2018年03月30日

「怒り」は前に進むための1番のエネルギー

 明日で、29年度もおわり総括するのであるが
その前に、29年度は、多分2013年に感じが
似ていたのだが、キャンセルあり、競合に負けあり
出し抜かれ・・・等々。

ほんとに不動産の仕事の難しさを痛感したのである。

2013年に買い付け証明7枚連続で破ったときを
思い出し(笑)

「この世のどこに神がいるのか」と思ったのである。

昨日も、それに近いこともあったが、かなり研磨されて
きてるので、次の一手をすぐに考えれたのはこの仕事に
おいての成長の証なのか。そのときとっさに浮かんだの
が、どうすればお客様にとってベストの選択なのか。

それを考えたとき、答えがでるのはそんなに難しく
なくでたのである。そのお客様の名前、これはわらった
のだが、男性だけど「レイ」さん。きゃーO(≧∇≦)O

29年度ここにきてこれか!という気分にもなったの
である。これがいわゆる「引き寄せの法則」ということ
なのか。

飛行機でも、船でも進むために動力は必要になる。いわゆる
とびたつため、すすむために負荷がかかるのである。これが
人間なら「怒り」となるのかなと。これやっていけない
のは、その怒りを他者に向けてはいけないということ、個人的に
思うようになったのである。なぜ、必ずその刃の矛先は自分の
これもそうじゃないかと思うのだが、前からこなくて背中につき
ささるのではないかと個人的にいろいろな経験からそういう結論
になるような気がするのである。

背中にいるもの・・・おーこわ。

ということで明日が総括なのだが、今週ドバイシーマクラシックで
いや、競馬の話しなのですが。昨年のダービー馬「レイ」デオロが
でることになっている。ぜひ勝ってほしいかなと。相手筆頭には
サトノクラウン。世界のレースなのだが、日本馬のワンツーを
期待するのである。

昨日の「レイ」さんとあれこれ話ししてたのだが、綾波「レイ」の
話で盛り上がったことだけはつけくわえておこう。

今日もワンダフルな日になりますように
posted by クール at 07:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする