2017年05月17日

今年は7015分の1

 今日から、新しい物件の資料をピンポイントでまくの
だが・・・一般のお客様を探すなら、おそらく7015分の1
の確率くらい難しい案件だと思うのである。

いや、裏の裏の手、いわゆるマルサにでてきたような裏技
つかえば・・・でも、それは○○軍団には必要ないのである。

話は、ダービーなのだが、2014年に生まれた今年の3歳
サラブレッドの頭数、7015頭。最も運のいい馬が勝つと
いわれている。

ここで、小休止して、ある競馬用語。テキとヤネ。テキは
「調教師」。調教師になる人は元ジョッキーが多い。いわゆる
「騎手」が多いのである。騎手を訓読みでよめば「キテ」これ
を逆にすると「テキ」になるのである。これがテキの言葉の語源
らしい。もうひとつ「ヤネ」これは、「騎手」のことをいって
いるのである。馬の上にのる屋根みたいなもの。

つまり「騎手」が2つの言葉の語源になっているのである。

天使が「キテ」天使のキス(騎手)をものにするのは今年は
どの馬なのだろうか。馬7ヤネ3という格言もある。なんか
お湯割りみたいだな・・・いかんいかん、我慢我慢。

今日からはじまる案件、売主の気持ちは「買主さんはやくキテ」
なんだろうな〜と。もちろん自分もその気分なのである。

今日も正しく真っ直ぐにしたたかに仕事していこう。今日
19時より・・・今現時点かなりでたくないが、お初の顔も
あるだろうし、でなきゃいけないのかなと。ほぼ幽霊部員
の会なんだよな〜まぁいっか〜あまり考えなくても。

仕事がそこそこ忙しいのは感謝しないとな。
posted by クール at 06:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする