2017年08月10日

抜き足・差し足・忍び足

 今日であらかたの方向性が決まる案件がある。わざとで
はないが、ある感が働き、先手必勝の逆いわゆる「後手を
ふむ」ことで売り手の動きをみた。

今回の売り手さん、なかなか奥が深いと感が働いたのは
ファーストコンタクトのときなのだ。読みも深そうだけど
なかなかの方。

今週も月曜日に電話があったがそれっきり。先週はこちらの
ほうが電話すると

「あ、そうそう電話しようと思ってたんだ」ととぼける回答。

なかなか老練なのである。いわゆる探り合いの状態であったの
だが、今日で方向性が決まるかなと。

兵は詭道なりなのである。いつもいつも同じ戦い方が通用しない
のはどこの世界も一緒。

それでも、つかずはなれずの姿勢で時をまったのである。先に
動いたら負けかな〜と思った案件。今日は逆に先に動くのである。

さてさて結果は如何に。この案件、先送りしてはなにもいいことは
ない。買い手がでたときが、最大の売り時なのである。地方の相場観
というか、現状そういう景気なのである。

猫が、餌を捕獲するときの姿を思いうかべながら、抜き足・差し足
忍び足でそっとちかづいて貪ぼるのである。

何事もあわてて動いてはいけないんだよな〜先日も誰かにおそわった
気がする。

「電動リールで釣り上げると魚がよくばれるんだ・・・」

じっくり手動でやるのがベストなのかと。逃げたら逃げたでしかたない
そういう気分の案件なのだが、逃げたら逃げたでのちのち響くのも
つらいところではある。

今日も正しく真っ直ぐにしたたかに。勝負のキモは平常心と答えは
でている。神のみぞなのである。

今日はお神輿担ぎの打ち上げがあるな〜ほどほどにしておこう。
posted by クール at 05:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする