2018年02月13日

宮崎つぼみの会

 昨日は宮崎市のほうにいってきたのである。なにかしら
の「コトノハ」をもってかえれればの思いもあった。

そこで話をきているうちにあるテレビ番組が浮かんだの
である。「ダーウィンが来た」なのである。

まさしく動物をテーマにしたものなのだが、動物はだれに
おそわることもなく、また植物もだれにおそわることも
なく言葉も存在しないのに。成長し、育ちそして巣立って
いき花を咲かせる。

現在、日本の医学の進歩により救える命が多くなっている
のは目にみても明らかなのである。自分も多分江戸時代
あたりに生きていたならとうにいなくなってるはずなの
だが医学の力により、まだ生きていられるのは最近特に
実感しているのだが。

昨日の会のように、ほんとにささやかな活動をしている人
たちがいるというのは人間のこれも力なのかと。しかし、
そういう恵まれている環境がゆえに人間の力が弱くなって
いるのもこれも事実なんだろうな〜と感じたのである。

それがゆえの「ダーウィンが来た」を思い出したのである。

まさしく今対峙(たいじ)しているお客様、まだまだつぼみ
の段階なのだが、人間の慣れも怖いな〜と自分を省みている。
多分3年前なら熱くなっている自分がいるのだが、それが
ほぼなくなって業務に徹している。それがいいのかわるいのか
別にして・・・ある意味変身している自分にきづかされる
羽目に。

話はながくとりとめのないものなのだが、オリンピック真っ只中
昨日は日本はメダルラッシュ。ほんとに若い世代が台頭してくる
時代なんだろうな〜と感じている。

日々仕事に追われる毎日だが、なにか「つぼみ」になるもの今年
もみつけていこうかと。あせることもないな〜と。

というわけで今日もワンダフルな日になりますように。

梅のつぼみの次はさくらのつぼみだが、これはまだまだ先のことだな
posted by クール at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする