2019年09月01日

関東大震災そして伊勢湾台風〜宅建業法その62〜

 今日は防災の日、大正12年9月1日が関東大震災で
昭和34年9月が伊勢湾台風となにかとさわがしい9月

昭和35年に防災の日と閣議決定されたらしい。

昨晩、同業者と2週間ぶりに繁華街にでたのである。
お客様とも一緒であった。半分営業込みなのである。

けっこうな人がでていたと思う。

8時過ぎ?に同業とわかれてから・・・顔だしたいところ
にいくと同学年にでくわす。久しぶりの顔、ラストでいった
ところでも久しぶりの同学年。でもいずれも地元ではない。

一方は宮崎市、一方は山口。もともととある企業の創業地
という関係から、いろんな地域の人たちで成り立つ街なの
である。大名はころころかわる土地柄。わるくいえば核の
ない街、逆をかえせば・・・何でもありな街というのか

なんでもあり・・・歌舞伎町と一緒なのかと。規模はかなり
小さいけど。でもとある企業の創業くらいのときは、歌舞伎町
に負けじおとらずのお金が繁華街では舞っていた歴史はある
のである。

今繁華街でも地元より外からの人も増えてきている印象が
昨日もあった。これからというか今後そういう流れになって
いくのだろうと

というわけで

今日の宅建業法 その62

「誇大広告の禁止、事実と著しく異なるものは、うそはったり
はいけないのである。」

北道路で、南側は山の斜面なのに・・・南向き陽当たり良好
とは広告にだしていけないのである。大特価!全室美室完全
フルリフォームなどの文字もあまりだすべきではないのかと

思考がちぐはぐな今の状況・・・今日はゆっくり休もう

繁華街もたまにでるとみる景色もかわっていくな〜と感じた
昨日でした。
posted by クール at 09:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする