2020年04月15日

葵の上〜元祖ツンデレ?高飛車でもパーフェクトウーマン?〜

 昨日もせわしなく一日がすぎていった。帰ってから久々に
ご当地のお酒をのんだ。久々の日本酒。一本開けようかと
思ったが・・・ほどほどでやめたのである。

今日は今年余興でのせていく光源氏シリーズの2番目。1番目
は、やはり作者の妄想癖がひどく腐女子の紫式部だったが

2回目は、光源氏の正室、「葵」の上

この葵の上、今でいうところの姉さん女房、まさしく金のわらじ
の年上女房なのだが・・・この女性は皇后の候補まであがったほどの
女性らしかったので、そこそこの地位の光源氏では少々ものたりなく
光源氏もそれを察してか、元祖チャラ男全開。数々の女性と・・・
なのである。

やはりあまりに出来がいいのをもらうとこうなる典型なのかと

でも、光源氏もこれではいけないと思い頑張り、やがて葵の上は
おめでたになるのだが・・・これからのせる人もいるので

でも、見事チャラ男ジュニアの夕霧を葵の上は産んだのである。

いいのかわるいのか・・・

このあたりで、6月はもう決まったようなものだな。日にちまで
あの日で決まりとしておこう

話をもどし、ようやく落ち着く日々が来るのかと

昨日の夕方とある電話、先週その知人の電話からある流れがはじまり
そして昨日の夕方でフィニッシュしたのかと

まだまだストーリーはあるが、ほんとに蒼い時を目指してかなと

今年の全体的なテーマ「踊る大捜査線ファイナル」いろいろな布石
の回収が未来に向かって動き出してるのかと

ほんとにかわらぬものなどなにもないな〜と思う

今日も早起きが続いたせいか早めの目覚め今日も「GO」なのである。

頑張っていこう!

明日からの4月後半戦も抜かりなく


posted by クール at 04:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする