2018年06月29日

まけるが勝ち!〜地上権の星〜

 昨日、10年目になるのか今回はじめて同業の人にたのみ
こみ同行してもらった。

今回というか、今年をなにごともなくすぎればその案件は
事態がひっくりかえるものなのである。

今の時代借り手が強い時代なのだが、貸し手が有利に働く
場面も当然あるわけで。このあたりの法整備もされている。

それを伝えるために同行してもらったのである。

勝つとおもえば、必ずすきやほころびがでてくる。もうどうでに
でもなれと身を投げてみる。案外、好結果を生むことがある。

まけてもともとの気持ちがいい具合に働くといいのだが

昨日夜おそくにサッカー日本代表をみたのだが、まさに、まける
が勝ちをチームジャパンはみせてくれた。運があったと思う。

まけても決勝トーナメントなのである。とても不思議な光景だった
と思う。

何ヶ月かまえにいわれたことを思い出したのである。

「あ〜わかったわかった。こっちのまけでいいよ」

勝ったほうのほうがダメージが残ることもあるわけで、そういう考えも
ひとつの真理なのかと

ということで、でもやっぱり簡単に競合にまけるのはいやなので今日も
かけることにしよう。

今日もワンダフルな一日になりますように
posted by クール at 07:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする