2020年08月14日

『友』に届けと『光』放てば夢叶う〜もう一度、オクラでサーフィンしたかったね!〜

 今日はお墓まいりにいってくる。ほんとは・・・迷ったのだが
いくべき場所があるのである。

大分県津久見市の堅浦(かたうら)市内なのだが、届けるものが
ある。その後、四浦区鳩にいく。

昨年、無垢(むく)島の景色は幻想的だったのは記憶にのこっている。

先月に突然のお別れ。その一週間前に測量しているところみたばかり
だったのに・・・市内なのでドローンをつかわず。どうみても年配の
人を助手で使っていた。頑張ってるな〜と車の中で思った。

身体と同じように大きい仕事していたような〜

こっちにきたばかりの時、定例会ではじめて出会い、少ししてから
一緒にお倉が浜にサーフィンしにいった。約半日していただろうか

ウミガメカップ、そして春日神輿にも誘って、いやな顔ひとつせず
一緒にお神輿を担いだ。

最近はコネクションカップのお手伝いもしていたみたいだ。

今日はほんとにお別れしてこよう。

相談役からのお預かりものもある。延岡サーフィン連盟そして
サーフィンショップ「コネクション」さんのお預かりものもある。
そして頑張っていた大分県人会の預かりものもある。

相談役「気づいてやれなかったのは、無念だ」でも、しかたのないこと
なのかと。ほんとに病気とは怖いものなのかと・・・

スポーツ万能で、宅建の資格ももっていた。頭もよかった。昨年と
いうか今年のはじめか仕事の依頼をしたのが、一緒にした仕事が
それが最後になってしまった。

こちらにきた当初、かなり測量の手伝いしたよな〜

「あ〜もっと右!、いや左!」人使いはいいほうではなかったな(笑)

あるときは、2〜3メートルある塀にのぼらせられたこともあった。

「おい!おちたらだれが責任とるんだ!(怒)」でも、過ぎればいい
思い出なのかと。朝一、電話で言い合いしたこともある。

まぁこのあたりは大分人ならではのものなのだが・・・

むこうで、消防士だった親父さんと一緒にお酒飲んでくださいかなと。

突然すぎたので、まだ実感ないのだが、これから味わうことなるのかと

『7』月に非公開にしていたもの、公開しよう。後悔しないように

せめてもの供養になれば、サザンのCD車につんでおこう、そうしおう



posted by クール at 05:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする