2019年12月30日

今年の総括その2〜言葉編〜

 昨晩、「映画にほんのいちばん長い日」が有線放送でやって
いたのでみたのである。軍隊というか・・・今なら国家公務員
のくくりでいいと思うのだが。

今も霞が関にいる人たちは、映画にでてきたように言葉だけは
大事にしてるだろうな〜という気はする。

今年10年ぶりに某学院で毎日「話す」場面を与えられたのである。

慣れるまでぐったりの毎日。そのくらい神経つかっていたのである。

だからというわけじゃないけど・・・まっいっか〜

今年の年賀状、KOTODAMA盈月さんに書き始めてもらって3年目
になるのか。言葉の大切さ、威力。

以前こういうのを読んだことがある。掲示板の文字の羅列、ネット
をつかっての調べもの。案外、脳に記憶されていないらしい。が
これもやはり慣れがでてくれば、どんどん記憶できる風になって
いくだろうと思う。イメージだけはつかみやすくなる。

とにかく今年は「話す」ことに神経つかった年だったのだが、
個人的にも、汚い言葉を投げた、投げかけられた年はなかった
のかなと。

トラブル案件が今年の初め。それから何度か、クレームに似た感じの
交渉。

コトノハの威力の再確認できた年もないだろうかと。

母から小さいときから教わったこと

「言葉は一回口からでたら取り消せない」まぁ綺麗な表現ですませて
おこう。

「はいたつばは・・・」いや、ここでとめておこう笑

自分の場合はたまに「日本語OK?」ということもあるが、話を
ふられたくないほうが言葉尻をつかむ方法もあるが、これもあんまり
かっこのいい返しではない。

マウントの取り方も来年の課題として、まずは「コトノハの威力」
今一度確認しておこうかと。

年端もいかない・・・20も下の女性に

「あんまりきたない言葉つかうと、無視するからね!」といわれたのが
今年の6月だったか。これはかっこわるすぎてへこんだ記憶も残っている。

でも言葉をきかないまでも交渉ごとずっとやっていると顔色ひとつで
案外読めてくることもあるのが、不動産屋についてだいぶ鍛えられて
いるのはありがたいことなのかと。

ということで本日が最終日。何件か顔出して終わる予定なのである。

なんの因果なのか、多分一番はじめにいくところにもっていくのは
かなり綺麗なコトノハの羅列なのである。今年最終営業日、綺麗なコトノハ
で終わりたいと思う。

帳尻あわせなのだが、かっこのいい帳尻合わせにしておこうかと
ムリせず片意地はらず、ぼちぼちと

来年の目標イメージを昨日考えていたのだが、それは元旦にここで書き
とめることに決めたのである。

そして明日の総括3は音楽・映像・イメージ編なのである。

シンクロニシティという言葉に挑んだためのものを大みそかに

今日もぼちぼちやっていこう

しびれた一年だったな〜


posted by クール at 07:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする