2018年03月23日

デジャブ(既視感)

 何年ぶりになるだろうか。あかずの間の前に今立っている。
部屋の中には多分、パンドラの箱があったはず。間違って
あけてしまったパンドラの箱は今は閉じているままなはず。

デジャブ?なのか、ただの夢?なのか

あなたがみてる景色、あなたのうしろやまえでみてる人が
いるはず。でもあなたの目にはそれはうつらない。いつも
誰かがどこかで、じっーとあなたの言動みてる。

今ふたたび迷宮の扉へ

そういう感じの今年の高松宮記念を日曜日にむかえる。

昨晩、8時過ぎに約束された時間に依頼主に電話をかけるのだが

「あなたのおかけになった電話番号は、電波の届かないところか
電源が入っていないため・・・」そっか〜寝てるのか。

今日、正午すぎにかけてみよう。「おかけ」にが「おかね」に
なるのも悪くない。ぜひそういう展開があればと。

デジャブというのは、「あれ?これみたことある」みたいな
感じらしいのだが、科学的にも心理学的にも説明つかない
領域で脳の誤作動というくくりになっている。

そしてなんも関係ないが、今日からセンバツがはじまるのである。

ご当地からも出場する高校がある。頑張ってほしいかなと。

まだ今日の朝は冷える。一転、来週末には初夏の気温になるみたい
なのである。体調管理が難しい週になりそうなのである。

ということで、あかずの間をあけてパンドラの箱をあけてみようか。
そこは楽園なのか、再び迷宮なのか。

という感じのミステリーホラーみたくなるよな〜FOXチャンネルで
でてきそうな。世にも奇妙な・・・でもいいな。

でもつきるところ、夢のようなものか。まっいっか〜

今日もワンダフルな一日になりますように。今日もラストまで
頑張っていこう!

じっーとみているのはだれなのか。だれなんだろうと少々考えて
みたいところではある。前にみた景色なんだと今は思う。
posted by クール at 05:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする