2019年12月13日

「アホンダラ〜!撃つなら、撃ってみぃ!!!」〜ちょっと番外編〜

 とにかく昨日もやることだけはきっちりと最低限だけど
ノルマクリア

とあるお客様から・・・「クリスマスの予定は?」ときかれ
「う〜ん、小田和正のテレビみますかね・・・」

と思いきや、今年は23日から三夜連続でWOWOWで東映
ビデオバージョンだな

これは高島礼子さんのもの

なんといっても、そのシリーズ岩下志麻さん、十朱幸代さん
そして三代目、三田佳子さん、そしてなんといっても
かたせ梨乃さん

原作家田壮子さん

チャンネルNECOでみれればみようかと思った。

あとで今年の回顧録をするが、なんといってもグレードワン競争
フェブラリーステークスで藤田菜七子ジョッキーからはじまった
G1とお世話になった人、インパクトのあった人、それに縁者
女性にまつわるもの

今年1年、女性を主役にG1をからめて書き込みしていたのである。

ラストはやはり母なのかと

あくまで個人的・主観的な感じだけど、よくぞ女性として生まれて
頂きましてありがとうございますなのかと。もしその方たちが男性
であったなら・・・と考えると。もしかしたらご当地ではあえて
いないかなと。そういう感じもなきにしもあらずなのかと

ある共通項があるのだが、すこし形勢が不利な局面の踏ん張り方が
みんなよく似ているのである。

氷がはったようなキーンというかピーンとした感じというか凛と
した感じ、そしてその凛とした中にも顔がきれいとか、それなり?
若い、それなりに年を取っている関係なく「艶(えん)」女性
特有のなまめかしさというかつややかさがにじみでているということ。
これはあくまで個人的に感じたことなのである。

そして根幹が「覚悟」「信念」これに集約されていくのかと

多分人のみえないところで相当な涙も流していると思うのもある。

昨日、夕方久々にとある知人に電話したのである。

「やるしかないから・・・」

うーんやはり、そういう血が流れているのだろうか、とある相談事
だったのだが

そういう感じのすこし気温にあわせてきりっとした朝を迎えている
わけだが、ラッキーなことに契約してきた女性はほとんど印象に
残っている。

今日は随分のばした髪を整えにいこうと思う。やはり・・・相手に
不快な印象をあたえるのはよくないかなと。ショートボブにしよう
かと。相武紗季さん昨日のネットニュースで髪をばっさりとがのって
いた。

新宿鮫の鮫島刑事を意識していたのだが・・・またの機会にして
おこうかと

今日も抜かりなくぼちぼちとなのである。

岩下志麻さんはかっこよすぎるよな・・・まじに
posted by クール at 07:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする