2020年09月13日

常識を打ち破ったものだけが見える世界って?

 ようやく頭がすっきりなのだが、今日はゆっくり休もうと
思う。

だいたいどの世界の成功者も一様にみなから、やいのやいの
失敗するといわれたものを見事反転させて成功者になって
いる。

つまり、常識の範疇の中にいれば常識の中で終わる。という
か過去の踏襲で終わるということになるだろう。

でも、その常識が正しいといえば、これも定かではない。

「今日の常識、明日の非常識」

これもまた、これほどの金言もないのかと

どういう展開になろうと、今はじっくり時勢をみることに
徹している。というか、人間を観察している局面でもあるの
かと

自分に好意的な人、またそうでない人。ほんとにこちらも
二極化してきた。

本人が気づいているかどうかはわからないが、コトノハの
威力。そうでない人のコトノハにまったく力がなく芯に
届かない。これは声が大きい小さいまったく関係がない
意外に汚いも綺麗も・・・ほぼ関係なし。

これ実は、もうかれこれ3年から4年経過してるかな〜
いい感じに見抜けるようになってきた。

昨年あたりから、悪意的なコトノハも感じることができる
ようになったかなと。

やっぱり「はじめに言葉ありき」じゃないが、ほんとに
言葉って大事だよな〜と感じる。

今、レンタル屋さんでビデオを相当数かりていろいろな
映画をみているのだが・・・ほんとに

人間の人生「下駄をはくまでわからない」がほんとなんだろう
と感じる。

とにかく今日はゆっくり休んで、あとは書類つくるのとっとと
終わらせよう。
posted by クール at 06:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする