2020年11月05日

優しい聖母(マドンナ)、花散里(はなちるさと)

 昨日から、海の向こうの大統領選の報道があついという
ことで久々にニュースをみた。

かなりテレビから離れる生活を現在している。いいのか
わからないが・・・大河だけみてるのか

ところで、アメリカ大統領選なのだが、意外と思ったのが
トランプさんの国民評価が高いということ。報道は、たまに
偏った報道するので事実がどうかわからないときがままある。

自国を守る。ある意味、トランプさんの政策は間違っていな
いが、ずっと世界のリーダーとしてけん引してきた国として
は、ほかの国からすれば、自国だけじゃなくもっとまわりを
みてくれとなるだろう。

と前フリはここまでで、今日の源氏物語は「花散里」なので
ある。光くんがもっとも信頼をよせた女性なのである。

地味だが綺麗。おとなしく癒し系。昔の日本女性みたいな
ものなのか・・・

今現代でこういう女性もすくなくなってきたのか

まず「おしとやか」というのがほとんど使われていないよう
な気もする。

女性の地位もあがり、男顔負けの収入ある人は珍しくなく
なってきている。

これも女性の時代といわれる所以か

でも、この優しい聖母の立ち位置は光くんにとって「異性の
親友」なのでありました。

現実、こういう風な感じのほうが長く続くような気もする。

そういう人が何人かつくるのはいいことなのかと感じるこの頃

昨晩、あるお客様から叱咤激励の言葉。ほんとに変換期には
これでもかーこれでもかーと変化球くるよな〜今年はそういう
年回りなんだろう。最後までやるのみ!

今日も「GOGO」なのである。

何事も筋を通して自重した生き方に徹していこう。そうすれば
大事にはいたらないだろうと。先人のおしえは有難いものなの
である。金言として埋蔵しておこう
posted by クール at 07:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする