2017年04月15日

吐息(といき)を白い薔薇に変えて

 昨日、ある物件が一歩だけ進んでくれた。流れのまま
なのである。それに伴い新しい出会いに恵まれたのである。

夕方近くに・・・とある同業を訪問。ある打ち合わせが
あったのであるが、そこに・・・黒い大きいバッグをもった
ある女性が訪問してきたのである。

自分たちにかなり近い職業。グレーのスーツがとても似合って
いた。稲村亜美?スポーツやってまーすみたいな感じなのである。

営業できているのであるが、いっこうに仕事の話はしない。
息抜きにきてるのか〜と思ったのだが、その方、20代前半
学卒したばかりの新人営業マン。冷静に考えてみると、うん?

この女性、かなり度胸あるなと感じたのである。完全にとびこみ
の営業なのにまったくたじろぐ感じもないし、おべっかもいう
こともない。しかも、とびこんだところは、海千山千の不動産屋
なのである。男性でも初見ならたじろぐにな〜と。

帰る間際になり名刺をくれたのであるが・・・いやいうまい。
言葉にするとやすくなりそうなのである。

今日は故郷に新車で帰郷してまた月曜日仕事で戻ってくるらしい。

ある曲がBGMで流れる金曜日でした。もしも願いが叶うなら
なんだよな〜つくづく若さが憎くなったものである。ダイアル
まわす黒電話今ないっつーの。

白い薔薇の花言葉は「清純」そして「深い尊敬」。できないけど、
1本の白い薔薇をおくりたくなる人だったかなと。名前に花が
入っているのも、なかなか。

坂東英二がかっこいいこといっても、あきまへんのです。

今日も正しく真っ直ぐにしたたかに仕事していこう。

今日もアイムジャスト不動産屋でフォーリンワークなのである。
posted by クール at 06:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

いつもの定例会

 昨日は、月一の定例会があったのである。この定例会
にでるようになって、今年で10年目になろうとしている。

いろいろな情報を交換できるのであるが、やはりパソコン
それにオフィスオートメーション、要は機械化によって
ほんとに人がいらなく時代に突入していることを昨日も
痛感したのである。メンバーのなかに土地家屋調査士が
いるのだが、ドローンのおかげで、棒をもってたつ人
いわゆる「てご」がいらない時代なのである。

ご当地発祥の化学工業会社でも、やはり機械化により
人がいらない部署も多くなっていると思うのである。

そういうなかでは自分たち売買仲介は、まだアナログ世代
が相手が多いのだが、賃貸ビジネスは、もう90%以上
パソコンやスマホからの依頼になっているのである。

いくいくは売買仲介もそうなってくると思うのである。

ひさびさのおつきあい・・・今朝はいささかぐったり。
最近でる用事もすくなってきてる感じ、やはりよる年には
勝てないのである。

今日も正しく真っ直ぐにしたたかに仕事していこう!今週は
けっこうバタバタ、まぁまぁいい感じだけど、近隣諸国の動向
は気になるのである。

最後に、広報なのだが、今年もご当地の別府町にある、マリエール
において大分県人会が6月18日の日曜日に行われるのである。

今年も盛大になることを願っているのである。そして今日から
ご当地では「お大師まつり」が開催されるのである。3日間なの
である。いよいよ春本番なのである。
posted by クール at 08:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

人間いくつになっても

 今週、何年ぶりになるのか覚えないが、とある方を
訪ねた。失礼ながら年齢をきくと、91歳になったという
のだ。未だ現役で「あきない」をしている。

ここ何年か体調が悪いということもあり、遠慮していた
のである。前回きたときは、お孫さんが高校1年だった
のだが、どうやら大学を卒業、今春に就職したという。

この方の息子さんから、お孫さんの仕事、見事に「陸・
海・空」揃っているのである。「空」におつとめの方は
語学堪能というのは聞いていた。そういう時代なのである。

そして昨日、となり町これまた年齢は聞かなかったが、
とある大地主さんの奥方にあってきた。元気そうでよかった
のだ。両親と旧知の中で、何年ぶりになるのか。ご主人が
他界したのをあとで知り、昨日お詫びしたのである。

土地もひとつほど紹介してもらったのである。

亡くなったご主人の弟さんの土地という。戦後の農地改革で
かなりの土地を取られた経緯もあるが、まだまだ大地主には
かわりない。「まー太ったね〜」と笑いながら話をしてくれた。

おふたりとも戦争を経験してる世代であり、戦火をまのあたり
にしてきた人たちなのである。それでも、まだ成人してるか
していないかの年齢なのである。

昨今、不穏な空気がある近隣諸国。できうるなら、この方たち
には、そういう光景は見て欲しくないかなと〜若いのならいいの
だが。

人間いくつになっても、忘れることのできないことはあるよな〜
と感じたのである。

昨日、となり町の・・・いや、まだやめておこう。一歩だけど
かなり大きい一歩を踏み出してくれたのである。こちらは抜かり
なく、あまり期待というか時間かかるかなと思っていただけに
嬉しい誤算になりそうなのである。犬も歩けば棒に当たるよな〜

「私は銭の犬です」今日も正しく真っ直ぐにしたたかに仕事して
いこう!わんわん、いやカンカン。
posted by クール at 06:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

氷上の華の引退報道の裏で

 東芝社員16万人の今後の身の振り方も大変なところ
だと思うが、外資が乗っ取る以上は、最低限の保証は
されるだろうと思うが、トップは外国人になるのである。

このブログでも何回も書いていたのだが、ちんたら国内
で同胞で、やれ正規社員、派遣社員とやっていれば、思い切り
外からやられるのはわかっていたことではないだろうか。

でも、悲観することなく今の20代は失いかけてる
日本人のいいところをもった人間が多いのではないだろうか。
なんとなくそんな気がするし、そうなって欲しい願望もある。

で、いよいよ・・・というかピン子登場なのである。北風くん
と太陽くんが実は大変仲良しだったことがピン子にばれて、
さー大変。太陽くんはピン子のATMだったのだが、最近どうも
しぶってくるので、ピン子が調べたところ。まー地下に眠ってる
へそくりの多いこと。はては、ミサイル遊びにまでおこづかい
をあげていたので、さすがのピン子さん堪忍袋の緒がきれるのも
道理なのである。ピン子の情報網をなめてた太陽くん。

昨日のコメントでも「いかなる事態になっても・・・」もはや
既定路線。顔青ざめてコメントすりゃばればれだっつーの。
近衛(ここのえ)首相?もうわすれたけど、うまいこと歴史
はほんと繰り返してる感じかなと。

さてさて、まだまだ今週は芸能人の薬物疑惑なのだろうか・・・
どういうコマが残っているのだろう。

いずれにしても、どうなろうが運命と鷹(タカ)をくくるのである。

こういうとき、日本人ってやはりすごいとあとになってわかると
思うのである。

しかし、幸楽のラーメンはたべてみたかったのである。「こんとん
じょのいこ」

今日も正しく真っ直ぐにしたたかに仕事していこう。

籠の中のとりがそろそろ出会うんでしょうね〜激しく胸熱(むねあつ)
posted by クール at 08:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

北風くんの名誉の為に

 実は、昨日の「北風と太陽」にはある話があり、北風くん
はコート脱がせる対決では太陽には負けていたんだけど、
帽子を飛ばし対決では太陽に勝っていたというもの。

諦めていることを強要されて、素直に聞くような北風くんで
はないということなのである。

昨日はものすごい雨が一日中降っていたのである。特別、急ぎ
のことがなかったので書類整理していたのである。

今、世界中いたるところで、不穏な恐ろしい炎が上がり始めたので
ある。第三次大戦があるとしたら、発火点は中東であることは、
予測されていたのである。

昨日、アメリカの国務長官のコメントを聞いて、日本は関係ないと
は思う国民はもういないだろう。平和を享受し続けた、そして
あまりにも非戦に対しての活動が単なる錬金術であったということ。

今、アメリカの空母2つがきているのだが、声をあげて非戦活動してる
団体はあるのだろうか。もしてかして動いている団体はあるかも
しれないが。

今年戦後72年をむかえる年なのだが、時代の流れなのだろう。世界が
新しい秩序を求めているのは、とめれない現実なのである。

まぁ〜末端の不動産屋風情は、現在「あきないびと」今日も正しく
真っ直ぐにしたたかに仕事していくのみ。

しかし、なんで太陽政策をやめにしたのだろう。今度調べてみよう。
太陽だけにはさからったらやっぱいけないよな〜

北風くんの飛ばした帽子は谷底におちていったんだろうな。そうだった
気がする。

「あの帽子どうしたでしょ・・・あれは好きな帽子でしたよ」

北風くんの運命は如何に つづく
posted by クール at 06:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

北風と太陽、そしてサツキ

 今日も朝から雨模様。どうも雨が多い春なのである。
昨日、桜花賞が終わったあと、とあることを思い出した
のである。多分、相当自分がわかいとき、ある論文を
かいたことを思い出したのである。

勝ち続けることからくる恐怖、負け続けることからくる
快感のタイトルだったと思う。

昨日のニュースで体操の内村選手、日本選手権において
10連覇達成の見出し。コメントがかなり深かった。

「地獄ですよ、でもそれでも後輩のためにやっていきますよ」

ほんとに超一流のアスリートのメンタルは相当なものだと
思う。欧州では、超一流のアスリートの地位は抜群に高い。
日本も最近ではそういう傾向になりつつあるのである。

話はかわり、サイコロ博打に「チンチロリン」というのが
あり、そのセオリーのなかに「産(さん)で死んでも苦しく
ないが4で死ぬはよくない」というもの。桜花賞で4連敗。
前半のダービーまで、あと5戦、予想だけ楽しむことにしたの
である。ダービーのときにあるネタを披露することになるが
それはおいおいと。

そして桜花賞のあと、うかんだ逸話はもうひとつあり
「北風と太陽」の話を思い出したのである。詳細は、かかないが、
無理にこじあけようとしてもそれは無理というしろもの。

意固地になればなるほど事態はよくなるどころか、悪化して
いくというもの。自分のくだらない見栄やプライド、そして
欲望のために動くことがどれほど愚かなことかという話を
思い出したのである。

今週は皐月賞だが、予想だけ。実際にすれば、幸運の女神
がそっぽむくどころか・・・大きい鎌をもち黒い袈裟をはおった
ドクロに遭遇する気がするのである。わりとまじな展開だと
思うのである。月にかわってお仕置きとセーラ服をきた平手ゆりな
ちゃんに怒られるくらいですめばいいほうなのである。

ここで、サツキという花なのだが、山奥のしかも高い岩場という
厳しい環境の中で見事花を咲かせるのである。

サツキの花言葉、頭にたたきこんでおこう「節制」。

今日も正しく真っ直ぐにしたたかに仕事していこう!競馬と反比例
して仕事がわりかし順調なのは、やはり競馬で毒流しできている
かろうだろうか・・・6月までのノルマ、あと残り2つほど。

まだ完全ではない2つもなんとかいけるだろう。ということで
あと2つ。頑張っていこう!「二件セゾン」なのである。

今日も、欅阪46なのである。なんのこっちゃ
posted by クール at 08:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

欅坂46は進化したロックだ!〜今日は桜花賞〜

 昨日、ご当地の桜の名所である城山の本丸跡地にいって
きたのである。

ほぼ桜は満開。雨の中、夜桜見学の人のために活動している
人たちもいたのである。投光器などの機材もあったのだ。

もうひとつチャレンジしようとしている仕事の相談にとある
建築屋さんにあってきた。これで、かれこれ4人目になるのか。

販路の方は、すぐ手配したのだけど、なかなかハードルが高い
のである。悪徳リフォームのおそれがあるからである。地道に
いくしかないか。

今日は桜花賞。自分の予言にさえも逆らう?というか昨日
いちから考えなおしたのである。

今日の桜花賞は77回目になるのか・・・今日は4月9日だな〜
7を7でかけたら49だな〜これだな。

ほんとにいいのか、いいんです!欅阪46は進化したロックなのだ。
ということで、選んだ馬。

魂の走りを期待する、ソウルスターリング、ゴールドケープ
ジューヌエコール、リスグラシューの4頭だけど、連軸は
ソウルだろうけど、残りの3頭のワイドの方がオッズがつきそうな
感じもある。

実に男性の94%は自分のことを過大評価してるらしい。
「おれはかっこいい」「おれは仕事ができる」まさに、嗚呼勘違い。

一方、女性は白鳥麗子さん以外、過小評価してるとの統計もある。

女性の前で真実をいうことは、愚の骨頂ということなのである。
「かわいいですね〜」「綺麗ですね〜」「若いですね〜」これ
以外は基本話さなくていいのである。わかりましたか?クールくん

「僕はいやだ!」今日の桜花賞も不協和音になるのは、もう勘弁
なのである。今日の予想は綺麗なセブンスコードと期待する。

今日は休もう。今日も倒されるのか。いやはや結末はいかに。
4649(よろしく)JRA!たまにはいうとおりにしてくれ。

マイナスの口座みるの・・・「僕はいやだ!」
posted by クール at 07:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

ひとつの波紋

 昨日は、桜雨、別名桜流し寒くないけど雨の一日で
あった。ご当地にある春日神社にいく道すがらの通りに
は桜並木みたいな感じに桜の木が並んでいる。

7分咲きといったところ。桜が人気あるのは、ぱっと
咲いて、おちるときはひらひらと風に吹かれるがまま
ひらひら舞うところがなんともいえないのである。

昨日も桜花賞の出馬表をみていると1頭取り消し。

こういうひとつの波紋はいろいろなものを連れてくる
ところがある。別名死に枠、一見いらなくみえるところ
に必ずヒントが置かれているのである。

話はかわり、昨日久々に顔をみてすこし話をしたのだが、
ご当地生まれでなく山口県の方である。自分がこの方
生まれてから知り合った山口県の人は4人いるのだが
みな個性的な人なのである。

ひとりは、ある特殊な世界でたまにテレビにでている。

山口県は、近代の日本の歴史においてはかなりの活躍した人を
排出しているところといってもいいすぎではないだろう。

今、苦境にたたされている日本の首相も山口県の人なのである。

話をもどし、ひつつの波紋をつくった今年の桜花賞。今週4つめの
予言。4番は最大の惑星馬になったということ。

やっぱおさえなきゃいけないところなんだと・・・人間のカンと
いうのは案外馬鹿にできないものなのである。惑星のような運行。

今日も正しく真っ直ぐにしたたかに仕事していこう。ひとつどころか
営業は常にいくつもの波紋に遭遇する仕事でもあるのである。
posted by クール at 07:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

桜花賞枠順発表

 昨日は、さきごろしりあった今度扱う物件の第三の業者
さんと打ち合わせをしたのである。

資料はほぼ揃い、あとは今回の主役である。第三の業者さん
がどこで仕掛けるか。タイミングの問題である。

買い手はのどから手がでるほど、欲しい土地なれど、いか
ばかりか難しい問題も残されている案件。さてさて・・・
8年の月日を経て、巡ってきたタイミング。脇にまわれども
影に徹しての黒子役は意外と自分は嫌いじゃない。

今週2頭の馬を、書き記していたのである。そして、3つ目
の予言。ミスと頭につく馬が2頭いる。これ、第3の牝馬
である。とにかく、ミスとつく馬がくると書き記しておこう。

桜花賞は人間でいえば、16歳あたりの女のこの競争なので
ある。女性の真剣な戦いは、男性と違い、美しさも一緒に
連れてくるのである。

仁川にある阪神競馬場、咲き誇る桜を背に今年の一番桜を
つかむのは。

勝って欲しいのはカラクレナイ、だがものすごい強敵の
ソウルスターリングがいる。そして、第3の牝馬の存在も
ある。

今日はプレミアムフライデー、金曜日はだいたい家でじっと
が多いし、夕方までかけるのである。今日もそうなるので
ある。

今日も正しく真っ直ぐにしたたかに仕事していこう!

今日は、日向、門川と午後に予定をくんでいる。そして整骨院
にもいくのだが、名前が「さくら」。身体もいたわる年になって
きたのである。

予言があたればいいけど。

posted by クール at 07:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

至誠心・天誅でござる

 おとといになるのか、普段お世話になっているところ
に25度の芋焼酎をとどけたのでごわす。

もちろん鹿児島の焼酎なのだが、真っ赤なラベルに白抜き
の文字で「至誠心」そして黒文字で「天誅」と書かれている。

いろいろみているときに真っ先に目にとびこんだのである。

余談なのだが、「殿中でござる」は、赤穂浪士で有名な
セリフなのである。殿中とは、江戸城本丸のことで、
そこで刀は抜いてはいけないことになっているらしい。

さっきおきたのだが、夢をみたのだが、なんとなくいい感じの
夢であった。登場人物は三人。みんな笑顔である。ある商店
だろうか、品物が多く陳列されていて、なにやら掃除をしていて
水をあびている感じもあった。みずみずしい感じ。

なんとなくいいことを連想させる夢であった。

話をもどし、この「天誅」という言葉の意味なのだが、神などの
人間を超越した存在が、悪行を行った人間に対して誅伐を下すこと。
別名、天罰。

という感じなのだが、あまりに義をふりかざすのも実はあんまり
よろしくないという説もある。何事もほどほどがいいのである。

でも行き過ぎたものは、やはりこれは因果律なのだろうか、天が
裁きをあたえずとも、そういう感じになっていくような感じもある。

だから、恨みつらみというのは、基本無駄な徒労というものである。

自分自身に天誅をふりかざした昨日、見事悪霊退散となったか。

名前どおりにきりっとした味なのだが、自分の口にはまだはやい
気がした味であったのだ。う〜んこのあたりはかなり微妙な感じ。

さてさて今日も正しく真っ直ぐにしたたかに仕事していこう。

久々に三人で取り組む案件。夢のとおり笑顔でラストを迎えたいの
である。そのラストは、果たして。

自分自身に天誅をくわてもいいのではと思う人も近くの国にいるよな〜
髪型は真似てるけど、性格もなんとなくにてるような・・・かりあげくん。
よくは知らないが、さてさてこちらのほうも目がはなせない状況なのである。
posted by クール at 06:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする