2018年01月14日

たすきをつなぐおもい

 今週から2週にわたり全国駅伝が開催される。昨日の
夕方に前フリである番宣の特集がテレビで流れているの
をみたのだ。宗茂さんもコメンテーターででていたの
である。

この駅伝、ダントツで京都が強いのだが、なんとなく
わかる気がする。日本で一番に伝統を重んじる地域
であるのがまんま駅伝でもその「伝える」精神が生かされ
ているみたいなのである。

昨年に大きな気づきであり、お客様のところで何度か
口にしたこと。いわゆる「浜の真砂」の心構え。

ひとりの想いはやがてそのひとりがいなくなったとしても
その想いをつなげていくひとりがでてくるのである。だから
なにも悔いることなどないということなのである。また、その
想いはやがて実をつけるのである。

一昨年になるのか女性の部で愛知県が初優勝を飾ったのであるが
その優勝をかざったアンカーである鈴木あゆこさんが昨日の
テレビではクローズアップされていたのである。中学からでて
年々と順位をあげて、それでも十何年の年月をへて見事昨年
優勝に導いたのである。

続けること。そしてつなげる、伝えていくことの大事さ。

昨日のテレビはみてよかったのかなと。

ご当地は、ほかの地域と圧倒的な違いがある、多民族国家であり
脈々と譜代大名が治めていた地域なのである。いわゆる「借り物」
なので意思統一や形成という分野でいけばほかの地域と比べて
かなりやりづらいのではないかと思う。しかも地形的な面でも
伝えることの難しさというのもある。逆をいえば攻めづらいと
いう利点もあるのであるが。

1月にご当地の市長選が行われるみたいなのである。「つなぐ」
ということでご当地は「橋の日」を全国に向けてはじめに発信
した地域でもある。今の市長から、次の人がどういう風につないで
いくかそこだけに興味はあるのである。どちらがなろうが自分み
たいなしもじもにはほとんど大勢に影響はないのであるのであるが。

どういう橋渡しになるであろうか。いい面だけはちゃんとつないで
いてほしいのかなと切に願うのである。

昨晩、寝起きの際に見た夢なのだが白猫が上からとんできたのである。
白くて大きい猫だったな・・・まだ寝足りない今日なのであるので
もうひと眠りすることにしよう。寒い時はお布団最強なのである。

今日はワンダフルでなくにゃんだフルな一日でありますように
しかし白猫でかくてちょいデブだったな、残念ながら笑

白猫はなんの想いででてきたかはこれからの何かの暗示なので
あろうか、いやただの気のせいかなとも思う。化け猫でないことは
祈っておこう。
posted by クール at 10:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする