2019年12月16日

「もしかして・・・」ファイト&全力少年?

 さて今週がはじまるのである。もうあと2週間たらずで今年も
終わるのだが、まだ実感がまるでない。今日から年賀状の宛名書き
を夜にしていこう。裏面はもう終わっている。

なんといっても今週末は有馬記念。明るくはつらつといきますか

母の話になるのだが、母もいよいよ住み慣れた場所からの旅立ち
を迎えたようなのである。今は短大?になっているのか

文化服装学院の大阪校に向けて船にのりこんだそうだ。田舎娘が
親戚が大阪にいたので安心の旅立ちなのである。学校も卒業。

最初の就職が「マサヤ洋装店」

そこでの話は、明日にするのだが、まさに「朝ドラかよ!」みたいな
青春期をすごしていたみたいなのである。

かなり前の朝ドラなのだが「ファイト」ひとりの女性がある競走馬に
出会い、はては牧場経営までするというサクセスストーリーな物語の
朝ドラだったのである。そのドラマの文字とイラストを描いていた人
一度ほど「まぁじゃん」したことあるのだが・・・

まだ今ほど有名でなく駆け出しの漫画をかいていたときだったのだが
今でも交わした話は覚えている。その女性初対面なのに・・・

「ねーねーあなた学校いってたときいじめられていたでしょ?わかるぅー」

照れ笑いしながら「違いますよ・・・」

多分、こうだったと思う。髪は金髪に近い茶髪でロン毛、いわれても
おかしくないいで立ちだったと思う。その女性は小柄で可愛い感じな
人だったかなという記憶はある。まさかこんなに有名になると思わなか
ったので「ちっ!」サインくらいもらったとくべきだったと後悔は
している。

そして今年の有馬記念、明るく「全力少年」聴きながら全力で挑んで
いこう。今日は大事な話が午前中くまれている。最後の最後まで今年
悔いなく動いていこう

今日も抜かりなくぼちぼちとなのである。
posted by クール at 04:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

「わたしを笑わせることができるかしら?」

 今日はゆっくり休もう

「堪え難きを耐えて、忍び難きを忍び・・・」

大東亜戦争は終わったときは、母は小学生になっていたの
である。戦争で、母は父と父の弟をなくし、母を不自由させ
ないようにと残された兄弟が、戦後復興の別府でその父セイジ
のツテもあり、土建屋で奮闘していたそうなのである。

当時、ものがない時代にかかわらず学校で靴をはいていける
生徒は数えるほどのとき、靴をはいて母は元気にやんちゃに
育っていたらしい。ものがない時代に何不自由することなく
生きれたのはおじさんたちの頑張りと、セイジのかわりに
みかん農家になっていた、タカおばばの頑張りもあったの
だろう。

近所に住む齢「七」十になる、おさくぼけが母の帰りを毎日
まっていたそうだが、母はあいかわらずの意地悪な気性。

「ぼけにみせる顔はねー」といっておさくぼけを泣かしていた
そうなのである。

おさくぼけは、「じゅんちゃんの声と顔みらんと一日が終わらん」
と泣いているにもかかわらず容赦なくいじめたらしい。
(うーん・・・おさくぼけが転生していることはないよな・・・)

おさくさんがほんとの名前で、まぁまぁ品のいい女性だったらしい
が、よる年にはかてず今の言葉で言えば認知症だったらしい。

話はとび、昨日の夕方テレビで美輪明宏さんの特集をしていたので
しばしみていた。福岡の飯塚にある嘉穂劇場の舞台にたったとき
美輪さんかなりな衝撃を受けたらしい。

歌謡曲「ヨイトマケの唄」に集約されていくと

炭鉱労働者たちの明るい笑顔から、

「世の中に必要とされない人間はいない」という確固たる信念が
植えつけられ相当な自信になったらしいとテレビでいっていた。

当時としては奇抜ないで立ち、強烈な個性から美輪さん世間より
かなりなバッシングを受けていたらしいがどこ吹く風でガン無視
していたらしい。

今日は祖父の父セイジも登場させたのだが、母にセイジのこと
をきくのだが、どうも歯切れがわるいものいいなのである。

「セイジってミカン農家する前なにしてたの?」

「うーん兄弟がいて、別府で事業していたらしいよ!?」

「なんの事業?」

「・・・・」

かなり興味深い人物なのだが、一番セイジの血が色濃くでている
のはめいっこのような気がするのである。

ということで自分がご当地で仕事をするようになって知り合った
セイジが2人ほどいるのだが、なかなか「やおいかん」人物なの
である。「やおいかん」とはしっかりもののたとえた大分弁なの
である。

最近特に・・・「セイジのひ孫なのにこの体たらく(~_~メ)」が
最近の口ぐせな母なのである。

今日はゆっくり休もう

いよいよ来週は有馬記念かと思うと一年はやいな〜
posted by クール at 06:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

「安心しろって!案件は順調に前に進んでいる。」

 昨日、最後の電話。ある物件が進みそうかな!?という
気になった。どの物件も一歩づつなのかと感じた。

昨日、女性のことをかいたのだが昨日の朝一が先日終わった
案件の今後のことを話に・・・これからなんかしらのきっかけ
でつながっていくといいかなと。かなりお金にしっかりしてて
いる方なのである。段取りの仕方からかなり不動産取引に
精通していたのでやりやすかったのはほんとにやりやすかった

それから夕方、これはかなり明るくて面白い大家さんとの
打ち合わせ

「わたしゃお金が大好きだからね・・・寝ててもいろいろ
かんがえるんだよ( ̄ー ̄)ニヤリ どうしたらもっとかせげるかって」
よくこんなに話がとぎれないよな・・・周りの溝をうめる
ところから画策するあたりかなりな老練な人なのである。
敵にまわしたらかなり厄介な人だろうと感じた。

姓のでどころからして、同じ匂いがするところをみるとルーツ
は、おとなりの県のような気がする。母に似てなくもない。

母もかなりなお金大好き人間だからなのである。最近は表彰状
マニアになっている。名誉欲が一番醜い感じがする気がするのだが
それは気のせいにしておこう

「ミスターゼロ!」な自分、いや「ミスターマイナス」な現状
なのだが・・・とにかく前に進んでいこう

今日も抜かりなくぼちぼちとなのである。

昨晩・・・夜10時には寝ていたと思う。今から書類つくって
ある案件の段取りを考えていこう。せいてはなのだが、突然舞い込んだ
話・・・抜かりなく落ち着いてなのである。
posted by クール at 04:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

「アホンダラ〜!撃つなら、撃ってみぃ!!!」〜ちょっと番外編〜

 とにかく昨日もやることだけはきっちりと最低限だけど
ノルマクリア

とあるお客様から・・・「クリスマスの予定は?」ときかれ
「う〜ん、小田和正のテレビみますかね・・・」

と思いきや、今年は23日から三夜連続でWOWOWで東映
ビデオバージョンだな

これは高島礼子さんのもの

なんといっても、そのシリーズ岩下志麻さん、十朱幸代さん
そして三代目、三田佳子さん、そしてなんといっても
かたせ梨乃さん

原作家田壮子さん

チャンネルNECOでみれればみようかと思った。

あとで今年の回顧録をするが、なんといってもグレードワン競争
フェブラリーステークスで藤田菜七子ジョッキーからはじまった
G1とお世話になった人、インパクトのあった人、それに縁者
女性にまつわるもの

今年1年、女性を主役にG1をからめて書き込みしていたのである。

ラストはやはり母なのかと

あくまで個人的・主観的な感じだけど、よくぞ女性として生まれて
頂きましてありがとうございますなのかと。もしその方たちが男性
であったなら・・・と考えると。もしかしたらご当地ではあえて
いないかなと。そういう感じもなきにしもあらずなのかと

ある共通項があるのだが、すこし形勢が不利な局面の踏ん張り方が
みんなよく似ているのである。

氷がはったようなキーンというかピーンとした感じというか凛と
した感じ、そしてその凛とした中にも顔がきれいとか、それなり?
若い、それなりに年を取っている関係なく「艶(えん)」女性
特有のなまめかしさというかつややかさがにじみでているということ。
これはあくまで個人的に感じたことなのである。

そして根幹が「覚悟」「信念」これに集約されていくのかと

多分人のみえないところで相当な涙も流していると思うのもある。

昨日、夕方久々にとある知人に電話したのである。

「やるしかないから・・・」

うーんやはり、そういう血が流れているのだろうか、とある相談事
だったのだが

そういう感じのすこし気温にあわせてきりっとした朝を迎えている
わけだが、ラッキーなことに契約してきた女性はほとんど印象に
残っている。

今日は随分のばした髪を整えにいこうと思う。やはり・・・相手に
不快な印象をあたえるのはよくないかなと。ショートボブにしよう
かと。相武紗季さん昨日のネットニュースで髪をばっさりとがのって
いた。

新宿鮫の鮫島刑事を意識していたのだが・・・またの機会にして
おこうかと

今日も抜かりなくぼちぼちとなのである。

岩下志麻さんはかっこよすぎるよな・・・まじに
posted by クール at 07:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

「大丈夫!?」「大丈夫じゃないかもしれません」

 昨日、ひととおり営業ののち・・・今年個人的にはいつもの
定例会の忘年会。みんなあと5〜6は残っているという。
自分は昨日が公式的に最後で、あとは年末に同業と一回くらい
飲んでおわりなのかと

身体だけはとかんがえます。かなりでる機会が自分はへって
いるのでたまに、こういうのがあるとついついなのだが、昨晩も
二次会途中で中座ぐっすり眠ったのである。

それはそうとついこの間、同業が慰労してくれた折に飲んだ
薩摩焼酎の「小松帯刀」これは美味しかった。

帯刀は通称で、清廉(きよかど)が本名らしい。いわずとしれた
幕末の英雄なのである。

深酒しないとはいえ・・・やはり今朝はまだすこし残っているので
午前中はつらいのかなと

とまぁ・・・それはいいとして祖父の葉書きより、どうやら母には
妹がいたということがわかったのである。でも小さいときにふるさと
にいってしまったということらしい。

昔は、さほど珍しいことではなかったのだが、母の気の強さはこの
あたりにも起因してるかもしれない。

一番先にうまれおそらく大事にされていた形跡もあるみたいなの
である。

もし母の妹が現在まで生きていたとしたなら・・・多分優しい人
だっただろうな〜という気がする。しかも美人であったと思いたい。

いまいち頭がさだらまらない朝なのだが、今日はぞろ目の日、クイーン
の番号が2つならんでいるのである。

なんとなくそれだけでうれしい日なのかと

うーん・・・まだ頭動いていないな・・・今日も抜かりなくぼちぼちと
なのである。

やはり年を感じずにはいられない今日の朝なのである。
posted by クール at 07:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

「大義のために生きれれば、それでいい。」

 今年、賃貸にまつわるトラブル?処理3件目発生?いやいや
クレームまではいかないが・・・トラブル上等なのである。

思い越せば年初より、追い出しにリフォームに今度は下水道の
問題ときたもんだ。

昨晩つくるはずの書類まだつくれてない。午後につくるとし
よう。昨晩、年賀状の裏面印刷が終わったのである。

  「やつは・・・ご当地の不動産業界で一番の臆病者だった」
  (いや、まだ生きてますけど)

  「クールくんがなぜ特攻をえらんだのか?」

  「あの人こそ生き残るべきひとだった」
  (だから〜まだ生きてますけど)

  「それが戦争で生き残るということなのです。」

  「わたしにいわせれば、それが『国を愛している』と同じなんだ」

  「クールくんは約束守り11月1日という日をえらびふるさとに
   戻っていったのです」
  (現在、背中についてくれています)

ひとつだけ祖父というか、戦場で命を昇華していった英霊たちのことが
わかった気がする。

いい家に住みたい、いい洋服をきたい、いい車に乗りたい。

だんしーとしてそれが根幹なら、すこし浅いのかなと

おそらく、「国のために」と思って日々闘っていたのだろうと。命を
かけるに値するもの。いや、自分は極端な右ではないけれど・・・

多分、そういう感じであったと思う。

人のためにとかいて、「偽り(いつわり)」と書く。国のために、それは
いつわりとは呼ばない。まんま国の為になる。

少し気が晴れてくる気がする。祖父が送ってきた絵葉書には

「秋晴れ  大久保百合子女子筆」で女の子が赤ん坊を背負っている
絵がのっている。それに実りある稲穂とすすきが書かれている。

不動産屋はクレーム仕事とも呼ばれている。クレームトラブル処理も
「国のために」のためと思えば、何ていうこともないだろう

今日も抜かりなくぼちぼちとなのである。

日本人の根幹に眠っているのは、やはり武士道精神なのかと

夕方、散歩したときにある士業の先生に電話して

「先生!信玄と謙信どっちがすきですか?」現在、ストイックな
生活している先生迷わず「信玄だね〜」と答えたのでありました。

闘いの化身、毘沙門天の謙信、チームに重きをおいた信玄

いろいろとわかってきたものもあるな〜
posted by クール at 06:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

「ここにいる連中が命をかけてまで守る価値があると思ってるのか?」


 「それはわかりません。でも不動産屋の仲間と、お客様だけは
 守るに値するものと思っています。」

とにかく15日の朝日杯までは、「戦争」をイメージして書き記して
おこう。

昨日も年末営業。ご挨拶がてら日向市・門川町にでかける。干支
タオルをもって何件かほど。全員お客様になってくれた方。

久々にあったこの仕事はじめたときからお付き合いのある方もいる。

ちょうどゴルフの練習をしていた。あれこれ話すうちにとある物件
資料をわたす。なにが幸いするかわからないのである。当然、日向
門川で探しているのだが折り合いつかずでご当地の案件をわたす。

営業もうまい社長さん。タイミングあえば・・・なのである。

「ゴルフはじめったって聞いたよ〜仕事につながるよ!」お付き合い
当初よりなんらかわっていない。

数は少ないけど、インパクトがある物件が多いのも日向・門川がらみ
なのである。できる限り顔だしていこうと。ちょうどいい距離感なの
かなとも思う。

なんとか世の中の流れにいおいていかれないように・・・

  「クール・・・クールおれをおいていくのか・・・クール」

有馬記念までもう2週間きっている。おおまかなイメージはまだぼんやり
だができつつある。

けど、母を考えたときに浮かぶイメージが戦争というのも少し悲しい。
またどこまで書いていいのかさえもまったくイメージがうかんでこない。
それは戦争を経験していないからだと思う。映像だけでよわいよな〜

タイミング的に中村さんのニュースが連日流れているが、ほんとに
素晴らしい功績なのに・・・ほんとにこういうのがなくなるといいの
だろうが、中村さんをあまりヒーローにして欲しくないというのも
ある。多分、本人はそれを望んでいるとも思えないかな〜と

今日も抜かりなくぼちぼちとなのである。いやわりとまじに年末という
感じがしない。年賀状は今日からはじめようか・・・そうしよう
posted by クール at 05:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

「のどかですね〜」

 土日でおそらくかなりの時間寝たのである。いい休日
であった。もともとねたろーなのである。ましてや、もの
ぐさなのでほんとにありがたい。

昨晩、大河ドラマをみたのだが来週で最終回みたいなの
である。

今年の題材はオリンピックであった。五輪の「ご」にちなんで
ご「円」それから「楽」ごが添えられていたが、落語の演目の
中でも「富久」が1年通してドラマの軸になっていた。

ここで富久の話なのだが、今年はじめ気になり調べたのである。

男芸者であった久蔵さん、酒が原因でしくじりほされる羽目に
そうしているときにお世話になっていたところから火事という
ことで、火消しの助っ人になるために走る走る。

で見事役目をおえ、久蔵さんはまたそこでご厄介することが
できるようになるのだが・・・今度は自分が住んでる長屋が
もえてしまう羽目に

神棚に隠しもっていた「宝くじ」の「松のひゃくとーばん」
見事当選していたのだが・・・火事で・・・

とび職をしている友人がなんとか神棚をもちだしておいたくれた
おかげで見事当選して、借金の支払いとおはらいがこれでできる
ということで人の役にたてることをすれば「お天道様」もちゃん
とみてほどこしてくれるというちょっといい話なのである。

最終回のお題が「時間よ止まれ」

うーん・・・いろいろ微妙な感じするな〜

今週はすこし寒さも和らぐみたいなので抜かりなくぼちぼちと
やっていこう

宝くじかわなきゃあたらないんだよな〜
posted by クール at 08:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

さざんかの花が綺麗に赤白咲いている


 「自分は、祖父のことまったく知らないんですよ」

今日は大東和戦争はじまりの日。真珠湾攻撃を日本がした
日なのである。この後、日本は戦火に突き進むことになる。

母を書く上で、「戦争」の二文字は決してさけて通れない
のかなと

 「娘と妻のために、生きてかえることが大事なんです」

おそらく祖父もそういう思いはあっただろうと思う。映画と
違い、海軍でも空軍でもなく陸軍。部隊の名前も葉書きには
記されているが、これが数字のもつ神秘性かと思う。部隊の
数字で使われているのは、ゼロとイチとナナのみなのである。

もう何年前になるのか祖父の遺影はなくなってるのだが、その
かわりに今は同じ位置にオードリーヘップバーンのイラストが
かけられている。

おとといになるのか、アフガンで命を落とした中村さんの
話をお客様と話して、あるわかったことがあった。

「アフガンの反政府軍にとっては、いや現地の人にとって
よそから来た中村さんは招かざる人だったのかもよ?とにかく
ひどいことにはかわらないけどね・・・」

どこにでもあることだとすぐ理解できたのである。砂漠を緑に
かえ、しかも医師なので多くの怪我や命を救った中村さんが厄介
者になる立場の人々もいるということなのである。

日本では・・・やめとくか、なんとかケンエキ?という言葉も
あるにはあるな〜

日本が戦争に突き進んだ理由、いろいろあると思うけどアジア
の平和のためもあっただろう。でもほんとの核心の部分って
既得権益をもった上層部の意地の張り合い?そういう部分を
流したドキュメントも今年NHKで流されていた。

今年はやいものでさざんかの花にメジロくんがやってきてくれた。
さざんかは冬の華。冬に花を咲かせるのである。

つくづく繰り返してはいけない悲劇だと思うのだが、戦いも自分
は否定はしないのだ

今日はゆっくり休もう

posted by クール at 07:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

アナと雪の女王2

 まぁ基本最後の一日まで駆けることは駆けるのだが、だいたい
2週目すぎたあたりで不動産屋は手仕舞いのところが多いと
思うのである。特に賃貸案件はこの時期は気をつけるにこした
ことはない。

今している案件が最後になり、見込みもぼちぼちできたので
よしとしようかと思っている。そろそろ年賀状をすこしづつ
していこうかと考える。

今、映画で「アナと雪の女王2」がやっているみたいだが、
前作にもまして観客が多いとか。

自分のスマホの画面は、半永久的にエルサはかわらないと思う
のである。

魔法を使えるというのは、やはりいいな〜と思う。

自分もまれ?に突拍子もないこといって周囲を氷つかせることも
あることにはあるな・・・

昨日、あることで自分は納得のいくとこまで動いたことがあった。

「あの時、ああしていれば・・・」という思いを残したくなかった
のである。今朝は幾分すっきりしている。

今月のブログはばなから前半と後半でガラッと空気をかえるつもり
だった。陰極まれば陽なのである。

落ち込むときはとことん落ち込めばいい。沈むときはとことん沈めば
いい。そうしてこそ浮かぶ瀬があるというもの。逆に上に上るときは
上ればいいのかなと

下手にごまかしても反動がこない。そういうものだろうと思う。

しかし、今年は途中にアクセントがあったせいかどうも年末という
感覚がうすいのである。まだ10月あたりの感じはあることはある。

今日も抜かりなくぼちぼちとなのである。来週はすこし寒波も和らぐ
みたいなのである。昨日、整体いったのだけど身体のケアだけは
怠らずなのかと。一番の資本なんだからと思う。
posted by クール at 06:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

神風特別攻撃隊

 おとなりの大分県宇佐市の平和資料館には、実際に
映画で使われた零式「隼」、中島株式会社がつくった
零戦が展示されている。

おとといになるのか、アフガニスタンの治水事業それに
平和に尽力した中村哲さんが銃弾にたおれたのである。

なんのために?わけがまったくわからない

昨日の夕方、友人に毎月定例会しているメンバーからの
お見舞い金をとどけた。

言葉にならない。

なんのために、先の大戦で英霊たちは命をおとしたのか

「どんな国になっているでしょうね・・・」

今関東周辺で群発地震?みたいなのがおこっている。

まじめに、八百万の神々相当お怒りモードなんだろうと

神風特別攻撃隊、通称特攻

まずは個々の立ち振る舞いからなんだろうと思うが、まずは
自分からなのかなと

なんのために?

今日も抜かりなくぼちぼちとやっていこう

ゴールが明確なもの以外にあまり興味がなくなっているのも
最近の傾向だな〜
posted by クール at 08:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

一枚の葉書き

 昨日、今年の宅建試験の合格発表があった。試験翌日・・・
前回と一緒かと半ば自分の力不足を感じていたのだが、
キセキはおきてくれたのかなと

上書き保存できたみたいなのである。

たかが一人、されど一人なのである。3人の合格者。
がくっと力が抜けたのである。かなり安堵したのか

知人からも電話がはいった。合格したみたいなのである。

合格者の一人は、もうすでにおとなりの日向市で業務に携わって
いるみたいなのである。いずれ会う機会もでてくると思う。

今、目の前に昭和19年9月1日消印の一枚の葉書きが目の
前にある。

内容はかかないが、このたった一枚の葉書きが人をつなぐ絆
なのかと思うとなにかやりきれない思いもある。

昨日、合格者には合格通知が届いたと思う。たった一枚の
通知書、そこには多くのものがあると思うと

たかが一枚の通知書、されどなのかと

1銭の切手が3枚で3銭、絵葉書になっている。過去からの送り
もの。いろいろな出会いには必ず意味があるのだと感じる。

さて今日も抜かりなくぼちぼちとなのである。寒さのせいと身体
の緊張がとけたのか、明日整体にいくのだが、けっこう・・・
こちらもがくっときてるかなと

とにかく前に進もう
posted by クール at 05:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

サザンオールスターズ「蛍」

 昨日、大きな峠をこえた案件があった。あしかけ
5年ほど時間を費やしただろうか

案件自体は1年ほどであったのだが、いろいろな登場
人物等々をかんがえると5年ほどの時間はたっていたと
思う。

終わればほんとに風がとおりすぎただけなのだが、一歩
づつ歩いた足跡はしっかり残ったと思う。

終わりの始まりをやっとむかえることができたのかなと

今日は宅建試験の合格日でもある。

今年4カ月ほどの成果が今日わかるのである。

いいことわるいこと、いったことやったこと全て自分に
はねかえってくる。ただそれだけのことなのである。

営業もやった分だけ。

さて新たな案件に今日からとりかかるとしようか。波が
とぎれることないように

今日も抜かりなくぼちぼちとなのである。

サザンオールスターズの蛍なかなかよい
posted by クール at 09:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

「命を守る大切さを、私は貴女から教わったんです」

 昨日のことなのだが、午後2時を過ぎたあたりだろうか
多分寒さと低気圧通過のあとの気圧の関係か、激しい頭痛に
みまわれたので無理しないことにしたのである。

先週になるのか、足の付け根もすこし筋いためたのだろうか
少々いたい。

最近は極力無理はしないように心がけている。

今日は午前と午後で大事な話が用意されている。とりわけ午後
は来年以降の布石となればの思いもある。

何事もそうなのだろうが、創造なきものは置いていかれるのは
この世の常なのかと。時代はどんどん変化していくのだから

先週になるのか女子のプロゴルフをみて若い世代の台頭。

あの若い世代の感覚はほんとに見習いたいのである。

昨晩・・・起きたのが3度。時間がものすごい長く感じた。たまに
ある感覚。

そろそろ年賀状もはじめないとな〜

今日も抜かりなくぼちぼちとなのである。

しかし、ほんとに寒すぎる。冬はやっぱおこたにあったかいお風呂
に限るのである。
posted by クール at 06:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

すべては零(ゼロ)からはじまる

 ちょうど2年前になるだろうか、決済の日が仕事はじめの
年があった。若い夫婦の新居をたてるための土地の契約の
決済の日。

その決済の日、自分は「何日に産まれましたか?」と聞いた
のを覚えている。奥方の方が身重だったのである。

「先月の2日に産まれました。」

「おめでとうございます。」

多分、こういう会話を交わしたのが記憶にある。

今日は、そのこの誕生日なのである。もう3歳になるのかと

不動産屋はお客様の誕生日を聞くのは、もはや業務の一環なの
である。固定資産税、それも名寄せを役所にいってとるときに
必要になるからなのである。固定資産評価証明書をとり、もし
売主なら価格を決めるのに必要になるからなのである。

しかし・・・

「なんで当たらないんだ?」

「マジッククールか!?ふざけやがって・・・」

「やつはこっちの仕組みがわかってるのか?そんな訳ある
はずない。こっちに向かってるぞ・・・ぶつかるつもりだ。」

さて、いよいよ最後の一人なのである。

最近は特に

「あ、このはがきだしてきて!」「買い物いってきて!」

買い物かってくると

「料理して!」

「命令ばっかすんな!、命令するのがそんなに好きなのか?」

これは、タカおばば以上になるなとの予感がある。

「じゅんさーん!ちょいと・・・」

話をもどし、自分はよくこの2日生まれの人に遭遇する。
お客様ではまだいない?いや赤ちゃんが2日だったな

1月、4月、5月、6月、7月、そして12月はいる。

2月、3月、8月、9月、10月、11月はまだ出会って
いない。これから出会えるだろうか。それはひとつ楽しみ
がある。

今年の有馬記念。そして仕事もできうる限り、悔いの残らぬ
ようなのである。

今日も抜かりなくぼちぼちとやっていこう
posted by クール at 07:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

これからが本当の夢芝居や!よ!成田屋っ!なチャンピオンカップ


 「ねーさんずるいよー!」

 「どうした!?磯野ぉ〜」

 「中島ー!!!!!!!」

アニメのチャンピオンをポケら〜顔でみてるクールくん。
そんな日曜日の夕方をタマにすごすのである。

今日はできれば・・・そういうポケら〜顔で過ごしたく
ないので、全力予想して、しかもあててホクホクな師走に
したいのである。

とここで宮崎の宣伝なのだが、シーガイヤの近く、宮崎の
人は免許センターというとだいたいの場所はわかるのであるが
最近、シーガイヤに宿泊する人の隠れ家的スポットとして
注目してる通りがある。

有名な女子プロも住んでるといわれている。

阿波岐原(あわきがはら)というところなのである。一ッ葉
有料道路からもいくことができる。

その通りに昼間のランチから優雅にピアノを聴きながら食事?
と噂されてるところもある。

「MUSIC」ご当地に「無鹿」というところがある。そのお店を
してる方は、その無鹿出身というのを聞いたことがある。

音楽の街、大友宗麟はここに桃源郷、理想郷をつくる予定で
あったのである。でもかなりひどいこともしたのである。

もうそろそろ許してあげてくださいの時代にきたと思う。

けいこさんだけでなくひろこさんにも大変お世話になっている
クールくん。まだまだ夢芝居それに夢の途中・・・なのである。

チャンピオン、いい響きなのである。

今日のチャンピオンカップ。選んだ馬は・・・サザエさんちは
波平に船に・・・7人いるな〜というこでワンダーリーデル。
いやタマをいれればでウェスタールンド。騎手・・・幸(みゆき)
でヴェンジェンス。時をこえる者の意味をもつタイムフライヤー

そしてやっぱり「金の夢」ゴールドドリームをピックアップ

さてさて結果はいかに

買うのはボックスだな〜買うときは・・・箱買いしないと
おこられますよ?

というわけで

契約・決済いつになっても初舞台なクールくん。師走も全力で
抜かりなく仕事していこう。ハリウッドデビューも近い?


今日はゆっくり休もう

本格的に寒くなってきたな〜
posted by クール at 08:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする