2020年07月15日

キネマの天地〜蒲田行進曲より〜

 今日で7月の前半戦が終了する。昨日なのだが、昼前に
今年コロナ関連のおかげというわけじゃないが・・・

同級生の営む美容室にいきはじめた。

「サーフィンはじめたよ!」というわけで、断捨離含めて

自分のもってるロングボードを比較的割安で買い取って
もらったのだが、手入れをしていなく譲るのも少々気が
引けてあのケリーも履いていた?笑、派手なヴィラボンの海パン
とガードをつけてあげようと思ったが・・・やっぱり断捨離
はしないといけないよな〜と思った。

ということで、仕事頑張ってニューボードを獲得するために
仕事頑張っていこうかと考えた。

2年前になるのか大河ドラマは鹿児島の偉人、せごどん、
西郷さんが主役であったのだが、西郷さんの父親は風間杜夫
さんで母が松坂慶子さんが演じていて、大久保利通の父は
平田満さんだったのだが・・・この3人が主役の映画を
昨日思い出していろいろ調べていたのだが、その映画が公開
されたのだが、1982年のこと。

この年の印象的なことというと2月の8日にホテルニュー
ジャパンが火災、そして翌日に日航機墜落、いわゆる逆噴射
で有名な飛行機事故

そのとき生まれた人は、もう38歳になってるいるのかと

そして先日書いた、三越事件もこの年。今年春日神社で引いた
おみくじの番号38番。

なるほどな〜と個人的なところなのだが、ほんとにリンクできる
ことや、なんらかしら作用してるのもあるな〜と感じることが
できた。

今年、お客様に渡す書類入れをはじめて作ったのだが、出張専門
不動産とすこし茶目っ気いれて文字をいれたのだが、1982年に
トヨタ自動車がクイックデリバリーというバンをだしたのもこの年に
なっている。

物事は、いろいろ複雑に作用して一見絡み合ってるような錯覚を
起こすことがあるが、案外紐解けばこれ、案外意外に単純なんだな〜
という結論に至るのではないかと

「映画の撮影所はほんとに奇妙で不思議な世界なのです。偽りの
AIさえも本物のAIにすりかえてしまうこの世界では昼を夜にするこ
となど朝飯前の出来事なのです」

今年なのだが、とあるお客様との話の中で、綺麗にまってる蝶々も
おどろおどろしい蛾も、なになに科でいえば同じもの!と教わった
ことがあった。

すべてはひとつに回帰していくんだろうな〜最後は。ぼそっ

というわけで今日も「GOGO」なのである。

今してる案件も、すべて自分に回帰できるものと考えればさほど
苦しむこともないのかと。自分の一部なんだと、そういう結論に
いたるのである。関わる人もすべて自分の一部なのかと

でも、いやな部分はとりのぞきたくなるのもこれまた必定なのかと

頑張っていこう!これも自分の一部分なのかと


posted by クール at 06:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする