2018年10月10日

裏たちカラーズ

ご当地にeNというフリーペーパーの雑誌があるのだが、宮崎市の橘通りより東に位置する若草通り、広島通りあたりの商店街が今、地域を盛り上げようと若手の人たちが裏たちカラーズを発刊してるという。

熊本には、上の裏通りと呼ばれるところがあり古い民家を再生してお店をしてる若い人たちがいる。

宮崎市は少しメジャーになりつつある西橘と呼ばれる歓楽街がある。なんと飲食店などのお店は、博多や北九州には数では負けるかもしれないが、たまちゃんを観光大使にして頑張っているのである。

いずれにしても、東の方に伸びる動きは風水上でも吉とされている。上る太陽に向かってるイメージがあるからだと思うのである。あえて、西をメインにして東を裏たちというあたりなかなかセンスがいいなと思ったのである。そして、その動きに大資本が相乗りして相乗効果を引き出す動きがあるのである。

垣根を超えた動きこそ、街の原動力だよなーと思う。今月、ラッキーなことに宮崎市にいくのだが裏たちカラーズもって帰ろうと思うのである。ついでに、レッツももって帰ろうと笑笑

今日はゾロ目の日。が、午前中は書類整理と断捨離をしようと思う。なんとなく節目の感じがあるからなのである。

◯◯と秋の空、◯◯は今年なんにしようか

今日も安全な一日になりますように。


posted by クール at 07:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする