2020年07月31日

『友』がまたひとり故郷(ふるさと)へもどっていった

 昨日の熱さは半端ないものであった。焼けるような暑さ。

ほんとは書くべきか、迷っていた。でも、ちゃんと心の中で
「さよなら」はいえたと思う。

はじめてサーフィンにいったときは鮮明に覚えている。お倉が
浜の球場裏。だしがけっこう強いところである。

自分は青のBIGのロングボード、彼がもってきたのは白の
BIGのロングボード。9.2フィートまったく同じボード

色が違うだけ。

それから、春日御神輿に豊後の会に大分県人会へ

よく仕事の上ではいいたいことズバズバ。お互い腹を見せ合って
あとには残さない。そういう付き合いができる人はそうそう巡り
あえない。やはり同じ大分津久見という遺伝子を引き継いでいた
からだと思う。

よくケンカもした。でも年齢的に口喧嘩で終わったのであるが

それでも仕事を依頼すると、それはまた別物で紳士に対応して
くれた。

おとなり、四国の愛媛大学のアメフト部で学生時代は活躍する
日々もあった。

弟さんそっくりやったよ!妹さん、かわいいじゃん!おかあさん
年の割にわかいじゃん!

7月最終日、哀悼の意味をこめて今日も「GOGO」なのである。

お倉が浜には来月いっておこうと思う。


posted by クール at 06:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする