2017年05月09日

ワンオーワン

 実をいうと、5月1日にとある契約が流れたのだが、手付金
をうってもらっての流れは今回初めての経験であったのである。
半信半疑だったところも予感であったので経験になったけど
やはり契約先行の恐ろしさはあるのである。でもやはりそれでも
契約先行はしたかたない一面もある。

というわけでGW入る前に毒流し。まぁGWはさんでだからまぁ
しょうがないということにしてあらためて原因を考えていた
のである。

今回の案件はある条例がネックになっていたのだが、市街化区域
だし、中高層住居専用地域だし、8割は大丈夫とふんでいたので
ある。それでも、やはり行政の前例踏襲の壁に泣いたのである。

これは誤解してはもらうと困るのだが、行政をうらんでいるわけ
でもなんでもない。いかばかりか行政マンの都合もわかるから
なのである。責任の所在を追及されたとき、その行政マンも責任は
とれないのである。生活もあるだろうし、前例をやぶる掟破りを
望むのは大変コクだからなのである。

買主も大変気に入って値段もドンピシャだったので、昨日手付金を
とりにきたときもショックをかくせなかったらしい。売主も同様
な思いだろうが今までしらされずに固定資産税を払っていたので
これは何らかしらのアクションは起こす可能性はあるかもなのである。
自分も意見提案として関係各所に電話したのである。

自分も売主買主双方納得するように、まんがいちの想定外考えて
特約はいつも以上に慎重につくったのである。また相手方不動産も
契約前日まで行政に毎日足をはこばせていたのである。まだ1年
たらずのひとなれど、「あきない」人の血が流れているのか、
やはり小さいころよりそういう環境にいるので、1年でもほかの
人の1年とは差は歴然といわざるをえない。

今、日本をさわがしていること。時を同じくしてだったのだが、
自分たちは前例踏襲に泣いたのだが、まさかの掟破りで今日本
はケンケンガクガクしてるのである。

権力の濫用とみるか、壁をこじあけたとみるか。行政側の権力者
によるまさかの掟破り。ダブルスタンダードこれは、しのごの
いってもしょうがない。自分が「力」をつければいいだけなので
あるから。もしまんにひとつの可能性もないが自らその権力を
握ったとき孤高の精神でできるかどうか甚だ疑問なのである。

権力とお金は「魔物」これはほんとにそうだろうと思うのである。

でもどうだろ。まさかの掟破りによって新しい風が吹く可能性は
あるのである。ほとんど素性はわからないが、寸鉄帯びずでひとり
国会にのりこんだ彼がしたことが今後大きな意味をもつかもしれ
ない。なんとなく犬死させたくないところもあると思う人も
いるだろう。無論自分もその一人なのである。

うだうだと長々と書いたのだが・・・今日は大変な悪夢をみたので
ある。う〜ん逆夢ならと思うのである。厄落としできたであろうか。

つきるところ・・・99点じゃ自分たちはご飯は食べれないのである。

99匹の犬を助けるとこれは大変いいことにありつけるのは余談として
おこう。

まぁしかし・・・ディズニー映画と違って、実社会では悪が必ず
ころぶとは限らないんだよな〜マルサみたときも思ったのだが
巨悪はグーグー眠っているのである、まる。

耳がたれさがったわんこ・・・やっぱいいよな〜

今日も正しく真っ直ぐにしたたかに仕事していこう。101点目指して。
100点でいいのだけど、プラス1点でいいのである。ノルマ1ポイント
へったので駆けるとしよう。
posted by クール at 05:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

百夜通い伝説(ももよがよいでんせつ)

 おとといになるのだが、GGNの帰りに知人と「よだぬき」
に寄ってうどんを食べたのだが、そこにやはりGGN帰りの
元高校で甲子園を目指す生徒たちを指導していたKさんに
でくわした。

もう75歳になるというがそうみえないくらい若いのである。

「よだぬき」にはカウンターに花瓶があり、四季折々の花が
店主だけでなくお客様も持ち寄り、イケてるのであるが、
イケてるというよりたださしてるだけなのだが・・・

そこに芍薬(しゃくやく)の花が1本だけ、ほかの花と一緒に
さされていた。立てば芍薬・・・の言葉どおり、ピーンとくきが
はっていることから和服が似合う女性のような美しさがあると
いわれている。ピンクと白の花弁であったのである。

小野小町という伝説の美女が平安時代にいて、都からふるさとに
もどった小町をおっかけできた深草少将に

「昔庭で大事に育てていた芍薬の花が少なくなってしまったので、
毎晩芍薬を一株ずつ植えて100株になったら契りを交わす」と。

深草少将は、99あと一本というとこまで来て不慮の事故により
他界してしまったというかなりせつないラブストーリーが百夜
通い伝説と呼ばれているのである。

小町もそれを悲しみ99の和歌を少将のために詠んだといわれ、
それはのちに「法実経の花」と呼ばれるようになったのである。

自分はご当地の某繁華街にでかけ、「百回きたら電話番号をおし
えるといわれ・・・」残り88回を残してやめた記憶があるの
である。深草少将は今の時代なら・・・ストーカー呼ばわりされ
る危険性もはらんでいるのである。時代はかわるものなのである。

が、そこまで深い思いがあればとすこしうらやましい気持ちも。

そこで、そんな芍薬の花言葉は「はにかみ」なのである。つつま
しく恥じらいをもつ清浄な出で立ち。けっこう派手な花なんだけど。

ということで、今日もおちもないしゃれもない・・・今日もいきま
せん。さて今日から仕事なのである。営業は百回だめでも101回
目で叶うこともあるんだよな〜わりとまじなことなんだけど。

う〜んどこかできいたフレーズだな。いや気のせいだな。

今日も正しく真っ直ぐにしたたかに頑張っていこう!
posted by クール at 07:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

実況!ゴールデンゲームズのべおか

 昨日は知り合いとご当地にある陸上競技場にいってきた。
GGN、ゴールデンゲームズ延岡。今年で28回目になるという。
前回きたときが26回目であった。

とまぁ・・・前フリはここまでで。新聞片手にメインスタンド
のゴール前にいれば、どこかで見た風景が思い出されるのである。

選手には悪いが、選手が競輪選手や競走馬にみえてしまうのが
不思議なのである。

メインレースは、トラック競技の花形1万m。さすが大会主催者。
でてる選手も往年の箱根駅伝でならした長野の佐久長聖の佐藤悠基
から今年の箱根で神奈川大学の鈴木健吾。そして設楽兄弟、大会
記録をもっている村山ケンタに、ご当地のトラックレースのエース
鎧坂テツヤ。

自分の中でほんとに選手には申し訳なかったのだが競馬のG1の
ファンファーレが鳴り響いたのである。

「各馬準々におさまり・・・ゲートがひらきました。まず先頭を
走るのが、昨年のリオ五輪1万mのシルバーメダリストポールタヌイ。
1馬身はなして、後続がご当地の村山、鎧坂、そして期待の市田と
続き、後方待機は設楽兄弟、ゼッケンナンバー10番、17番。
お〜っとどうしたことか、今年の箱根ランナーの鈴木は大きく
はなされて、これは10馬身以上あるか。

1000m通過が2分44秒。以前先頭はポールタヌイ、ゼッケンナンバー1

とまぁこういう感じの実況が頭にながれ、ぶつぶつとメインスタンド
でいっていると、まわりからクスクスの笑い声。あぶないあぶない。

では引き続き・・・

「最終の第4コーナー、鎧坂テツヤ先頭に設楽ユウタ、佐久長聖の名
ランナー佐藤もきてる。先頭鎧坂、最後の直線後続をどんどん引き離し
2馬身3馬身・・・もう誰もついてこれない。これは強い鎧坂、なんと
いうことか、これはほんとに強い世界選手権の切符はもう目の前だ。
鎧坂テツヤ・・・ゴール!圧勝〜鎧坂。」今日はてれっ〜としちょ
らんかったテツヤでした。

とまぁこういう感じの昨日でした。準メインはこれから活躍するで
あろう若手女子のレース。最終レースでは、ご当地の選手2着。

発光機からみえる新緑がまぶしい季節。まさに目に青葉の季節、天気
も雨もふらず今年も大変おもしろかったGGN。トラックのマイクパフォ
は今年もかわらず宗茂旭化成陸上部の名誉顧問が今年も華をそえて
くれました。

明日から仕事なのである。やることあるが、まぁぼちぼちと。ゆっくり
休もう。いまだ興奮さめやらぬ今なのです。
posted by クール at 11:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

七の七十倍

 以前どこかで聞いたセリフが昨日蘇ったのである。おそらく
カルマ(業)の解消する年月。自分は七十倍じゃなく、これ
解消する年月だと勝手に解釈したのである。

カルマを解消するために「生」を受けてるのに、まだ生きてる
間にカルマを作っているとごくごくまれに反省するのである。

昨日は端午の節句だったのか、先勝の金曜日ということで、
急にお付き合いのある人2名が、誕生日が5月ということで
思い立ち、とあるところにいって誕生日プレゼントを買いに
走ったのである。このくらいのものでカルマ解消とはいかない
のは百も承知だが、お世話になっているので喜んでくれたら
と思い買いにいったのだ。

お目当ての品は見事人数分あったのである。これなかなか
手に入らない代物なのであるが、店主快くおしげもなくだして
くれた。

「真鶴(まなづる)」当然、鹿児島を代表する25度の芋焼酎。

3Mと呼ばれている鹿児島の大変高価な芋焼酎が、「魔王」に
「村尾」にそしてなかなかお目にかかれない「森伊蔵」これが3M
と呼ばれて贈答には大変喜ばれるものなのである。

3Mに負けじ劣らずの隠れ3Mの「萬膳」「萬膳庵」そして
「真鶴」だったか?なんか裏バージョンみたいでかっこいいの
である。

三千世界の松の木がかれても・・・のセリフがすこしよみがえる。
シャバにでた甲斐がないか〜

55の日に、業をすこしでも解消したのか大変目覚めがよいの
である。今日はご当地であるゴールデンゲームズにいく日なので
ある。何年ぶりだろう。今年は新年のニューイヤーで活躍した
市田選手、双子のアスリートが出場する予定になっている。

前回いったときも、これまた双子の設楽選手の弟に、村山ケンタ
コウタの双子の兄弟がでた気がする。

よくわからない朝なのだが、とにかく七の七十倍、今の自分は
頑張らないとな〜と思うのである。しかし、七日すなわちあすまで
休むのである。そろそろ断捨離しよっかな〜ゴールデンゲーム
いくまで。、
posted by クール at 05:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

しんせかい

 昨日の午後、読みかけの「しんせかい」を読んだのである。

ラスト何ページ目から、なぜか涙がとまらず読んでいたと思う。
なぜだかわからない。なんとなく懐かしいような、そうでも
ないような。

ごくごくありきたりな19歳の青年の話なのである。さまよって
いるとでもいうのだろうか。仮想現実という側面もある今生きてる
現在。ほんとに夢幻のごとくなるなのだが、人間はそれに意味を
もたせてくてしょうがなく学問をし、自己実現に向けて道を
歩いていく。

でも、評価はすべてその人間が死を迎えた時に決まるものなのである。

今生きてる現在にさほど意味はないとでも作者はいいたかったの
だろうか。内蔵をえぐられる感覚は残ったのである。イマイチという
人もいると思うがなぜか心に残りもう一回よんでみそうな感じの小説
であった。

今日は端午の節句で、二十四節気の立夏なのである。今日も空は曇天
なのである。端午・・・黒猫のタンゴは皆川おさむで、黒い花びらは
水原弘。

もう暦の上では夏になるんだな〜今日もうだうだとすごすつもりなの
である。営業マンは、こういう誰ともはなさない日をつくるのが、どれ
ほどありがたいことか・・・ぼぉーと一日寝たい時に寝て、食べたい
ときに食べて。やはり猫はうらやましいのである。

「しんせかい」も軽いアクセント、それも文章とかでなく今までなかった
ものを見せる形を使っているのだが、そのうち顔文字や絵文字まででて
くるのかなと思うのである。それはそれで時代なんだろうな〜と思う。

自分もGOGOしんせかいだな。ぺかっで光る大きい貯金箱、もうしなく
なって久しいが懐かしい思い出だな〜ゆっくり休もう。
posted by クール at 08:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

とにかく眠い

 ゆっくり休めている。おそらく昨日は10時間以上は
寝ているのである。昨日は憲法記念日だったのか、そういう
報道があり、現在の大学生の意見やアンケートなどをみて
いたのだが。

やはり関心は憲法9条。若い世代もやはり戦争はしたくない
ということなのだが、じゃあ相手が乗り込んできたとき
ミサイルとんできたときやられ損にならないか。そこは
論戦の余地はあるだろうと感じる。

カエルの楽園という小説があり、今の日本をうまく現してる
小説なので一回でも読んでみようと思う。

憲法9条がただのお題目になりはしないか。スイスのように
永世中立国もあるだろうが、東アジアはどうも世界の緩衝地帯
になってる雰囲気もなきしにもあらずなのである。

なにもしたくない今日なのである。う〜ん断捨離だな・・・
でも今年のGWご当地は天気予報は雨マークがずらり。幾分涼しい
のでいいのだが。

さてさてまだまだ眠いのである。とにかく飽きるまで寝よう。

春眠なのである。今日は何曜日になるのか、もう木曜日なんだな。

今日もゆっくり休もう。
posted by クール at 08:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

市来院(いちくのいん)川上畑

 GWまえの最後の営業。なにごともぼちぼちやるのが
いいのである。

恒例?の慰労会で、飲んだ鹿児島の芋焼酎、2回目だけど
ほんとにおいしい。市来院(いちくのいん)川上畑。
ネーミングはおもしろいが、味のほうはピカイチなのである。

昨日は、ご当地で生まれ、そして県外にでて働きUターン。

最後の人生は生まれ故郷でという方もいたのであるが、とても
いい話がきけたとおもった。

「自分のした仕事で少しでも社会に貢献できたことを僕は
誇りに思う。」

これから団塊世代が、退職そして第二の人生に入る局面の人も
多いだろうと思う。

至極の一言だと感じたのである。その方は、ある道一筋41年。

これからご当地にも外で働きUターンしてくる人も増えてくるの
である。その方は、日本でいわゆる中枢の都会でもまれていた方
なのだが今年でこういう人と話す機会に恵まれるのは2回目。

そういう機会に恵まれるだけでもほんとにありがたいことなので
ある。さてさて大きい断捨離をGWにしてしまおう。

いろいろなもの流してしまおうかなと。

渡良瀬橋から〜の明日に架ける橋なんだな〜激流に身を任せるよう
にしていきたいかなと。

まだまだ青いのである。
posted by クール at 10:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

しゃくなげの花

 やせてやつれたそういう5月の一発目をむかえた昨日
でした。

それでも前を向いたら男が香る。さてさて頑張っていこう
かね。

首輪はまわるけど、そろそろ首のほうがまわらなくなって
いるクールくん(笑)

これ実はうわさだけで、旅路の果てまではついてこない
のである。

それはそうと、1ヶ月前になるだろうか、昨年仕事した
ところに顔をだすと、きらびやかな白い花が敷地の入口の
ほうに咲き誇っていたのである。

葉っぱが特徴あるのだが、しゃくなげの花であったのだ。
先週顔をだすと、奥方が「あの花はしゃくなげの花ですよ」
といってくれた。とても綺麗な花であった。

花言葉は「荘厳」。そういう感じになってきそうな感じも
ある会社になってほしいな〜という思いもある。

ということで、今月というか最近なんか、あごなしの仕事を
覚えてきたのか、口数が少なくなってきてる感じもあるので
ある。

今日も正しく真っ直ぐにしたたかに仕事していこう。明日から
GWだな。

現実問題・・・やせてやつれていいよな〜まだまだ青いな。

嬉しい笑顔が浮かぶイメージでやっていこう。笑顔の渡り初め
がやっぱいいのである。

朝はみずき、夕方に実るでいいのである。クールくんは以前に
もののけ姫にでてくるかおなしに似てると言われてる時期もあった
のである。小さい幸せ・・・いや契約目指しましょう。
posted by クール at 06:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

あるいは妥協という名の半信半疑

 昨日大河ドラマみて「なんかいいな〜」と思った
のである。おとわちゃんといいナオトラといい、
やはりアスカ系の女子は人気でるよな〜と。

また次回のタイトルも面白いな〜と調べたら「あるいは
裏切りという名の犬」のパクリらしい。フランスの刑事もの
の映画で正反対の親友だった2人が出世をめぐってライバル
になるというストーリーらしい。好きになった女性も一緒。

多分アスカ系だと思うんだな。

犬と最後に書かれているので、反応してしまうのである。

土曜日曜で、「マルサの女」を2作とも久々にみたのであるが、
どうしても不動産屋ってそういうくくりでみられるよな〜を
やはり感じたのである。

「適当に会社つくっておけ」「そうだな〜○○不動産」今も
昔も、とかげのしっぽきりやダミー会社に使われるのが
不動産屋なのである。このイメージは、当分なくならない
と思うのである。そりゃ上場企業のそれは違うと思うけど。

でも、そういうアングラなことをする人がいるおかげで
日本が海外からのみこまれないように踏ん張ってきたとも
映画で力説してたところもあるのである。このあたりが
伊丹十三ワールドなのである。

板倉亮子役の宮本信子さんも、かなりのアスカ系なのである。

しかし、話を大河ドラマに戻すが泣き虫の虎松が体中傷だらけ
の赤鬼とよばれるようになるというのがこれが世の中の面白い
ところだといえるのである。

まー何事もほんとは妥協の半信半疑でいくのが、今の自分的に
は王道のような気もする。展開はどんどん変化していくのである
から。完璧主義者は、不動産屋には向かない仕事のような気が
するのである。

七変化。今年の隠れテーマもう一回頭にいれてと。

競馬はオークスまで休止。今月はいよいよダービーなのである。
上半期を締めくくる前抜かりなく5月も一歩一歩足を進めていこう。

今日も正しく真っ直ぐにしたたかに仕事していこう!

やはりマルサは面白かったのである。人間の欲望というのは
ほんと底なしなんだよな〜欲望にとりつかれた・・・やめとこ。
posted by クール at 07:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

ぴったんこカンカン〜今日は天皇賞(春)〜

 もう何年前になるだろうか、火曜日のテレビ欄には
「ぴったしカンカン」というテレビ番組が、かつてあった。

萩本欽一さん、欽ちゃんと坂上二郎さんのコント55号で
あった2人がぴったしチームとカンカンチームに分かれての
クイズ番組であった。

今は金曜日にかわり番組もすこし変化し、今もなお続いて
いるのである。

今週なにかの拍子で6つのTの話と金豚をみることになった。
うん?6つのTに黒豚じゃないが・・・金豚。

最後の最後にきて迷った第三の馬。スピリッツミノルにゴールド
アクター。勝ち馬予想はサトノダイヤモンド。今日だけは3着に
なって欲しいキタサンブラック。

ダイヤモンド→ゴールドアクター→キタサンブラック。

3連単・・・1点買いか〜今日こそは「ぴったんこカンカン」になれば
いいのだが、これぞ天のみしか答えは知らないのである。

スピリッツミノルが波乱があるとすれば、この馬しかいないだろう。

なんとなくそういう予想になったのである。レースはかなり見ごたえの
あるものになるのだろう。2強対決は崩れるのセオリーを信じてみた
のである。さぶちゃんの馬は3番に入っただけに3着になって欲しいと
思ったのである。

ということで今日は仕事なのである。午後一すませてから、ゆっくり
休もう。あすあさって仕事してGWに突入。

今日も正しく真っ直ぐにしたたかに仕事していこう!

ぴったしカンカンもぴったんこカンカンも6ちゃんねるのTBSなんだな〜
しみじみ・・・6番なのか6枠なのか。さてさて、あてて生きカエルか、
よみガエルか、そして着ガエルのか。いずれにしてもカエルは相当縁起
のいいものには違いない。がま口をあけて、まってまーすなのである。

今までいれたものがカエル、帰ってくる日なのである。かなりの願望
なのであるが。さぶちゃんの馬というか武豊さんはぜひ今日だけは3着
になって欲しいと切に願うのである。
posted by クール at 08:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする