2019年10月19日

いやいや、やっぱり滝沢といえば・・・先生だろ


 「これから、勝つために、おれはおまえたちをこれから殴る!
殴られた痛みなど3日で消える。今日の悔しさは絶対忘れるなお!」

「〇〇〇〇、歯をくいしばれ!がんばれよ!ビシッ!!!!」

「〇〇〇!」「見ろ先生の涙に濡れたげんこつを}

あきこねーちゃんはいつの時代も壁から半分だけ顔出して泣いている
のが定番みたいなのである。

「〇〇〇 しっかりやれよ!ビシッ!!!!」

「〇〇〇 頼むぞ!ビシッ!!!!」

滝沢とえいば、最後はやっぱり先生だろ。この時代にやっぱり必要
とおもわせることが神戸でおきているのである。

事実が発覚してようやく謝罪。これ発覚しなかったら常態化してたと
いうのか。いやしくも、子供たちを教育し、しかも税金でご飯をたべて
いる人たちの所業とはおもえないのである。これだけど、氷山の一角
なんだろうと思う。

どうせやるなら・・・強いもの相手だよな〜日本人ならね

動物の論理だろ、やってることが。いや動物以下の所業なんじゃない
かと。いったいどこにゴールがあるというのか、まさに負の連鎖なの
である。そういうことがなくなるために、やはり滝沢先生の出番なん
じゃないかと考えた。今年の菊花賞にリンクさせるもの。

主役をやっていたのは・・・山下・・・神事なのである。琴恵光が
神事に華をそえてくれるはずである。いや神事には力士はかかせ
ないしな。

明日は、菊花賞そして宅地建物取引士の試験日なのである。

試験をうけるかたのご健闘をお祈りいたします。悔いなくやって
欲しいかな〜知り合い含め、けっこう今年はまわりに受ける人が
多いのである。

午前中は草刈りなのである。抜かりなくやっていこう
posted by クール at 07:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする