2018年01月28日

チームをつくろう

 海堂尊(かいどうたける)さんの有名な小説で映画にも
なった「チームバチスタの栄光」。

その小説は、医療そうお医者さんが奇跡的な手術を何度も
成功させるチームなのである。その発想にヒントをえて
昨年のこの時期に「チームルパン」それにもうちょい
時期はおそかったのだが「チームSAVE」をゲーム脳で
つくって仕事をすこし面白いものにしたのである。

堅苦しくなく、今自分は年いっかい集会不定期の「チーム
お神輿」と毎月定例会にでている「チーム豊後」に参加
している。いずれも年いっかいの行事に参加するという大義
のもとに動いている。

昨日一昨日とチームルパンで動いていたのだ。チームSAVEは
その名のとおり頻繁に危険がある世の中では困るのでこっちは
これでいいのかなと。

で、つきるところなにがいいたいかというと、最小単位である
国造りの基本である「家族」元はこれなんだと思うけど。

おおきいことを考える前にまずこれなんだけど・・・恥ずかしながら
自分はこれに失敗している経験をもつ。それゆえにできることも
あるという前向きな発想のもと「チーム」をつくって成功体験を
増やしていこうかと考えた。

昨年はじめたチームは仕事において、お神輿と豊後の会は完全に
プライベート。ある意味オールOKのスタンスなのである。

というわけで今年もなにかしら「チーム」をつくりたいなという
衝動にかられているが、今のところまったくのノープランなの
だが、とある人に助言をもらい、まずは形から入る。これもひとつの
やり方だなと考えた。

そこでチームで一番大事なのは、やはりなんといっても核になる
人の存在はこれは必須だよなと思う。まさにお神輿の上に乗る人
なのである。でもそんなに堅苦しなくないものでいいと思うのである。
これは、ご当地のよさなのかなと。

とりとめのない話になったのだけど、今日は選挙なのである。
まさにお神輿の上に乗る人をきめるものだけど、だれがなろうが
自分は自分の道をあるくだけなのかなと。

ということで今日はワンダフルな休日にしよう。うだうだすごそう
かと。ゆっくりと。
posted by クール at 08:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする