2021年01月11日

松永久秀が案外いいやつだった説?

 毎週、楽しく大河ドラマをみているのだが、どうやら
最終回が本能寺の変になりそうな気がしてきた。

オープニングの雨の中の明智光秀さん。

「時(土岐源氏)が今、雨(天)もした知る皐月かな」の
名セリフをもってくるのか。

「時(土岐源氏)が欠ける・・・」がから昨年は動き出
したのだが、たまに芸能人とか、著名人のたぐいの亡くなり
かたは、どうも不自然と思う時もなきにしもあらず。

大河ドラマで土岐源氏の棟梁だったのは、尾美としのりさん
だったから、時と土岐源氏をうまく掛けてるな〜と感じてい
たのだが、まさか本家の監督がなくなるとは思っていなかった。

が、今回脚本上、松永久秀がかなりかっこいい風に書かれて
いたのはよかった。

戦国時代の極悪人みたいな説が有力な松永久秀、案外いいやつ
なんじゃね?と思ったのである。

多分ラストは、栃木県の日光東照宮のなにかの裏には、明智家
の五弁の桔梗紋が描かれているのは、テンカイかマンカイか
わすれたが、明智さんが徳川幕府の立ち上げに一枚かんでいた
という説を流すのだろう。

あながちなくはないような気もする。事実はもっと複雑なん
だろうが

とまぁ今年は越年した大河もあと残すところあとわずか

今日も休もう。どんどんいらないものを捨てている現状なので
ある。書類整理して明日に備えよう。
posted by クール at 08:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする