2019年09月08日

実際に恩師にあってきた〜宅建業法その69〜

 昨日、午前中書類であれこれ・・・のち営業をぽつぽつ
久しぶりにとある地域に入る。

随分前にお世話になった案件のところ。今はそこは若手の
工務店が居を構えている。派手ではないけど、こつこつと
着実に道を歩いている方なのである。大工棟梁といって
いいのかと

「先生から譲っていただいたところ大変よかったです。あり
がとうございます。」を皮切りに今の現状の仕事のあれこれ
を聞いたのである。

「保護者がいないだけまだいいよ。それと人はいろんな
人がいるからね・・・中学生くらいなら、まだまだ素直だね
右とえいば右むくしね・・・大人になるとね、そこは難しい
かもしれない」

もともと口数が多いほうではないが、国語を教えていたと
いうこともあり言葉がやはり重いのである。

それから教育についてあれこれアドバイスをもらうのだが
やはり教育というのは「人間性」を養うのが命題ともおっしゃ
っていた。これは言葉ではたやすいが、かなり難儀だろう〜な
と感じた。スクールウォーズの泣き虫先生みたいなのが、今の
ご時世にいるのか?と

今日の宅建業法

その69

 〇〇してはいけないシリーズ その1

「威迫行為等の禁止」文字通りなのだが、「断定的」なもの
いいは気をつけるべきかと。あとは迷惑行為、しつこい営業
電話などなど。預り金の返還を拒むこと等々。監督処分の
対象となるが、業法違反という罰則の規定はいまのところ
ない。

みんな子供のときは「〇〇してはいけない」を多く教わるのだが
どんどん・・・ね〜

久しぶりにあってすこし今の仕事のプラスになった気がした
のである。

先生はいつまでたってもやっぱり先生なのかと。自分が教えて
もらったのち宮崎市のほうにいかれるわけだが、浅香唯さんや
河野景子さんの話もきけたのである。残念なことに担任では
なかったらしいのであるが。

とにかく会ってよかったと思ったのである。今日はゆっくり
休もう
posted by クール at 06:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする