2018年06月07日

うさ FOR あふりか〜奇跡の一曲〜

 昨日のことなのだが、先日「変わったな〜」という
印象をもったひとりの青年に出会った。

たねまきのひに一枚の駐車場の契約書をつくること
ができたのはラッキーだったかなと

朝一に法務局にでかけたのだが、昨年の早い時期に
ある土地の売却に関わった人とばったり再会、ふたこと
みこと言葉を交わす

いろいろな人生があるものだと思った

今日も新しい物件の資料を出荷する。

午後にすこし熱がでて無理をしなかったのであるが、
午後3時か4時くらいだろうか、すこしよくなり本を読んだり
音楽を聴いていたのだが、不意に耳に飛び込んだある曲。

いまから33年前にアメリカの名だたるアーティストが世界に
向けて発信した「WE ARE THE WORLD」

ウィキペディアで調べてみた。参加したアーティスト45人。
アフリカのためにつくったキャンペーンソングなのである。
もちろん収益等はアフリカのために使われていたのである。

あのマイケルとライオンリッチーが共同で作詞・作曲

なんともいえないというか見事な奇跡の一曲だと思った。
いまでも大型商業施設の閉店の音楽に使われているみたい

だれにおそわることもなく、多民族国家のアメリカで肌の
色が違う人たちがつくった奇跡の一曲なんじゃないだろうか
と個人的に思う。

昨今ほぼニュースみないのであるが。あまりに利己的で我良し
の我欲の塊をみればだれでも辟易するのじゃないかと。

いや、ほんとにしもじもには到底理解しがたい色々なものが
あるのだろうが、もっとシンプルにできないものだろうかと
と個人的に思う。

まぁあまりどうでもいいのであるが・・・「レイチャールズ」はやっぱ
いいよな〜と

体調崩しやすいこの梅雨の時期だけど、ほぼ強制的に海にいこう

仕事頑張るために。自分の中である大きな区切りをむかえた
昨日でもありました。なんとなくそういう風ににもっていきたいんだろうな〜

今日もワンダフルな一日になりますように

昨日耳にとびこんだ、WE ARE THE WORLD心に響いたな〜
posted by クール at 07:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする