2019年08月12日

激闘ガダルカナル〜宅建業法その42〜

 やはり見てしまったかなと。見たくないと半分思いつつ
も、けどみてよかったのかと

南方戦線、亡くなった人のほとんどが飢えと病気といわれて
いる。

自分の関係する人でも1人いるのである。台湾を皮切りに
南方戦線、終戦はニュージーランドで迎え、そのまま3年間
ニュージーランドで農業して生活したと聞いている。

おそらく昨日のインタビューでもわかるように当事者たちに
とって南方戦線ほどの地獄絵図は言葉にもできないのだろう。
齢百になろうおじぃちゃんたちがむせび泣く姿は少しみるのが
つらくなった。

今、戦争をしらない政治家が日本ではまつりごとをしている。

アメリカはじめ関係するアジア国々はなんとか踏みとどまって
いる。もしあるとしたら出火元は中東ということも予測されて
いる。中東に今注目されている人もいる。

アメリカに残る記録をもとにガダルカナルの激闘をCGなどを
駆使して再現。やっぱりやってはいけないことなんだよな〜と
思う。

孫子の兵法でも「戦わずして勝つ」が最良かつ最上の戦い方
と説いている。武力に頼るなら間違いなく短期決戦にする
しかないのだろうと

昨日、お墓参りにいった。19年に2人ほど亡くなっている。

そういう時代だったのだろう

今日の宅建業法

その42

37条書面 契約書

「契約締結後、遅滞なく交付すること。交付義務者は宅建業者
であり、宅建取引士ではない」

不戦の誓いがあればと思う。

ただそれには・・・こっちに近づくと大けがするよ!くらいの
ものがあってしかるべきかとも思う。

ロケット最近とばしている人の気持ちもわからなくもないの
である。

今日は日航機事故から34年、こちらも風化させてはいけないこと
なのかと。多分世界最大の航空機事故なはずなのである。今日は
あのときと同じの月曜日なのである。

今日はお盆前穏やかに過ごそうかと
posted by クール at 05:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする