2020年04月28日

コロナ騒動の中でも未来のアゲハは元気に明るく育っている

 昨日、夕方にとてもうれしいというかほっこりすることに
遭遇した。

後ろのほうから、元気のいい

「こんにちは〜」という明るい声。元気に挨拶してるんだな〜
と思った。何度も「こんにちは〜」という声がするので何回目
かにこちらも反応してあげた。

走ってくる多分、小学校低学年な感じの女の子。顔をみると
「こりゃ将来美人さんになるだろうな〜」という感じの女の子

近づくやいなや

「もうー3回も挨拶したのに・・・まだお仕事ですか?」と

いわれ、すこし恥ずかしい感じがしたのだが、もしかして自分に
挨拶してくれてたのかと思うとうれしくなったのである。

マスクをしていたのだが、親御さんからつくってもらったのか
チェック柄で黒と緑・・・センスとしては?だったのだが顔が
可愛いのでそれもアクセントになったのか

いやはや、これは将来このまま、この元気で明るい笑顔がなく
ならなきゃかなりもてる女性になるよな〜と思った。

世間は、ほんとに大変なときでも将来の日本を背負う子供たちは
こんなにも素直?に明るく元気に育っていると思うと、日本の
底力を見た気がした。

それからその女の子、元気に駆けて走り去ったのであるがなんとなく
久々に心温まる光景にでくわしたと感じた。

まさに「時をかける少女」なのかと

今日も「GO」していこう。子供でさえ、あんなに明るく元気に
挨拶できるのだから、大人ができないということはない。

やっぱりなにはともわれ明るいのはいいことだ


posted by クール at 06:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする