2019年10月31日

日本のハロウィンは「おおかむずみ」をもって迎えよう!〜エリ女発走までカウントアップ3〜

 昨日もぼちぼちとリハビリかねて営業をしたのである。
月末営業。集金かねて、顔出すところには顔をだす。

今日もいささかそういう日になると思う。

今日はハロウィン!100円ショップにいきグッズをみて
いた。やはりかぼちゃのおばけはなんとなくかわいい。

と、これだけじゃ多分あきてくるよな〜と

日本のイザナギ・イザナミ伝説には黄泉の国にいったイザナギが
かつて美しかったイザナミが得体のしれない怪物になって、その
怪物から逃げる時に、使ったとされる「おおかむずみ」いわゆる
「もも」をもってイザナミをふりはらったという話がある。

「桃」を3つ投げたそうなのである。

日本よりはおとなり中国でも、この桃は毒消しなど、大変重宝され
ている果物なのである。桃園の誓いという言葉もある。

日本では、桃太郎に・・・桃太郎電鉄・・・バーミヤン、うん?
まっいっか〜

とにかく今日はハロウィンなのである。で明日は神様たちが戻って
くる日なのである。

クールくんのもう5回忌になるのかと思うとほんとにときのやつのが
ほんとにはやいな〜と。クールくん生きてれば明日が成人になる日だっ
たのかなと。いや来年か

というわけで、ピンクの桃を3つもって悪魔くんきたら投げつけて追い
払う。日本的にはこれだろ・・・特に、いやいうまい。

今日も抜かりなくぼちぼちと月末営業をやっていこう
posted by クール at 07:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

宮崎シーガイアにまつわる話〜エリ女発走までカウントアップ2〜

 昨日もアポ取りをひとつ忘れただけで、すこしづつ
カンをとりもどしていくのかなと

不動産屋は月末なので、集金などの業務に追われること
が多々あるのである。

明日はハロウィン

かぼちゃのお化けがくる日なのだが・・・ジャックオー
ランタンをかざれば、悪魔くんもこの家にはもうきたのか
といってかえっていくというしろもの。日本の破魔矢に
似てなくもない。

お化けというより・・・これはなんていっていいのか
わからないが、宮崎シーガイアは松の木、防風林、防砂林
を1000本ぶったぎってつくった施設といわれていた。
第三セクターであったのだが、それにかかわった会社は
一代で築き上げた城を明け渡す憂き目にあっている。
一説には「まつののろい」とも呼ばれているとか。
当時の県知事の名を皮肉っているという感じにもとらえる
ことができる。

シーガイアでのその出来事に、こけらおとしに立ち会った
イギリスの歌手、スティングはこれに異議をとなえCM鋼板
となるのである。

今年のエリザベス女王杯の個人的なテーマソング

スティングの「イングリッシュマン イン ニューヨーク」
それにリックアストリーの「ネバーゴナ ギブアップ」

グレタさんから〜のなのである。

先日も某所で・・・「ぶっ〇〇〇ぞ、てめぇー」とかなり怖い
セリフをきいたのだが、これは発信元が女性というのは少々
グレタさんよりよっぽどグレテルな〜と感じたのである。

いやグレタはそういうことではにのでトューンベリーにしと
こう、これから

今日も抜かりなくぼちぼちと月末営業をやっていこう

トューンベリーさんが宮崎シーガイアができた当初いきてたら、
環境破壊といって世界中に発信していたのだろう。と思う。
posted by クール at 05:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

トランプ大統領にメンチきった16歳の女の子〜エリ女発走までカウントアップスタート〜

 今年のニュースの中で、けっこう印象にのこっている女性
まだ女の子という言葉があいそうなこ。

グレタさん、スウェーデン人でしかもまだ16歳。

世界の大舞台でこういう女性がでてくるのは、もはや必定なの
かと。前回、不戦の演説をしたのはマララさん17歳。

もはや時代がかわってるんだろうと思う。

グレタさんはとある病気といわれてるが、今や「スーパーパワー」
とよぶことにしているらしい。

詳しく知りたい人は、ウィキペディアまでクリッククリックの
ダブルクリック

地球温暖化にひとこともの申した女の子なのである。

本来の不動産屋にもどってはや10日ああまりすぎたのであるが
まだなんとなく違和感あり、あごであきないをする人が・・・

「あの〜・・・」じゃすこしまずいのでリハビリかねてお客様
まわりをしている。

とにかく話すことに頭にいれて動いている。で、これまた「学ぶ」
ときも慣れるまで3カ月かかっているのだが、どうやら感覚もどる
まで3カ月はかかりそうな気もする。

今いちしっくりこないところが多々あり、ちょうど分岐点と重なり
の日々を過ごしているのである。

「もっーと走れ!」だけど、いきなり全力フルパワーは少々きつい
かなと。昨晩も散歩したのだが、当面これでいいのかと。

なにはともわれまずは「身体」なのである。

というわけで地球温暖化はかなりゆゆしき問題なので、グレタさん
には頑張って欲しいところではある。

日々の生活におわれるクールくんと違い世界にはスケールがでかい
女の子もいるもんだとニュースみて思ったものだ

今日も抜かりなくぼちぼちと。ぼちぼちといってるからといって
死んでないですから。バスターズは自分には無用なのかと。

うん?クールくん・・・まっいっか〜
posted by クール at 05:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

令和初の秋の天皇賞後記〜カウントアップゼロ「ゴーストバスターズ」〜

 今日は早起きなのである。まったくもってくいはないが・・・
あまりに主観的すぎたかな〜と反省。

しかし、秋のG1シリーズ。秋の天皇賞だけでも仕事・プライ
ベート込みでこんなにぐったりくるとは、おそるべしなので
ある。

もうお気づきだとは思うが、今年のG1シリーズ、自分の
ブログは、ここ10年の間にインパクトのあった人、お世話に
なった人、それに親族の女性をイメージしてかいていたので
ある。春は、かなりライト感覚だったけど、秋はそれなりに
ヘビー級だな〜と。

これから1週おいて、「エリ」ザべス女王杯、そこから2週
おいてジャパンカップ、連荘でチャンピオンカップそこから
3週おいてラスト有馬記念なのだが・・・ぐったりいかない
ように、悪霊及び邪気退散をしとかないとやばーいかなと
考える。明治安田清明にしなきゃいけない展開もなきにしも
あらずなのかと。

まじに清明降臨してくれないかと願う。

しかしタカおばばはほんとに全力降臨したような、ここ何日
かの出来事なのである。まさにおそるべしパワーなのであった。

すぎれば何事も一陣の風がとおりすぎていくだけなのだが
ほんとに10年前と違う展開でいきたい願望がかなりあると
いうか、そういう流れになっていくのだろう。来年もし無事に
今の状態でいれたら5月以降にかなりの変化があるだろう

ウォーズのあとにくるのは、ピース!と相場は決まっているの
である。

大事なのは、今だけかと、そのために今日も一歩づつ、ぼちぼち
とまずは「ゴーストバスターズ」していかないとな〜自分の中に
ある、でも全部はしなくていいと以前に教わったこともある。

令和初の秋の天皇賞はかなりな激闘乱舞だったな〜

今日から、抜かりなくぼちぼちとやっていこう
posted by クール at 05:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

流星の絆そしてBeautifulDaysな秋の天皇賞ラストカウントダウン1


今年の秋の天皇賞はあ・く・まで個人的主観的にたどりついた
ところ

♪空に輝くよ キラリ 星がじわり「にじ」んでいくよ
哀しいほど綺麗だね

話をきいて欲しいことあれもこれもあるけれど
握りしめて 抱きしめて しわくちゃのまま

星に願うと いつか「叶」うというけれど
夢の中でしか 僕らは永遠(「とわ」)にもうあえない

空に輝くよ きらり 星がじわり 「にじ」んでいくよ
帰り道ナミダがとまらない 僕はずっと

空に思い出がぽろり 涙ほろり こぼれていくよ
哀しいほど綺麗だね

楽しくても苦しくても
もう僕らはあえない どんなに願ってても

空に向かって歌うよ そう歌うよ
声のかぎり

不思議だねひとりじゃないんだ 僕はずっと

いつまでも忘れないよ 忘れないよ 君といつか

空に描いた未来

それはBeautifulDays


「サ」ー「ト」ュールナー「リア」そしてアーモンド「アイ」
3連複は芦毛のア「エロ」リットであり、ア「エ」ロ「リ」ット

主演「二」宮「和」也さんの主演ドラマ「流星の絆」が
今年の自分の秋の天皇賞なのである。あくまで個人的なもの。

黒のドラゴンフライが身代わりになってくれたのである。見事昇天
するかどうかは・・・未来だけが答えなのである。

そして赤枠ア「エ」ロ「リ」ット、ユーキャン「スマイル」
の馬連ワイドを添えて

今年で流星三部作 完結かと 令和元年だけに

「やっと晴れてくれたね!」今日の日曜日、明日もあさっても
快晴だろう、きっと夜空には流星そして天の川にいっぱいあげたな〜
いろんなもの

今日で2400投稿目 残り600 さー今日はゆっくりやすもう

三千の絵を描くのはなかなか大変なりね〜

はぁ〜しぬかと思った・・・いやまてよ・・・つ・づ・く

本編は「カサブランカ・カム・・・」まだはやいか

もう一度明日へトライしていくのだな

今日光の華がさくといいのであるが

posted by クール at 10:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっーと走れ!クール!人間失格の映画より〜秋の天皇賞カウントダウン2〜


 つい先日のことなのだが・・・とある通りの女将に
カラミ酒

「やだね〜不動産屋がこわれちゃいけないものなんか
もっちゃいけないんだよ!」(え!?もしやおれにいってる?)

さらに追い打ちをかけるクールくん
「来月パーティーあるんでしょ?おれ、いかない」

底意地のわるさはタカおばばゆずり

でもそれだけじゃない感覚も
相手に自分の姿をみたクールくん・・・この人も犬がついてる?
もしかして・・・

「クール走ってるか?(自転車で)もっーと走れよ、クール(自転車で)」
(やっぱりおれにいってる・・・この感覚、もしや茂さんがいってたドッペル
ゲンガーなのか)

女将も負けじと反論

「たかが、天ぷら営業しかできないくせに!責任感はない
そして真心もない!あげくびんたもわるい!」

かちーん(#^ω^)変身!

「おそるべき地獄の番犬ケルベロスになった気分だよ!」(目いっちゃって
ますけど)

そうこうひと悶着?のあと記憶もなく・・・爆睡。

どこからともなく聞こえてくる声

「あなたはもっとすごい営業ができる!」(やることさっさとやって
くたばれよ)以下エンドレス

「もう一度いうわ、やることやってさっさとくたばりなさいよ」

夢から覚めていくすべての愛しい人たちへ送る今年の秋の天皇賞

昨晩も着物着た・・・「おれ生きてるんだよな・・・まだ」

今年の秋の天皇賞にみつかたもの

今日も勝っても負けても星空をみてみよう。顔をあげて歩くこと

昨日と違う感覚の朝を今迎えている

「もっーと走れよクール」そういわれてる気分の朝でもある。
まだまだ前座なのかな〜

ルイ・ヴィトンかえるくらい頑張る?空に絵をかけばいいんだよ
多分

そして・・・ラストへ



posted by クール at 07:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

サマーウォーズ10UP DATE 明治安田生命のCMより秋の天皇賞カウントダウン3


 拝啓、タカおばば様

「わたしは、私のやさしさといじわるを、がんばる」

タカおばばは自分にほんとのやさしさといじわるをおしえて
くれました。

どんなときでもみんなのことおもって励まして支え続ける。

タカおばばのやさしさといじわるは、時にはげしい、時に
厳しい、そして時に熱い。

でも、それがタカおばばのやさしといじわるなんだと思う。

わたしのやさしさといじわるはどんなのだろう
(タカおばばの血が入っている以上・・・そういう血なんだろう)

クールくんならできる!熱い夏をすずしくするために戦うこと。

わたしは、わたしのやさしさといじわるを、がんばる

というわけで・・・昨日ぼちぼちと営業&最後の運動までノルマ
完了だが、すごい不思議なことが2つほど起きたのである。かなり
ショックだったのだが、あの伝統工芸品のが背広の内ポケットに
ない・・・ガーン!でも、前回の分岐点のときもこういうことが
あった。そういうことなんだろう。

タカおばば全力降臨中か?そしてラストの電話・・・タカおばば〜

あの通りにいる人も、全力パワーフル回転のやさしさといじわるな
ものいいを昨日もしてたな〜

今日もぼちぼちと営業にいそしむのである。

今年の秋の天皇賞、まずひとつ天の川にのせてみようか、もう三途の
川は渡っていたみたいかな〜と思った。

でも、夕方にいいことあり。シルバーの財布ゲット。感謝なのである。

分岐点にはほんとにいろいろ起きるんだよな、まじに

サマークールウォーズの願掛けは・・・それはまたあとのお楽しみ。

見事反転できるといいのであるが

抜かりなくぼちぼちとやっていこう

傳谷英里香さんのポニーテールは、スーツとあわさって良すぎるな

やっぱ明るいのがいいよな〜








posted by クール at 05:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

3人のエリカ様、そして秋の天皇賞枠順確定

 今日はアポ取り及びお客様の顔出しの日にしようと思う。
おとといになるのか、おとなりの日向市で大宰府出身の方に
久々に顔をだして、以前とかわらずだったので安心したので
ある。

今年、大宰府にはいきたかったけどなかなかタイミングあわず
令和時代に一度は足を運ばせたいところなのである。梅が枝餅
もだが、やはり「飛梅」はみておきたいのである。タイムトラ
べリングできる梅なんてそうそうみることもできないからなの
である。

3つながりで・・・おとといみた映画でも静子役ででていた
桃、いや沢尻エリカさんはじめ自分が知っている芸能人での
エリカさん、今朝ドラの「スカーレット」にでている戸田恵梨香
さん、そして今年の夏にあるCMみてインパクトがあった傳谷
英里香さん。生まれた順番でいくと、沢尻エリカさん、戸田恵梨香
さん、傳谷英里香さんとなるのである。

最年少の傳谷英里香さんは、まだまだこれからの役者さんかなと
思うけど、なかなかのインパクトはあったのである。

そして今年の秋の天皇賞でも3頭の牝馬の登録があったのだが、
どこを探しても・・・「スカーレット」の名前を見つけることは
できなかった。こりゃほんとに「風と共に去りぬ」のスカーレット
オハラと一緒だと思った。まだまだ昇華するタイミングにあらず
かと。

登録されていた牝馬を年齢・生まれた順番をつけると、ア「エ」ロ
「リ」ットが長女、「スカーレット」カラーが次女、そして
昨年の三冠牝馬アーモンド「アイ」が三女になるのである。

だいたい自分のあ・く・まで主観的な今年の秋の天皇賞のイメージ
は固まったのである。

タカおばばから〜の人間失格の3人の女性から〜の3人のエリカ様
から〜の・・・途中たるいけど、ラストに目まぐるしく展開させる
東野圭吾さんの小説・ドラマみたいな展開そして、やはり最後は
綺麗にハッピーエンド、すこし哀しいけど綺麗にまとめたい、いや
そういう風になればの希望をこめてと。

さっきコンビニから帰ってきたのだが、東の空には綺麗な三日月
まるで聖杯のようで綺麗でした。いつかみた三日月は、近くには
ビーナスいたんだけど・・・まだ見ぬ人なのか、そういうのも
わるくない。

今日も抜かりなく、仕事も大事、遊びも大事、お金も大事、いろ
いろ大事だけど、何年かおきにくる分岐点にいそうな気もする
今年の神無月なのである。この分岐点こそ、人生の醍醐味なの
かも、ほんとこれがもしかして一番大事なのかな・・・答えは
ハートが教えてくれる、直感だけはここ何日か大事にしてことに
あたっていこう。

抜かりなくぼちぼちと。
posted by クール at 06:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

太宰治と3人の女性、クールくんと3人の女性?そして秋の天皇賞での3頭の牝馬

昨晩、ある映画をみた。『人間失格』恥の多い人生でありました。うーん、思いあたることが多々あるのである。
監督は蜷川実花さん。とても綺麗な映像だった。蜷川さんの文字通りに花を大事にしていた。

これから?あれから?今思いだせないが、森田芳光監督で松田優作さん主演映画の感じを思い出したのである。

正直みてよかったが、男性よりは女性が見るべき映画かなと。R15だったけど、そこまでエグくもなく、静子さん役の沢尻エリカさんはすごい女優になってきてるなと感じたのである。

やっぱり男性にとって、いやいうまい。言葉にすると安くなりそうなのである。

アゲハがこういう風に成長したのかと思うとまたこれも一興かと

しかしねー全部ぶっ壊す。破滅志向というか、すごい家柄でしかも学歴のある太宰さんの生き様はやはり出生地にも起因してるよなとおもったところもある。

昨晩、夢に静子さんがてできた?夢か現か、いや夢まぼろしなのか

パラレルワールド、平行宇宙という言葉がある。そういう風な感じの秋の天皇賞であればいいと思うが、タカおばばは見事渡りきるだろうか?もういい加減に閻魔大王との喧嘩もほどほどにというところがあるような感じもある。

昨日の映画は3人の女性がメイン、今週の秋の天皇賞も3頭の牝馬がかなりなアクセントになりそうな感じかある。期待こみで

その前に仕事だけは、抜かりなく
ぼちぼちとなのである。ぼちぼちとぼちぼち、最近はバスターズして納骨堂が多くなっているがやはりお墓のほうが重みはある感じはあるにはある。

ほんとに面白い映画でした。高良健吾さん?の三島はとてもよかった。都会育ちの三島さんと太宰さんのズレほんとにこれなんだよなーとおもったのである。

とにかく一見の価値のある映画でした。感謝なのである。
posted by クール at 07:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

夜の三歩道

 先月あたりだろうか、気づきたときに散歩をはじめる
ようになった。いっている整体の先生に背筋きたえないと
だめですね〜ということから、まずは有酸素運動の散歩
かなと思った。

昨晩もしたのだが、すこしいい光景ででくわした。背の高い
青年が母親かおばぁちゃんと一緒に散歩していたのである。
「みすぼらしい身なりしやがって」と青年。言葉はかなり
きたないけど、いやな印象の声のトーンではなかった。

その青年、母親かおばぁちゃんを気遣ってか振り向きながら
ゆっくり合わせて歩いているのである。転ばぬ先の杖では
ないが、そういう感じだったのである。その母親かおばぁ
ちゃんも「もう年だし、暗くて身なりなんかわからないよ」
とすこし笑いながら反論していた感じだった。帽子もかぶって
いたのである。

「ふーん」こういうのもわるくないよな〜と思った。

それから小一時間ほど歩いたのだが、4カ月お世話になった
ところは昨日は休日だったのだろう。まだそこを離れて一週間
もたってないけど、なんとなくものすごい過去のような出来事
になっているのである。

なにもなかった?ような感じというのかほぼ10年ぶりに
どっぷり。一陣の風がとおったにすぎないよなと最後には
思った。

今日はすこしご当地を離れる。いい気分転換もかねている。

ほんとは、かなりの期間はなれていたい願望も相当にあるには
ある。

あるものをみようとおもうのだが、これもかなり楽しみなの
である。

昨日、即位式があった。本格的に令和がはじまった気がする。

いろいろと整理していい年末を迎えたいとおもうのである。

抜かりなくやっていこう!街の三策もかねているのである。
posted by クール at 04:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

即位礼正殿の儀

 今日は、即位式になるのである。外国からもかなりの
人がきている。かなりな厳戒態勢なのである。

で、今週は秋の天皇賞。

パレードは、来月のエリザベス女王杯の日に台風19号
の関係から変更されたのである。

一国民としては・・・奉仕の精神をもって一日すごせれば
と思う。

そのために、やはり邪気退散ということで

レイパーカージュニアのあれかなと。令和だけに。

来年どうやら公開も予定されているらしい。明日とんぼ返り
なのだが、お客様の関連で宮崎市にいくことになった。

まずは一ッ葉有料には入ろう。あと、2時間ほどつかって
あるものをみようと考えた。

木曜日で終わりだからぜひみておこうかと

なんとなく本格的に令和がはじまる、そういう気がする。

今日は官庁はじめ役所関係や大手企業は休日になるのか?
しもじもはあくせく勤労にいそしむのみかと

抜かりなくやっていこう!
posted by クール at 05:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

はじまりはいつも涙?雨?〜誰もが傷だらけのヒーロー〜

 とても熱い4カ月を過ごしたんだと昨晩感じた。しかし
あそこまで問題難しくさせる必要があるのかと・・・

まぁしかし国家試験だから、そうそう楽はさせてくれない
よな〜どの項目も宅建レベルではない問題をひとつはいれて
きたなと想定内っちゃ〜想定内

結果はまだわからないけど、前回と同じような感じもなきに
しもなのである。

今ネット、WEB時代で、これをうまく活用していくのもあり
だと、特に「宅建みやざき」は推奨していた。

そうこうしているまに、今年もあと残りわずかなのである。
とにかく前に進むしかないかなと

気温もかなりな温度だな、この時間は

昨日おとといとかなり身体にきていたのだが、今朝はそんなに
つらくない。

ドヤ顔する・・・タカおばばが「この、くそまごが・・・」の
声が聞こえてきた朝なのでもある。

まだ渡っていないのだろうか、そこが問題なのですよ明智君。

今日から抜かりなくやっていこうと思う。

ドヤ顔する、くそ意地わるい人いるよな〜ある通りには、まさかな〜

しかし、なにごともはじまりはいつの時代も雨と相場は決まっている
らしい。
posted by クール at 05:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

クール☆ウォーズで迎える宅地建物取引士試験&菊花賞


この物語は、ある学院に10年前にいったところからはじまるので
あるが・・・・

そして今年宅地建物取引士の試験に合格させるという闘いに
挑んだある一匹わんこと学院にいる事務及び営業の人たちの記録
そしてある通りで自転車にのりながら復興を夢見るある女将の記録
なのである。

そして今年、不動産業界において末端でしかも「一」地方の田舎の
仲介屋風情になった一匹わんこが、リベンジをはたすべくある学院に
乗り込み、「全」く不動産の知識がない人たちを宅地建物取引士に
なるため健全な魂をつちかい、わずか4カ月で合格するという「キセキ」
とある通りの復興に挑む自転車にのった女将の頑張り、その原動力
となった信頼と絆そしてAIを駆使してあますところなく文章にした
物語なのである。

昨晩、ラガーマンだった修ちゃんに電話をいれたのである。

「来週か再来週あたりにいこうと思うのですが・・・・あ、そろそろ
レイの物件いかがでしょうか?」

「なんか相続人が多いということで苦戦してるみたいよ、夏の物件
もまだてつかずのまま、となりはえらい安いこというよるわ〜」

「最近どうなん?」

「いや学校にいってまして、そうそうしゃちょー学生の
ときラグビーやってたけど、あの名門ラグビーのジャージ黒でしたよね?」

「あ〜あれは兄貴のほうで、僕は横須賀のチームにいてジャージの
色は赤だったよ、どしたん?それが」(修ちゃんは相模一高か?いや
相模一高は青に黒と白だったな)

(う〜ん明日の菊花賞も色買いだな、伏見工業の黒とオレンジ、それに
黒みどり、菊とえいば白黒も今年はかっておこう)

というわけで・・・・そろそろ4レースあたりか。お昼時だし、今日は
赤口で七赤金星ときたもんだ。

クールくんの闘いは当分続きそうだな〜は〜ぁたまにはバンビちゃんに
ジャパンカップあてて会いにいかなきゃな〜いや、そろそろ歯のお手入れ
もしなきゃ・・・・最近よく相談ごと聞いてくれるし

その前に、タカおばばと対決する秋の天皇賞に、命令が大好きな母親
筆頭に、いろいろな女王様にあなわきゃいけないと思うと体調管理
だけは抜かりなくやっておこう。昨日、整骨院にも電話したしな、名前は
「さくら」。

いずれも抜かりなくなのである。菊花賞あたんねーかな、まじに

「あの〜」

「なに?話はみじめかめにね!まったく酒ばっかりのんで」

つづく

あ、茂さん先日コーンありがとうございました!!!!
posted by クール at 12:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「全」国の滝沢先生にエールを送る菊花賞

今日は、宅地建物取引士の試験日なのである。そしてラグビー
では、南アフリカと闘うことになっている。

そして菊花賞の日なのである。

「佑(ひろ)き道を之(ゆき)、その拳に秘めた志をもち心は朗らかに
理に恵まれ、智にも恵まれ、それはやがて美しい樹を育て、そしてその樹
には雄々しいかつための枝をつけるでしょう、正しく幸せにいくために
更なる糸を織りなしていく、出会いに感謝します。『ベスト』を尽くすこと。
そう願っています。」

菊の舞台に桜が咲くのは・・・師走になるのか

相模「一」高に川浜はリベンジできたのでしょうか?それはWEBにて

今日はゆっくり休もう

菊花賞もゆっくり考えるか 淀の坂をこえるように
posted by クール at 08:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

いやいや、やっぱり滝沢といえば・・・先生だろ


 「これから、勝つために、おれはおまえたちをこれから殴る!
殴られた痛みなど3日で消える。今日の悔しさは絶対忘れるなお!」

「〇〇〇〇、歯をくいしばれ!がんばれよ!ビシッ!!!!」

「〇〇〇!」「見ろ先生の涙に濡れたげんこつを}

あきこねーちゃんはいつの時代も壁から半分だけ顔出して泣いている
のが定番みたいなのである。

「〇〇〇 しっかりやれよ!ビシッ!!!!」

「〇〇〇 頼むぞ!ビシッ!!!!」

滝沢とえいば、最後はやっぱり先生だろ。この時代にやっぱり必要
とおもわせることが神戸でおきているのである。

事実が発覚してようやく謝罪。これ発覚しなかったら常態化してたと
いうのか。いやしくも、子供たちを教育し、しかも税金でご飯をたべて
いる人たちの所業とはおもえないのである。これだけど、氷山の一角
なんだろうと思う。

どうせやるなら・・・強いもの相手だよな〜日本人ならね

動物の論理だろ、やってることが。いや動物以下の所業なんじゃない
かと。いったいどこにゴールがあるというのか、まさに負の連鎖なの
である。そういうことがなくなるために、やはり滝沢先生の出番なん
じゃないかと考えた。今年の菊花賞にリンクさせるもの。

主役をやっていたのは・・・山下・・・神事なのである。琴恵光が
神事に華をそえてくれるはずである。いや神事には力士はかかせ
ないしな。

明日は、菊花賞そして宅地建物取引士の試験日なのである。

試験をうけるかたのご健闘をお祈りいたします。悔いなくやって
欲しいかな〜知り合い含め、けっこう今年はまわりに受ける人が
多いのである。

午前中は草刈りなのである。抜かりなくやっていこう
posted by クール at 07:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

殴られた痛みは3日で消える

 4カ月の業務から一変。昨日から不動産屋として復帰したの
だが・・・これはぼちぼちかなと、いやぼちぼちとはいって
られない

と、その前に、来週再来週あたりで大分にいってこようと思う。

今週日曜日は、菊花賞それに宅地建物取引士の試験の日なのである。

「今までは・・・負けるのがあたりまえだと思って、笑って
ごまかしてたけど今は勝ちたいです!ちきしょー」

「悔しいと思うだけじゃだめだ!おまえらどうしたいんだ!?」

「勝ちたいです!」
とここであの名曲が流れるわけなのだが

「しかし、一高に勝つためには並みの努力じゃだめだ。死ぬほどの
勉強しないとだめだ、だれも助けてくれるわけじゃない。どんなに
苦しくても言い訳はきかないんだぞ!おまえらそれでも合格したいのか?」

「勝ちます!」

「よし!よくいった。おれが合格させてやる、レイになってでも」

というわけで・・・日曜日に試験会場にはいかないのだが、乗りうつって
でもとの思いもある。

山口先生の座右の銘

「信は力なり」

いい結びを迎えればと願っておこう。試験3日前なのである。

そして菊花賞・・・今年はあの騎手からいこうと今のところ考えている。

「〇〇〇は力なり」さてさてこちらも本番3日前なのである。
posted by クール at 08:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

{悔しいです!」(ザブングル風)

 「おい!おまえたち!!」

「おれがどうしておこってるのかまだわからないのか?
試験に合格しなかったからじゃない!どうでもいいという
おまえたちのココロがゆるせんのだ!」

「ちぇっ!いい加減にしてくんねーかなはぁ〜っあ」

 「まじめに聞け!」

「おまえらがやったことは裏切りだ!いいか!試験をうける
ために毎日早く起きてお弁当をつくってくれたおかあさん、汚れたパンツを
あらってくれた山〇〇くん、仕事を休んでまでも応援にかけてつけてくれた
人々、そういう人たちのココロをおまえらはふみにじったんだ。おれはそこの
こといってるんだ!」

昨日、昼間のある業務が終わった。終わったあととある事務所に
顔をだしたのだが・・・慰労をしてくれたのである。久々の25度焼酎。

「相良十代目」まじやばいうまさだったのである。

毎朝、この時間は用意でばたばたしていたのだが今日は違うのである。

「おれは他人をかえりみない優等生よりおまえらのほうが好きだ。
けど、10年前のおれは最低だ!今、目のまえにあることをひたむきに
やらないで短い人生いったい何ができるというんだ!」

「おまえらレイか?レイな人間なのか?何をやるのもいい加減にして一生
レイのままおわるのか?それでいいのか?それでもおまえたち生きてると
いうのか?悔しくないのか?」

「悔しいです!」(ザブングル風)

という感じには昨日はならかったのである。なんとなくかりを返した気分
だけは昨日は味わえたと自己満足。そして今週末に試合、いや試験がある
のである。今年一緒に「学んだ」同志には悔いなく1分1秒おわるまで
たたかって欲しいかな〜

今日から生活がガラッとかわる。昨日のことは・・・

「絶対わすれるなお!」

ぼちぼちとやっていこう・・・ぼちぼちも今日で終わろうと考えた。

いい結びを明日からだな、いや日曜日に



posted by クール at 07:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

涙に濡れたげんこつ


「そうだ おれはおまえたちに何をしてやってやったんだ
なにひとつしていない。このありまさ全部おれがわるいんだ。」

「ごくろうさん・・・おつかれさん」

「あ〜やっと終わったよ、やれやれ・・・まいったな〜かえろ
かえろ!」

この場面から、伝説のドラマの名シーンがはじまるのだが、

今日は昼間の業務の最終日

「後半、おまえは手を抜いた。相手に対して無礼だ!ビシッ!」
のほうだったかもと思うところもあり

でも、すこし思ったのが就職氷河期世代、ゆとり世代、さとり世代
と今いわれてるらしいが、今の時代にスポ根のこのドラマこそ今の
時代に必要とされてる気がする。

山口良治さん、元日本代表フランカーでわずか「7」年で京都の伏見工業
を高校ラグビー、花園で頂点にもっていった先生のドラマや本を一回
みるのがいい時代なんだろうと

落ちこぼれ軍団の「キセキ」今回は・・・まったく逆の場面、10年
前に山口先生のようなことしてれば・・・

でも今回があったからこそ10年前の反省もできたのかなと

「〇〇ちゃん、おじさん迎えにきているよ」

「え!?知らない・・・だれ!?私、かえります」え〜〜〜〜〜〜〜

というわけで

今日もぼちぼちと頑張っていこう!

しかし4カ月しびれたな〜明日から全力不動産屋だな、今年ラストまで
posted by クール at 05:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

伝説は相模一高VS川浜からはじまった

 ラグビーワールドカップ初のベスト8ということで昨日も
その試合がテレビで流れていた。

今から35年前に伝説のドラマがあり、また今年の9月から
WEBで映像がみれるという。

先週になるのか・・・先生が先生をいじめるというなんともはや
な報道が流れた。

今から35年前、1984年。「校内暴力」が社会問題であった
なかのドラマは爆発的ヒットをとばす。

今日いれて昼間の業務もラスト2

「同じ年、同じ背丈・・・頭の中身もそれほどかわらないだろ
それがどうして・・・おまえたちゼロでいいのか、ゼロじゃ
ないだろ」の名セリフではないが

ほぼゼロからはじめた熱い4カ月も明日で終わる。すこしさみしい
こともあるけど、前回のリベンジは自己満足ながらできたような
気もする。悔いなく最後までやろうかと

そして、今週そういうなか京都では菊花賞が開催される予定なのだが
懸垂は3回しなくていいのである。2度の淀の坂越え。

懸垂も2回だったしな・・・イソップくん

そのドラマほぼ実話なのだが、大八木、そして天国にいる平尾誠二
さんもでた高校なのである。ALL JAPANの活躍は平尾さん、そして
かつてのJAPAN監督宿沢さんもさぞ喜んでいるだろう。そして次戦
の南アフリカ戦は、なんと平尾誠二さんの命日らしい。これが、なん
ともなめぐりあわせなのである。ALL JAPANはその日だけ16人は
いるな・・・多分。1人はみえないかもだけど セイジか〜まだ
天国でサイコロふって人のヤマとってそうだな・・・漁師さんが
とってきたカマスもとっていることだろう。

そういう今年の菊花賞を迎える。日曜日に「菊の舞台で桜が咲いた」
の展開になればいいのであるが

今日もぼちぼちとやっていこう
posted by クール at 05:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

ONEフォーオール、オールフォーONE

 昨晩ラグビーをみた。日本決勝トーナメント進出!
が、日本チームはもう外人という言葉もどんどん死語に
なってくるのか。多国籍軍なのである。

どんどん他国とのコラボがこれからの日本チームになって
いくのかと思うと・・・すこしさみしい感じもしたのである。

でも解説でもいっていたのだが、外国人のほうが貪欲に
日本文化を学ばぼうとしているらしい。

昼間の「学び」のとこでも一回だけいったのを記憶している。
やがて、労働も外国人に席巻され働くところも奪われていく
だろうと、同じ日本人同士が、すごい小さいことでいがみ
あってる隙にどんどんこういう場面を多くみることになる
だろうと。そしていつの日か、外国人にあごで使われることに
ならないようにと

上級国民様へのヘイトが向かないようなものにうつつを抜かし
る間の出来事なのである。これは小さい自治体でもみること
ができることなのである。

だからではないと思うが、やはりラグビーワールドカップが
今日本で開催される意味もあるというものなのかと。

「ONE FOR ALL ALL FOR ONE」ラグビーのスピリット
なのである。

今日本人の身体も欧米に負けないくらいになってきている。

ALL JAPANは時代的にもうみれないかもだろうが、またこれも
時代の産物なのだろう。

今日はレポートをつくろう。

半分は終わったのである。

ぼちぼちとやっていこう、明日からのラスト2の業務のために

そして今週末は、今年一年の自分に与えられた課題の答えも
でる。これはNEVER GIVE UPの精神なのかと
posted by クール at 07:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする