2018年11月07日

日本三大怨霊三人目〜崇徳天皇(すとくてんのう)〜

さて、昨日2年ぶりになるのか豊後道を上り別府市にいってきたのである。大分市が隣接してるのと温泉で有名な街なのである。

久々に別大道路はしったのだが、少しびっくりしたことがあった。以前は結構車とばす人が多かったのだが、かなり安全運転してる人が多くなった印象をもったのである。覆面みたいな感じもいたのだろうか、オービス付近ではさらに慎重に運転してた気がする。

ということで、今日ラストの崇徳天皇は前二人に比べるとインパクトはないのだが、死後13年たってから、その威力がましてきたとのこと。今や四国の守り神となっているらしい。いろいろな巡り合わせがかみなわなかったとのことだが、その思いたるはすさまじく幽閉されていたところでは、髪を切らず、爪も切らずそれは相当なものだったのだろうと。

不思議なもので、怨霊ものを書いてうるうちに身体が軽くなっていくような感じもあり笑、ショック療法というのもあるしこれ案外バカにできないものかと思ったのである。反作用の効能があるかもしれないかなと。

というわけで明日からは今度は女性で日本三大幽霊なのである。日曜日にはしないけど京都競馬場でエリザベス女王杯がおこなわれる。今週はショートストーリーもお休み。なんとなくそういう気分なのである。

とにかく年末というか平成ラストの年なので仕事悔いなくがいいのかと。

今日も安全に過ごせますように
posted by クール at 07:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする