2020年08月15日

雲外蒼天(うんがいそうてん)

 昨日、お墓参りにいった。その前に、あるお別れ。こういう経験は
はじめてであった。遺影にしかあえない現実。ご親族の方が毅然と
していた。

人の人生というのは、ほんとに儚い束の間の夢幻の如くなのかと

しかし早すぎたよな〜そう思う。ただ、会葬御礼の書面で母は強しを
みたのかと

短い人生だったけど、好きなように生きてきた証は、母親もわかって
いたみたいなのである。

四国、松山の愛媛大学をでたというのもなんとなく出会うべくして
出会ったのかと。伊予の国、道後温泉。もう長らくいってないけど
いきたくなったのはある。でも、さすがにこの結末はどうなの?かと

明治時代のはじめの坂の上の雲じゃないけど、前しかみない故人の
人生だったのかと

その雲の上の蒼天をみることになるのか

ザ・グレートカブキさんと3人で一緒にファイティングポーズを撮った
写真、弟さんはいたく気にいっていた。世代だよな〜

ひょっとこ躍りの写真に今はもうない綾マラソンの写真・・・またあれば
郵送しておこうかと

まぁあとは時間だけが薬なのかと思う。お盆休みしっかり休んで休み明けに
そなえよう。来週一杯暑いみたいなのである。

コロナがあるにせよ、いろいろ景色がかわっていくのだろうと思った。

カレンダーが写真に写っているのだが・・・これ何月かはわからないが
半そでシャツだから、多分何年か前の今日なんだろうと思う。自分の拳の
上に写っているのである。

いろいろ考えてみるか


posted by クール at 05:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする