2019年07月24日

生々しい仕事だから鍛えられたこと〜宅建業法その23〜

 昨晩覚えず寝ていた。そろそろ梅雨明けだとは思う。今は
曇天なのであるが。

基本、二足のわらじが現在の状況なのだが・・・9年ぶり
というのが意外に身体にきている。

でもいい意味でリフレッシュできているし、いろいろ学んだ
こと多いな〜と思う。

人を見抜く感じと会話から・・・「あ〜冗談でいってるな」
とか「言葉に力ないな」とか「言霊がおなかからじゃなく
のどからでてるな・・・言葉が軽い」とか、あくまで主観的
なのだが、自分のなかでは完結できるくらいのは相当鍛えら
れたかなと感じる。セットして顔の表情をみれば・・・

「あ〜そういうことね」とご当地意外に表情豊かな人が多い
のがこれ幸いなのかと。ポーカーフェイスの人はなかなか
めぐりあえない。だから、なおさら印象に残るのである。

ポーカーというゲームは、心理戦なところもある。レイズ
かコールか

何年か前に知り合った人で、「この人ハート強いな」と思った
人がいた。車屋さんしてる人であった。なにやらおえらいさん
のあつまる会長をしていた。その人の仕草や言霊を見抜く力は
やはり相当鍛えられた賜物だと感じた。

「言葉が軽い!」そういって見抜いていた感じがあった。

今になってなんとなくそういう感じがすこしほど理解できる
までになっている。まだまだだとは思うけど、貴重な経験させて
もらってきたなと感じる。

声のトーンはほんとにいろいろと物語ってくれるなと思う。

ごくごくまれに「人たらし」の人もいるが、これもなかなか
めぐりあえない部類なのかと。でも案外見透かされてるところも
なきにしもあらず。

基本は「ぶれない平常心」なんだろうと思うけど

というわけで、6月後半より、話下手な自分がしゃべりまくりの
毎日を送って、それがかなり身体にきてる一因なのかと。

明日は・・・仕事終わったら海にいって清めておこうかと。ボード
つんでいこう。

今日の宅建業法

その23

指定流通機構、レインズに登録してお客様から申し込みがあったら

「遅滞なく、その旨をお客様に報告。成約までいったらレインズに
1.登録番号 2.取引価格 3.契約成立年月日をレインズに通知
しなければならない。レインズに登録した登録証も依頼主から戻して
もらう」これで一応の完結なのかと

ポーカーフェイスできているだろうか・・・カオナシだからこの
あたりはまずまずなのかと。・・・いや、今はあまりに覚えること
多すぎて通過してるだけだな。たぬきになれる日はそう遠くないと
みた。いやまだまだ年月かさねないと無理か・・・

今日もぼちぼちと頑張っていこう!
posted by クール at 05:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

7人への贈り物〜宅建業法その22〜

 今年、盈月さんに頼んで書いてもらった年賀状の
文字。「結ぶ」偶然にも、昼間にいっている場所
今年のテーマ「結」文字通り結果を求めるの解釈でも
いいと思う。

はじまってから1カ月、よく頑張っていると思う。
感謝の気持ち、お礼するのが普通なのかと

そして12月にはいい結果を求める。

個人的にもあるゲン担ぎをしている。「かみむすび」

こちらはまだまだなのであるが・・・秋には綺麗に
結べるはずなのである。ある日にちめがけて

今週は神様も担ぐのである。昨日、今年から〜の新しい
法被が手に入ったのである。綺麗なブルーと紺色

そして宅建業法

その22

専任媒介契約及び専属専任媒介契約を結ぶと

「レインズに登録しないといけなく専任の場合は休業日
をのぞいて依頼された翌日よりかぞえて7日以内、専属
専任の場合、休業日をのぞいて依頼された翌日より5日
以内にレインズに登録しないといけないのである。」

さて今日もチームレインズと共にお勉強をするのである。

今年試験を受ける人にとって今週から8月第一週目が
ターニングポイントなんだろうと思う。短期決戦にしても
ここがギリのスタートポイントではないのかなと。

今日もぼちぼちと頑張っていこう!レインズ・・・ンは
いらないな〜レイズ、これだなチームレイズ
posted by クール at 06:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

琴恵光2場所連続勝ち越し〜宅建業法その21〜

 大相撲名古屋場所が終わった。たまたま琴恵光がインタビュー
されているときにでくわす。

「今日は花火があがりますか?」「上がると思います。」

いや〜地元は大雨なんだよな〜

宮崎県出身の力士が幕内で2場所連続勝ち越しは、39年ぶり
だったかの新聞記事をみた記憶がある。

昨年あたりから相撲が変わった感じがしたのだが、どうもトレー
ニングに力をいれてるとか。テレビでいってた気がする。

都合2日間、何時間ねただろう。ほぼほぼ仮死状態。かもめーる
はおわったけど。

そして先月もみたのだが、大地震の夢。今回は船の上。前回
同様逃げきる。うーん、ナンバーズ3かってみるか。

今日の宅建業法

その21

「宅建業者は、お客様から価格または評価額についてたずねられた
ときは、根拠のある意見をのべないといけない」のである。

いわゆる指標となる相場をいえばいいだけの話なのだが・・・たまに
下駄はかせたり、またその逆もあるよな〜

というわけでおちがまったくうかんでこない今なのだが、おちが
ないのが今の琴恵光にとってもいいことなのでよしとしよう。

琴恵光は昨年はあれ?だったけど、基本名古屋場所はいいような
気もする。そろそろ金星狙える位置にいくのかと思うと、ここ数年で
大いなる飛躍といってもいいかと。明生に照強、十両で切磋琢磨
していた世代が上にあがってきたのかと思うと感慨深いものも
ある。

琴恵光にあやかり今日もぼちぼちと、頑張ってえこう!
posted by クール at 05:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

全力かもめーる〜宅建業法20〜

どうやら明日から晴れそうなのである。今日はかもめーる
をつくろうと思う。

あと、これで4回目になるのか一言葛城神社の・・・はがき
コンクール。これはだしておこう。

さえぎるものぶっとばして、まとわりつくものかわして

そして、いや〜全力でおじさんになったな〜と思う。

ジャー二ーさんねたのだが、あのマッチでさえ55になったという。

年月のたつのなんとはやいことか

たまに聴きたくなるスキマスイッチ。隙間産業にいるからなのか

やはり神曲「奏で」が一番なのか

今日の宅建業法

その20

媒介契約書は

「作成・交付は宅建業者、媒介契約後、遅滞なく交付。記名押印も
宅建業者で相手が宅建業者でも免除されないのである。」

そろそろ梅雨明けになるのか

今日は参議院選挙か〜

今日はゆっくり休もう。昨晩の打ちっぱなしで身体若干へろへろ
だな〜
posted by クール at 07:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

哀愁の古国府(ふるごう)〜宅建業法その19〜

 昨日、チームマリオのはじめての仕事であった。大分市
古国府とかいて「ふるごう」

昨年末のもう年の瀬にはじめて物件をみにいく。昨日という
日がさだめであったのだろう。多少の紆余曲折はあれど
動くのが必然だったのだろう。

決済1時間前に一番大事な書類がとどく。これがなきゃまさに
なにしにいったかわからないが、届くだろうとおもっていた。

たまに思う。水が流れるようにことがすすむ契約は途中なにが
あっても綺麗にことがなせるのである。

無理がないのである。できうるなら全部こういう感じだとほんとに
ありがたいがそうそうめぐりあわないんだな、これが

古いものは捨てておけばいいのである。また新しいものに会うために

今日の宅建業法

その19

専属専任媒介契約

「依頼者は、依頼した業者以外とは契約できない。また依頼者は
自分で探した人でも契約できないという非常にしばりがきつい
媒介なのである。」

来週はお神輿なのである。

身体ケアしていかないとな・・・

今日もぼちぼちと頑張っていこう!
posted by クール at 07:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

セパレイトウェイズ〜宅建業法その18〜

 今日は大分の別府市にいくことになっている。
分かれ道であり、別れ道になる案件のためなのである。

というわけで先週、昭和平成と数々のアイドルを
増産した、ジャーニーさん追悼の意味をこめて

ジャーニーのセパレイトウェイズかなと。別府にいく
だけに

けっこう力強いメロディーなのである。歌詞に反して

雨もなんとか小康状態なのかと

ゆっくり時間かけていこうかと。

ということで今日から三大書面なのである。

宅建業法その18

専任媒介契約

「物件の依頼人は同一物件についてほかの不動産屋に重ねて
依頼を禁止するものなのである。ただし、物件の依頼者が自ら
発見し、契約することは禁止されないというものなのである。」

そのまま覚えるしかないのかな〜

昨日思ったのだが、今してる昼間のほうも来週が大きなターニング
ポイントになるのかと思う。9年前のレポートにはそう書いてある
のである。今年も相当な人が受けるであろう宅建士の資格。

来週から8月いっぱいが天下分け目のときなのかと思う。

いずれにしてもケセラセラなのかと。なるようにしかならないんだよな
つきるところ

今日もぼちぼち頑張っていこう!

分かれ道、別れ道。昨年からの課題、今日の日が宿命だったの
だろう。
posted by クール at 06:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

中間試験はひきこもごも〜宅建業法17〜

 今、自分は昼間にある所にいって7人の人とともに
一緒に勉強をしている。すこし面白い取り組みなのだが
7人は自分の分身と捉えている。

まじめな自分、ねたろーな自分、ものぐさな自分、それで
いて粘り強く、けっこう頑張り屋な自分、ちゃっめけの
ある自分、なんでも興味をしめす自分。

7人の人と同調しようとしている。

昨日の中間試験とても面白いデータがとれたのである。

5年前になるのか、自分はとある大先輩と高千穂にある荒立
神社にいき、普段はいれないところにいれさせてもらって
祈願したことがある。

それをおえ宮司とお話。

「敵とよべる人ができて一人前かな〜」と

いやすでにそのとき敵だらけだったのはのちの述懐なのであるが

試験の話をもどすのだが・・・今自分はかなりおとなしめの状態
にはいったのか。もっと闘牙をもたなくてはとおもったのである。

全員がまちがった項目が2つほど「不法行為」に「相殺」そして
ほぼ全員が間違ったのが「定期借地」に「定期借家」テキイは
定期の読み順をかえると「テキイ」になる。敵意がなかったんだな
・・・もっと念をいれなきゃなと

学問の世界もスポーツの世界も根っこの原理は違わないはずなので
ある。みなぎる闘う気力もっとださないとな〜それは相手にではなく
まさしく「克己心」最大の敵は自分の中にいるということ。

ということで宅建業法

その17

保証協会の業務について

「苦情の解決、研修、弁済業務」の3本柱なのである。

最近の出題される、狙われてる項目みたいなのである。

弱い自分と強い自分を自分の中で相殺できるとほどよい感じ
なのかと、いやいやまだまだ全面にシカクでいいのか、刺客
でまだいいのかと
posted by クール at 06:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

「シ」ャ「カ」タ「ク」のナイトバード〜宅建業法その16〜

 よくよく考えてみても最近夜な夜なうろつかなくなった。
やはり財布うすいせいだろうか。ナイトバードになるには
仕事に勉強頑張らんとね!

日中はほぼ缶詰で勉強にいそしんでいる。

まだまだまるく年齢じゃないのだが、一応今日も四角四面
で・・・今日は中間試験なのである。

第一関門といったところなのである。

目標4割〜6割と考えている。重要事項問題は5割必須と
いきたいところなのである。

ようやく生活サイクルに慣れてきた。でもほんとに慣れて
きたときに、また元の状態に戻るのであるが

今与えられてるミッションなんとかクリアしたいところなの
である。

というわけで今日の宅建業法

その16

「保証協会には弁済業務保証金分担金という名のお金をつむ
ことになり、保証協会はそれを供託所に弁済業務保証金という
名で預けることになる」うーん、そのまんま覚えるだけか

ナイトバードといえば・・・フクロウかな?いやヨタカか
あぶないあぶない

あ〜今日もぼちぼちと頑張っていこう!
posted by クール at 05:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

吾が血をもって叶えよ〜宅建業法その15〜

 昨日でやっと今年2冊目になるのか本を読み終える
ことができたのである。

結城光流さんの「吾が身をもって叶えよ」

安倍晴明の物語なのだが、やはりもののけと清明の対決
シーンはおもしろかった。

今でも日本のいたるところに、「入ってはいけない場所」
というのは存在してるのだろう。

なんらかしらの空間のずれで、空気が澱む場所というのは
あるのだろう。このあたりは質量の研究などもっとすすむ
と面白い結果がでてくると思う。おとといの劇でもあった
のだが彼岸の存在。まさにこれだとは思うけど。

日本特有のもののけ文化、今でもあるはずなのである。

自分も「え、この人こんな顔だったかな?」「以前と違って
話し方とかかわったな・・・」そういう経験や思い当たる
ふしのある人はおおいだろう。ひとりの人間の中に違う
人間を宿す、いまだに日本はもののけ文化あるよな〜

一時的に「魔」を取り込んだために人の信用を勝ち取るが
そんな力はすぐなくなる。そして、その過去の力で「嗚呼
勘違い」で上から目線。よくありがちな光景なのである。

つねに謙虚とはいわないが、なるべく平常心を保つには
やはり流す感覚は必要だと考える。

というわけで宅建業法

その15

「ハトさんチーム、うさぎさんチームいわゆる宅建業者は
供託金制度のかわりに2つある保証協会に入るという道が
ある。どっちもははいれないのである。」

でも・・・会社をふたつつくって・・・頭も2つつくれば
二刀流はできなくはないかなと。うーん怪しげな商売に
なりそうな気もする。

さてさて頭のしびれからも都合2日間の睡眠時間20時間
のおかげか、どっと身体がほぐれている。今週は大分にも
いく。そろそろお盆も近づいてきたな〜

あとはかもメール今週ぼちぼちとやっていこう!
posted by クール at 05:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

SHOW銀座?翔銀座?でもやっぱり笑銀座〜宅建業法14〜

 昨日、ひょんなことからご当地の2つある劇団のうちの
ひとつ「笑銀座」の舞台をみにいった。多分5〜6年ぶり
だと思う。

なんというか・・・かなり難しいのにチャレンジしてるな
と思ったのが感想なのである。

自分ももうひとつの劇団を手伝った経験からあることに
気づく機会を与えてくれたのである。

舞台と観客をつなぐもの、これも実は「はし」なのだと
個人的な意見なのだが

やはり昨日の舞台はかなり難しいことにチャレンジした
気がする。来年の舞台は笑銀座の文字通りの「笑い」を
メインにしてほしいのかなと

彼岸を全面にうちだすなら、自分ならおもいきりコメディー
か恋愛ものかなと。そういうのが定番なんじゃないかと。

それからかえって「踊る大捜査線FINAL」をみる。これは
もうっていうくらいに「王道路線」

「悪が栄えたためしはない」これほど単純明快なわかり
やすい話もない。勧善懲悪もの、日本人に一番うける
パターン

またそれをさらっとやってのける室井管理官と青島刑事。

最後にでてきた「すみれさん」やっぱこれだよな〜と思う。

真のヒーローは最後に登場なのだが、やはり女性の時代
なんだろうと。これは令和の前の平成24年の話。

というわけで宅建業法

その14

「供託金をいれたら供託書の写しを免許権者に届け出、その
あとじゃないと事業は開始できない。免許をもらった日から
3カ月以内の届け出が必須事項なのである。」

ねばねば・・・今日は納豆の日ではないが納豆たべてうだうだ
すごそう。読みかけの本一気に読破だな。

明日からのために 今週一回?いや来週連ちゃんでお倉が浜
だな。
posted by クール at 06:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする