2018年09月11日

間合い(まあい)

 昨日、ひょんなことからお昼ご飯をご馳走になったのである。
剣道をしている方である。

この方にあった意味、「間合いを詰める」。剣道なるものに
まったくご縁はないのだが、なんとなくの感じで「あいだ」を
詰める感覚が必要なのかと

いろいろしている物件はあれど、この「間合い」の詰め方
これは経験にまさるものはないのかと

だいたい未来はきまっている物件とはいえ、調理人の
不動産屋のほんのした勘違い、あせり、ミスでご破産に
なりかねないこともあるわけで。このあたりは特に客観的な
目線が必要になってくるのかなと

昨日、お昼頃話したひとりの青年が夜遅くに電話をかけてきた
のである。すこしづつだが間合いが詰めてきてるのだが、あせりは
よくない。もうひとりの隠れた存在がいるわけなのである。どうも
今週一杯は身体のほうが芳しくないということなのだ。

日曜日に大きな山場は迎えていたという

先日とある方に、いい知恵はないかと投げたのである。うなぎは
高いです。秋刀魚にしましょう・・・これもなんかしらのヒントがありそう
な気もする。

どこかしこにヒントは落ちているわけで・・・特に久しぶりにばったり
でくわす人にもなんらかしらのお知らせみたいなものもある。

そういえば・・・うなぎ屋してる人にばったりでくわしたな・・・先週
で、昨日あった剣道している方。なかなかの共通点はある。

今日は時間があれば、とあるとこにいってみよう。10時はんあたりが
いいのだろうか、そんなにあせることもないのだが

間合いを詰める。今日の午後は、それを抜きにして北方の曽木という
ところに物件をみにいく予定をたてている。

その前が・・・武蔵か。やはり今週は刀に由来することに多く遭遇し
そうな気もする。秋刀魚にも刀はいっているしな〜それにある共通点か

ということで秋の季節。考えすぎるということはないのかなと

浅い考えよりは、まだいいのかなと

今日も安全な一日になりますように

posted by クール at 08:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする