2018年03月29日

おて「やわら」かにどうぞ!

 昨日、ひとつポシャったのだが断るのもひとつの
営業かなと。

あと3日で29年度もおわる。4月より教室にかよう
のがひとつ。ある「チーム」に参加。これは昨晩も
あった、それに運動。

なんとなくだが生活や行動パターンがかわってくる
のかなと。今前準備期間中といったところ。

今日は隣町からの営業なのだけど、どうも最近、記憶
のあとさきのズレがあるようなないような。

具体的にいうと、つい先週の出来事が、もうすごい遠い
記憶になっているのに、何十年前の記憶が鮮明になる
というか・・・どこかの歌詞にもあったのだが

「夢はつまり、思い出のあとさき」と。そういうこと
に近いんだろうな〜と。夢みたいなものかと。

なぜそういうふうに思ったのかというと、どうしても
なにもよめない?人とあったとする。けど、すごい気に
なるというか、どこかで見た景色?のような・・・

そしてある景色を鮮明に思い出したのであるが、

「なるほどな〜」と感じたのである。多分、年齢を重ねて
いけばいくほど、わかってくるとは思うのだが、出会う人で
ひっかかりがある人のパターンをつくっていくと、そう多く
はないことに気づくんじゃないかと。

それが偶然じゃなく必然というか。多分無意識のうちに意識
してる感じなんだろうと。

ところで、今月あることをきっかけに、とあるおじいちゃんと
話す機会というか何度電話かけても・・・の場面が多くなって
いる。心の琴線というか核心にふれたのか。でも、不動産が動く
ときってその壁をふりきらない限り、だめなときもあるような
気もするのである。

昨日、すこしいい電話をしようと思ったのだが、やはり繊細な
部分にふれたのどうか、いわゆる「虎の尾を踏む」なのだが。

とにかく今日明日であえたら直接あって話をしようと思う。
相手方には、昨日「くりくり」を届けたのである。もちろん
おじいちゃんには「ピーチネクター」をもっていこうと思う。

ということで今日は特に、「柔よく剛を制す」の「やわら」の
心がまえでワンダフルな日になりますように。

つきるところ夢のようなものなら楽しんだほうがいいなと。できる
かぎりなのである。これでいいのだ。
posted by クール at 07:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする