2018年03月22日

ラビリンス

 ラビリンスというものがある。新しく発売されるシャンプー
ではないが、メデューサなら使ってそうな気もするのである。

昨日、午後に一発だけ新しい交渉相手に突撃したのである。

ファーストコンタクト。こちらも気を遣うがアポなし突撃
なので向こうはこちら以上に構えると思うのである。

でも、このアポなし突撃の良さもあるのである。意外に
真意がみやすいときもある。

で、夕方より貴重な時間、そして体験をすることができた
のである。そういう場面はテレビや雑誌をとおしてみることが
できるのであるが、実際の空気感はやはり「生」に限るの
である。

ものごとの表裏を体験する機会はそうそうないが、仕事にも
いかせると思ったのである。「人を知る」以上のものも
学べるのかなと。

毎日乗る車だって、それをつくる工場がなきゃ車にはのれない。
まして、それをつくる人がいなきゃ話にならない。

そういう優等生のようなことばかりいっていいのだろうかと
すこし考えている今なのだが、意外と真理だと思うのである。

そのおかげか、迷宮にはいることもありそうな気もする。

とにかくはてながいっぱいでてきたのである。たまに、思う。

「今自分は、なんでここにいるのだ?」あまり気にせずまっいっか〜
と最後は思うのだが、なにやら、道にのっけられてる感覚もなくも
ない。

その前に夕方に、とある電話があったのだが・・・う〜んますます
迷宮にはいる感じなのである。

「偶然はない。すべてが必然」これは最近特に思うようになって
きたのである。

ということで今日もワンダフルな一日になりますように

すべては、メデューサに導かれるままに動いているのだろうか
そこが問題なのですよ、明智君。う〜ん摩訶不思議。
posted by クール at 06:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする