2018年05月10日

紅蓮(ぐれん)の炎(ほのお)〜人間はかわる〜

 昨日なのだが、ちょうどお昼頃にもう5年になるのかある
賃借人にあう。とてもめでたい報告を受けたのである。

「人間ってこうもかわれるんだな〜」という印象をもった。

何度か家賃が引き落とせなかったということで何度か
足を運ばせていたのだが、おととい電話がかかってきて
昨日会ったのである。

「そっか〜もう5年もたつのか」と思った。

日々ほぼ多少変化はあれど、同じような毎日を過ごして
いるのだが、その賃借人とあったときに自分ももっと
変化していかなきゃなと感じたのである。

話はとぶのだけど、ガスコンロ、今はオール電化が多いの
だが不完全燃焼だと赤い火が多いのだが、綺麗に燃えると
火は青くなるのである。やがて、白となり見えなくなると
教わったのであるが。

昨日の彼にみたものは、紅蓮の炎のような気がした。紅蓮
と書くと赤とおもうのだが、紅蓮は赤でなく、青がほんとらしい
のである。極寒の地で耐えに耐えて、やがて血走る赤は青へと
変化していくと。

とかく人間は変化していく生き物だとは思うけどなにかいいもの
を見た気がしたのである。

彼の中にある変化があったことを聞いたがそれはここでは
書かないことにしておこうかと。

不動産屋の人、それも海千山千経験豊富なご当地の大先輩
たちは、けっこう白か透明色の人多いよな〜と感じる。それだけ
ご当地が栄えていた証だと思うのである。火と日と陽はまた
昇ると思うのである。

ということで昨日再会した彼にあやかり今日もワンダフルな一日
になりますように

でも・・・まだまだ寝足りない今なのである。昼寝したくなるな
今日は・・・あ〜あ猫になりたいな〜なんとなくそういう気分の今
なのである。
posted by クール at 08:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする