2019年11月14日

たいがいのことは知恵と工夫、それと清正の精神で乗り切れる


「どんなお客様でも6秒あれば見抜けるんやろ?」

今年のことだが、男性のための夢の国、ディズニーランドみたい
なところでとある方にインタビュー。

一日に新規のお客様約10人として、年間常連客あわせて数千人
との会話をする。

それを継続させていく。否応なく人、それも男性を見抜く感覚が
研ぎ澄まされていく。

自分たち営業マン、それも不動産屋、最近は新しい出会いがすこし
おっくうになるけど、新しい出会いを恐れていては人を見抜く感覚が
錆びれていく。そしていつのまにか、我に固執しはじめ、いきつく
ところは傲慢。最近、新規はかなりへったけど、それでも年間約
数百の出会いはある。名刺が来月つくれば、3回目になるのか
ということは、新しい出会いが200はもうあったのかと

常にフラット、平常心でいるところの重要性。

まぁ人というのは変化していくものなので、このあたりも柔軟に対応。

で今日のタイトルなのである。たいがいのことは「だいたい大丈夫」
なのだが・・・おとなりの清正公、人食いトラをも恐れぬ荒ぶる武者。
営業マンはやはり「荒ぶる精神、特攻精神」だけは錆びつかないように
なのかと。でも、避けてとおるべきところはきっちりと。でもいつかは
ぶちあたるんだな〜ここでびびったら大概アウト、清正のように・・・

見事トラ退治。だれもが知る伝説、いやレジェンドストーリーなの
である。

今週もG1はあるのだが、だれが困窮するチャンピオンなんかなるものか
という意味ではないが、よみようによってはそうなる「マイル・チャンピオン
シップ」魔が入る・・・これもいやだ。というわけで今週はスルーするの
である。

「おれの許可なく、営業先を開拓するな!」・・・うーん、空耳か?
クールくんからの天の声なのか?

今日も抜かりなくぼちぼちと
posted by クール at 05:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする