2021年03月23日

世界は一人のために、笑


 愛、あなたと一人、笑
 花、あなたと一人、笑笑
 恋、あなたと一人、笑笑笑
 夢、あなたと・・・

昨晩、プロフェッショナル仕事の流儀に今、注目の映画
の「エヴァンゲリオン」の脚本、総監督の庵野秀明さん
が主役であった。

庵野さん、どういう形容詞が正しいかわからないが、
本質は、碇ゲンドウみたいだが、行動は、碇シンジくん
であり、惣流アスカなのである。

端的な言葉でいえば、「頑張り屋さん」なのだと感じた。

山口県宇部市で生まれた天才少年。

とても鬱屈した陰な部分も持ち合わせていたのは、エヴァ
の物語そのものなのかな〜と

種の起源、死海文書、ワンネス、平行宇宙、永遠の命
エヴァの命題である、人類補完計画には、いろんな要素が
てんこ盛り。

そして、人類補完計画のために実行される
ファーストインパクトでは、「海の浄化」、セカンドインパクト
では「大地の浄化」、そしてラストのサードインパクト、今回の
映画なのだが、「魂の浄化」

なんとなくなのだが、今度の映画かなりな数字だすんだろうと
思う。今度が足掛け26年のラスト

 一人のため、世界はあるの・・・いや、やはり世界は二人
のためにが正解なのだろう

まぁ本質をかなりえぐる映画だけに、かなり魂に反応というより
遺伝子に組み込まれてるに響く映画だと思う。

ということで庵野さんの爪の先くらいになれるくらい仕事を
していこうと思う

今日は、映画のヒット祈願で

「やっちゃえ!シン・エヴァンゲリオン」にしておこう

やっぱりMARKUにのりたくなるよな〜カヲルくんはマーク6
だけど笑


posted by クール at 06:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする