2020年02月05日

映画コンテイジョン、実写化?

 昨日はおとなりの日向市からだったのだが、物件資料わたす
とともにある依頼をうけるのだが、どうもこの景気がさほど
よくない中でもコンスタントに地域密着。昨年は受注を何件も
断ったとかで・・・やはり真摯に仕事をする姿勢は出会った
ときからなんらかわっていない

あれこれ話すうちに新型肺炎の話にもなり

「なったらなったこっちゃ、それが運命なら仕方ない」と

悩むそぶりもみせずになのである。確かにそうなったらなったまでの
こと。予防している?のであとは風まかせ

話をかえるのだが2011年に公開された「映画コンデイジョン」

いまはやりのパンデミックを題材にした映画。映画では世界で
10億人がなくなるとでていた。

陰謀説では、生物兵器?というのもいわれているがことの真相は
わからない。でも事実は小説より奇なりなんだろうと

5G戦争?の一環など陰謀説はつきない

医療業界はワクチンの研究で必死だろうと。これも時間との勝負
になるのか

終息までは半年はかかるのだから、これこそ・・・ほんとに人混み
だけはさけていこうかなと。でも、これも「なったこっちゃ」なの
かと

おとなりの県の部長と昨日電話で話したのだが、どうも社長は出張
らしい。まさか・・・中国?いやありえるな・・・でも新型肺炎も
さけて通るだろうな〜という気がする。まさに商売人の鏡なのかと

儲かる話ではないと電話代まで請求しかねない人なので病原菌も
さけていくだろう

ということで今日もふてぶてしく「GO」なのである。
posted by クール at 08:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする