2020年08月09日

懐かしのツール・ド・新潟・長岡花火編

 今日はゆっくり休もうと思う。カレンダーみたら・・・明日も
休めるのかと思った。最高9連休とれる人もいるみたいだ。

不動産屋は、ある意味・・・まぁあまりにリアルなこと書いてもな〜

ということで昨日からの続きで

8月1日を、なんとかしのいで2日の日、これはもう昔のテレビで
やってたうっちゃんのママチャリ放浪記?みたいな感じや今でいう
ところの火野正平さんの自転車での日本一周みたいな感じで、延々
と自転車をこいでいた。

途中、ガソリンスタンドによって水をたらふく飲ませてもらったり
水をあびたりと。ほんとに新潟の人って優しいな〜とその時思った。

今、ほんとに便利なのだが、自分が走ったルートをみてみるとおも
しろいことに気づいたのだが、国道7号、ルート7号から、1号
線の燕三条まで直線距離にして約100キロ。多分、その倍近く
はしった気もする。

その2日の夕方、燕三条のインター近くの公園で寝てると・・・

これはまた後に別のところで書くのだが、長岡の花火大会にいくことに
なるのである。しかも電車をつかって、燕三条からは新幹線の駅で
いうと隣の駅になるのだが、さすがあの角栄さんをだしたところなの
かとその時思った。「懐ふかすぐる!」

かつ丼美味しかったな〜(笑)

そして長岡の花火なのだが・・・おそらく日本で一番は墨田川の花火
だと思うが個人的にはあのときのラストの三尺玉のしだれ柳の感動は
今でも昨日のように思い出せる。

こんなでかい花火あるのかと、それもモノホンの柳みたいに・・・
いつなくなるのかと思うくらい花火が残るのでありました。それから
駅に戻り、翌朝戻ることになるのであるが・・・それから1週間くらい
になるのか、全身ボロボロで歩くこともままならぬ日々を過ごしたの
でありました(笑)当然、仕事も休みーの

当時、このときのことを書いたものを、「私をスキーに連れてって」
やってたところに持ち込んだ記憶もあり・・・でもその時不採用で
あったのだが代表自ら直々に手紙をもらったことを記憶している。

「人間捨てたものじゃないよな〜」とこの時感じたのであるが・・・
まだまだ若かったのもあるな〜と手紙の真意を組めず今に至るのかと笑

でも後悔はしていないかな〜と

今年は、ほんとに花火大会もほぼないみたいなのだが、来年はぜひに
花火大会くらい復活してほしい感じはある。

さっきペルセウス流星群みようと早起きしたのだが、どうも北東の
空は雲が多すぎたかなと

とりあえず、米津さんの「打ち上げ花火」聴いてコンビニいこう

今日は・・・あえて書かないことにしておこう

ぼちぼちとなのである。あわてずさわがずなのかと
posted by クール at 05:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする