2020年10月04日

そして、また陽は昇る!〜CANT SLEEP FANTASY NIGHT〜


 あの馬を見ていた頃、わたしは恋をしていた。

 あの馬が勝った時、僕は故郷を離れた。

 あの馬の引退の日に、わたしは花嫁の父になった。

 忘れらないものを、思い出と呼んで
 それは美しかったり、哀しかったりもする。

 積み重ねてきたことを、人生と呼ぶなら

 思い出はすべてどこか愛おしい。

JRAの公式サイトの「夢の第11レース」より

 勝負の行方は誰も知らない。

 昨晩、寝れずに・・・チャリンコでとある住宅街を駆けると
 縁側で・・・思い出はほんとにどこかおかしい?

 『8』日目に出会って、宮崎市から「天」満橋を渡って
 車で30分。夢の続きなのかと

さて今日も仕事なのである。いい供養になるといいのだが

「昭和46年・・・」もういいか!枠46(白)を添えて

星が降る眠れない夜には、やっぱり「スターライトパレード」
なんだろうかと

当たったら、凱旋門賞で倍プッシュだな・・・頑張っていこう!

 
posted by クール at 06:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする