2021年04月23日

I Wanna Grow Old With You

 どうも寝るのが早くおきてしまう。まだすこし暗いのだが
もうすぐ夜明けなのである。

久々に面白い文をみつける。その前に、昨日も午後一ポスティング
しながらある地域を散策。小一時間ほど。そこはマンモス住宅地

この仕事はじめたときに一番はじめに目につけたところ。区画割が
はっきりしていて、もともと地元民が少ないところ、しかも世帯数
が多い。今、現在七丁目まである。多分、七丁目まである地区は
ここしかなかったような

北と南あわせて1500世帯のところの一部をまわってみた。都合
100世帯ほどなどだが・・・空き家管理の看板ひとつ、そして
空き家が都合5〜6件。比較的入れ替わりがうまくいってる地域
と思っていたが、昨今の人口減を如実に表してるのかとも感じた。

というわけで、自分は、今の世情がこうなるまえに、年一回の宴会
と年一回のお神輿というコミュニティーに参加していた。

あまり干渉をうけない感じでしばりもなく、しかも年一回なので
束縛もなく。10年ほど続いていた。今の状況では、やはり今年も
宴会にまつりは厳しいかな〜と感じている。

というわけでコミニュティーをつくりたい願望はあるのだが・・・
どうも世間一般の常識では・・・てなところもあり

もくもく自分一人で楽しんでいるところはあるが、それでもわずか
ながら少人数で楽しんでいるところはある。これ以上増やすつもり
もないが・・・増やしたい願望もあるが、葛藤はどうしてもある笑

このコミュニティーについて面白い文をみつけた

「コミュニティーの一生」というタイトル

1.面白い人が面白いことをする
2.面白いから凡人がやってくる
3.住み着いた凡人が居場所を守るために主張し始める
4.面白い人が見切りをつけていなくなる
5.残った凡人が面白くないことをする

なるほど、的を得ているな〜と感服した。あとトップが、ずぅーと
変わらず居座り、やがてなくなるというのもあるよな〜なんとなく
の感じで

ある種、コミニュティーの形も変わっていきそうな気もするが、
やはり、趣味でつながるのが一番強いかな〜と

その趣味がつながるきっかけで、今日、新しい案件がスタートする。

今思っても不思議な出会いだよな〜と思う。前回その人が元の仕事
は自分の仕事を一変させたのは確固たる事実だと思うし、人も紹介
してくれた。当然、お返しもした。もうそれもいよいよ終幕、エンド
ロール流れてきたのかとも感じている。

また違う形になっていくのかとも感じている

まぁ面白くない、面白いでいえば面白い人だとは思う。

仕事だから抜かりなくやっていこう

やはり道先案内人なんだよな〜とは感じている

なんらかしらまた変化していくのだろう。時間がたてばおのずとわか
ってくることなのであわてずぼちぼちなのかと思う

ということで頑張っていこう


posted by クール at 05:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする