような
気がするのである。

これから「AI」の時代になる、スマホの普及も一役かっている。

より物事の多くはデータ化、数値計量化されていくだろう。

それもより細かく分析されて、雨の日で気温何度、湿度何%では
こういうものがうれるとか、こういう事件が起きやすいとか。

おそらく時間もより限定されていくと思う。おそらく交渉事なども
より分析されてマニュアル化されていくのかな〜と思う。人間の
感情がよりコンピューターに近づけば・・・もしかして争いことも
へっていくかもしれないのかなと。

でも先日の講話できいたように「みえない世界」もあるにはありそうな
気もする。これはデータ化するのは、かなり難しそうだが、いずれは
わかる?ようになるのか。質量の研究では、もう解明の段階に入って
いるとか、いないとか

ということで今日の宅建業法

その11

「事務所には5人に1人は、宅建士をおかなければいけないことに
なっている。所定の案内所では1人いればOK」なのである。

警察関係のニュースが世間を騒がしている。これも「踊る大捜査線」
の番組宣伝なのか?世の中は摩訶不思議な世界でもある。

今日はザ不動産屋としてぼちぼちと頑張っていこう!

「ものごとは現場で生まれる」のが本当なのである。
posted by クール at 07:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

スケ清にフィーチャーした日!それなー!〜宅建業法10〜

 毎日毎日、ほぼ平日頭がしびれる作業に邁進してるの
だが・・・昨日、相続についてのお勉強。

?日本人ならやっぱあれだよな〜ということで「犬神家の
一族」の系図をもとに相続のお勉強をしたのである。

その後、夕刻になって一年に1回か2回ありがたい話を
聴くことに恵まれたのである。

「全一統体」なかなかいい話であった。

「全」は、みえる世界。「一」はみえない世界。普段意識
してはいないが、自分もかつて勉強したことに「ワンネス」
という言葉を覚えた記憶があり、ものごとのすべてはさい
終局面は「ひとつ」に集約される。

昨日の講話は、かなり親近感をおぼえるものであった。

いわば自分の感覚に肉付けをしてくれたものであった。

自分の姿形は、鏡をみなければわからないが、多くの人に
接することで、自分という人間がどういうものかはっきり
と理解できるのである。「合わせ鏡」とも呼ぶこともある。

つきるところ、自分の形を認識できるのは、自分以外の人間
がいてこそなのである。

そこから発展した考えのひとつなのだが、接する人は自分の
いわば分身なのである。

犬神家では、マツコがあまりに犬神佐平衛に傾倒しすぎた
悲劇であった、反面、まさに祇園精舎の鐘の声を表した
映画でもあった。盛者必衰のことなのである。でも、それも
昇華するためのひとつのなのである。

ものごとはいったんふくらみ、やがて収束を迎える。そこに
形式美というものも生まれる。それは、また新たな息吹を
迎えるためのものでもある。この道理がわかれば、そうそう
活きることは、怖くないところもある。

というわけで昨晩の話にかなりフィーチャーされた日。昨日
は納豆の日でもあり・・・あまりうだうだねばねばするのも
よくないので

今日の宅建業法

その10

「宅建士証の交付申請は、登録をしている都道府県知事に
宅建士の交付を申請することができる。その要件としては
法定講習をうけなければもらえない。しかも交付前の6か月
以内という期限付きなのである。」

今日もぼちぼちと頑張っていこう!
posted by クール at 07:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

人生初!高知の人と知り合いになったぜよ!〜宅建業法その9〜

 昨日、今昼間にいっているところで初顔の人に声を
かけた。なんと四国の高知県出身という。

おもわず顔がほころぶ。人生ではじめて高知県出身の
人と知り合うことに。

高知県といえば竜馬かなと。これで四国は全部制覇でき
たのか

ということで今日の宅建業法

その9

宮崎県知事の登録を受けている人が高知県知事の登録に
変更するように登録先を変更することを「登録の移転」
とよぶ

簡単にいうと、宮崎から引っ越し高知の不動産屋に従事
する場合に申請することができる。事務禁止処分を受けて
いる間はダメなのである。

ここで、単に住所を高知県にかえただけでは登録の移転
は申請できないことは要チェケラ!なのである。

四国は・・・いきたいところいっぱいあるところなので
ある。高松にしまなみ海道に・・・とにかく瀬戸内は
いいところなのかと

でもやっぱりドラゴン最強なのかと。今日はとくにドラゴン
にお祈りしておこう。願い事を

今日もぼちぼちと頑張っていこう!
posted by クール at 05:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

朱に交われば赤くなる〜宅建業法その8〜

 今、ほぼ毎日「学び」の場所にいる。うーん、不動産屋どくどく
の感覚からすこし離れているので、すこし不安なこともあるが
まぁ今の自分にかなり必要な場所だったのだろう。

いい意味で学ばせてもらっている。前回は・・・B−BOPばりから
一転の様相なのだが、今回の「まじめか!」これもいいことなの
かと

さてどこでススをつけるかだが・・・ほんとに朱にまじわればの
感覚なのだが、いいものを引き寄せるのは、これ必定なのかと

たまにはいいのか

昨日も早寝だったのである。早寝早起き。うーんかなり優等生。

今月はお神輿もあるのだが、お倉が浜に平日にいってすっきり
させて担ごうかと。毎年、恒例になっているのである。神様担ぐ
からな〜今年は・・・令和元年、大宰府天満宮にはいきたい
気持ちあるけど、かなり観光客は多いだろうな〜と思う。

ということで今日の宅建業法

その8

変更の登録

「住所、氏名、本籍、宅建業者の商号または名称、免許書番号に
変更があったときは登録を受けている都道府県知事に対して、遅滞
なく変更の登録を申請しなければならない」

一時的だが、自分も変更の登録してるのかなと。短期決戦の勝負!

今日もぼちぼち頑張っていこう!
posted by クール at 06:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

縁起のいいおばぁちゃんたち〜宅建業法その7〜

 今日は2人いたおばぁちゃんのうちのもうひとりの
命日なのである。

2人の名前は自分の中でとても縁起のいいおばぁちゃん
のくくりとして記憶にインプットしている。

日本的な名前、今日命日のおばぁちゃんの名前は「フジ」
もう一人は「タカ」これは、アメリカの象徴みたいだな。
たしかアメリカのエンブレムはタカだった気がする。

日米合作なのである。

タカの命日は1月7日なのである。かなりファンキーな
人であった。病院に入院していたときに、さされたリンゲルを
自分で抜いてトイレに行く人はそうそういないだろう。
当然、パジャマは血まみれ。まさにアメリカ気質。

今日命日のおばぁちゃんはとても優しく物静かな人であった。
かなりな日本的な人。しかし、りんごが好きだったんだよな〜

ということで3人目がいたらな〜という思いがあるが・・・
どうやらめいが以前「なすび」というあだ名をつけられていたとか

これで一富士、二鷹、三茄子そろい踏みというわけで

今週は縁起よくすごそうと思う。

というわけで宅建業法

その7

宅建士の義務として

「信用又は品位を害するような行為をしてはいけなく、必要な
知識及び能力の維持向上に努めなければならない」のであるが

2番目の鷹のように・・・ザ不動産屋らしいところもあって
しかるべきなのかと。まさに表裏かなーと思う

今日もぼちぼち頑張っていこう!今日は特に仏壇で瞑想しよう
posted by クール at 06:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

七夕に思うサヴァン症候群〜宅建業法その6〜

 今日は七夕である。昨日やっと念願のスクリーン。今年
年初より邦画でみたいものがたくさんあった。

ほんの2時間だったけど、有意義に時間をすごせたかなと

みた映画は岡田淮一さん主演の「ザ・ファブル」なんとなく
なのだが、岡田淮一さん主演の作品テレビ映画でもなにかの
めぐりあえあせで見る機会に恵まれている。

今年も「白い巨塔」に「関ケ原」などなど、「SP」?だったか
あと「木更津キャッツアイ」は自分の中で黄金の金字塔なので
ある。

岡田淮一さんは、今回はサヴァン症候群の一例としての映画
であったが内容は・・・けっこうえぐい系だけど、心あたたまる
シーンもあって予定調和だけはなんとか確保できたかなと。

コメディそしてアクション、そして岡田さん特殊能力の役どころは
はまり役かなと。なんかよくわからないけど、本人もそういう素養
があるかもしれない。ある意味、天才の域なのかと。

コミュニケーション障害はほんとに生きていくのが大変なときが
多いと思う。ある意味、ほんとに普通に平凡というのにあこがれ
がある。

七夕の日にすこしだけそういう思いをめぐらせてみたのである。

午後もゆっくり休もう。サヴァン症候群にとって一番大事なのは
自然にふれる機会を多くつくることと、ゆっくり頭を休めること
なのである。

昼寝しよう

というわけで宅建業法その6

「宅建士の登録の手続きは試験にのぞんだ都道府県知事に申請の
手続きをする」

要は、試験を受けて合格した場所で申請手続きをすることになる
のである。
posted by クール at 13:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

乱世ここに極まれり!今度の参院選で国士「登録」されるのは誰?〜宅建業法その5〜

 ここ何週間か、ニュースをほぼみていないが
「老後資金2000万」という話があるみたいだ。

そこで年金の話になるのだが、自分たち世代はうすうす
感じているのだが、「もらえるわけないじゃん!」と
そういう意識は少なからずもっている人は多い。

どうせ70歳、いや75歳かな。そういう意識なのである。
そこまで生きてるか?いやそんな長生きできねーだろ的な

障害があったらのことをうたい文句にしてるが、どうも
これも途中で打ち切られる可能性もある?とか

じゃあ、一体どこにきえてるの?それも国民は把握している
のだが、株式相場という鉄火場に投下されているのである。

なんとか収益をだして延命しているが、日本の株式を動かして
いるのは、主に海外の投資家。さてさてどうなることやら

じゃあ、国債を紙屑にするか!いやそんなことしたら海外
から総スカン、ただでさえかの原発の汚水を垂れ流している?
世界中にまことしやかにささやかれているのである。

さてさて、しもじもは今日もたくましく仕事にいそしむので
あるが、今日の宅建業法

その5

宅建士の登録制度

1.試験に合格すること
2.2年以上の実務経験があること
※登録実務講習を修了すればよいという救済制度あり
3.欠格要因に該当しないこと

日本は官僚になるのは、とても狭き門を突破しないと
いけない。というわけで、政治家になるにも一定のレベルを
試すために「試験制度」導入してみては?と思う。
いや難しいものでなく世間一般のことがらを問題にすれば
いいのだが、インスタントラーメンの価格くらいわかって
欲しいのが庶民の願いなのである。

川内をかわうちとか読む人もいるし・・・どうもあやしい。

さて何人くらいとおるのだろうか、是非になのである。

今日もぼちぼち頑張っていこう!
posted by クール at 06:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

参議院選挙開幕〜宅建業法その4〜

 昨日、参議院選挙の公示があった。看板にポスターが
張られていた。

しかし思うのだが、参議院といえば昔の貴族院あそこまで
数いるのか・・・と思う。それ以上なにもいうことはない
のだが

ポカーンな今なのだが、久々にこういう感覚ももどって
きたのか

はやいけど準備しよう

ということで宅建業法

その4

宅建士の法廷事務

重要事項の説明、重要事項説明書の記名押印、契約書の記名押印

重要事項が35条、契約書は37条・・・いかんいかん競馬を
考えてしまった。

今週は七夕賞があるのだが、7月7日にあるのは久しぶり?の
ような気もする。前回は2013年、6年前になるのか

今日もぼちぼち頑張っていこう!
posted by クール at 05:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする