2020年11月25日

「キセキ」のドアを開けるのは誰?微笑みをもう一度だけ

 昨日、もう一度だけ坂越えがあった。でも自分は存外
心配していなかった。可愛い悪戯好きな神様の仕業(しわざ)

実は、今回のお客様自分は買い手についているのだが、
前回売り手さん。忘れもしない2017年日本ダービーの
日に最終の打ち合わせをした場面を強烈に覚えている。

そして今回、場面は違うのだがなんとなく似てないような
似ているような、ここ数日かなり不思議な夢を見ている。

願望そのまま、夢となっているかもしれない。さっき
みた夢は、まんま学生?時代にタイムリープしている
みたいだ。

それはそうと、むしかえし?みたいな報道があるが、結局
コロナの真骨頂だと思うのだけど、新しい時代にそぐわない
ものは、暴かれているということなんだと思う。

そしてコロナの報道も、これもう一昨年になるのか池袋に
おいて、老人が子供と若いおかあさんが、車で引かれた
ことがかなりネットをにぎあわせたことがあった。

ほぼ同じようなことがあり、一方はコロナをとがめられ、
一方はコロナをとわれない。コロナの報道でも、隠蔽でき
る人は報道されずかん口令、そうでないところは袋叩き。
これは是正して欲しい。ご当地でも何回かあった。同じコロナ
なのに「どうしてこんなに違う扱いなの?」おとなりの
県では命を絶った人もいると聞く。

こういうのをなくすためにコロナが猛威ふるっているような
気もするんだが・・・とひとりごと

ことコロナに関しては、ご当地はほんとに見かけ上かかって
いる人は少ないが現実どうなんだろうとの疑問も残る。自分
も、不特定多数の人と会う職業柄、PCR検査すれば・・・
という不安はあるにはある。

極力、用事がないときは「引きこもり」なのだが、それでは
商売が成り立たない職業なのである。まず、密なところは
さけている。テレワーク等への営業スタイルもゆくゆくは
変化していくだろうが、まだまだ道半ばというか始まった
ばかり。

あとこれが最大なんだけど、ストレスになる関係性とハート
が判断すれば、これもう一時的にせよ、永続的にせよ、その
関係性を改める局面なのかと思う。

免疫力おとすのは、ストレスが大敵と考える。

と長々の枕なのだが、タイムリープといえば、アインシュタイン
のE=MC2 エネルギー=質量×光の速度の2乗。

質量があれば時間は遅く感じる。すこし勉強した。

「キセキ」のドアを開ける。ドラえもんのどこでもドアなのだが
過去へのタイムリープは可能なのか?理論上できそうな感じも
ある。が、大前提の物理な脳が自分にはないのが少々寂しい
ところではある。

今回のお客様、なんとなく・・・前回同様何かが起こる感じは
ある。「共時性」「同時性」なんらかのシンクロにはあえそう
な感じもなきにしもあらず。なんだかな〜

時間の進み、なんとなく11月は早い感じもする。



というわけで今日も「GOGO」なのである。書類つくりと行政
関連にとどめるか・・・気温もおちてきたことだし。
posted by クール at 06:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする