2021年03月30日

地域の遺伝子PART1

 先週の土曜日に大分にいってきた。今回の目的地は
湯布院。

コロナも少し下火になったのか、九州各地からかなり
な観光客が来ていた。

この街の観光地での歴史は浅いのだが・・・

その前に、一番はじめにいったのが、太古の昔に
湯布院をつくったとされ瀬織津姫を祀ったとされる
「宇奈岐日女神社(うなぎひめ)神社」

地元では、「六所様(ろくしょさま)」といわれてる。

しかし、瀬織津姫の名前はでてこない。この姫がどう
いう人かというと、ずばりアマテラスの裏の顔、アマ
テラスがホワイトマリアなら、瀬織津姫はブラック
マリアなのである。同一人物なのである。

ホワイトマリアが白うさぎなら、ブラックマリアは
金龍、ゴールドドラゴンなのである。金鱗湖の由来
は、この姫から来ているのである。

白緑がよく似合い、顔はしもぶくれ、まるで平安時代
のお姫様がアマテラスなら、ブラックマリアは、今時
の顔ならやはり、黒赤が似合いのエリカ様になるのか
と思う。多分そうなんじゃないかな〜と考える。

多分、性格も真逆だと思う。

今日のタイトルだと長くなりそうなので、明日また
そしてあさって書き込みしておこう

ということで、このブラックマリアにお似合いの花
白百合を取りにいくのが、今日の始まりなのである。

今日は、「やっちゃえ!ブラックマリア」にしておこう。

その神社、ほぼ地元以外なかなかいかない場所らしい
のだが、ものすごいパワーがあるということだけ書いて
おこう。

邪気を一発で払ってくれた気がする。そういう感じは
したな〜おそるべし、ブラックマリアなのでありました。
posted by クール at 07:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする