2019年08月31日

来月挙式の友人からの電話〜宅建業法その61〜

 今日の宅建業法

その61

8種制限 その7

宅地建物の割賦販売契約の解除の制限等

「宅建業者自ら売主となって、宅建業者でない買主と宅地建物
の割賦販売契約を行うにあたり、買主が割賦金について履行遅滞
になったときに30日以上の期間を定めて書面で催告をし、その
期間内に履行がない場合、それを理由に契約を解除できる。」

8種制限 その8

所有権留保等の禁止

「宅建業者自ら売主となって、宅建業者でない買主と宅地建物
の割賦販売契約を行うにあたり、宅建業者は物件の引き渡しまで
に原則として登記その他引き渡し以外の売主の義務を履行しない
といけない。ただし、割賦金の支払いが代金の10分の3以下
のときや10分の3を超えていても抵当権などの担保措置を
図れない場合は、引き渡し後の所有権移転の登記の留保ができる。」

今日で8種制限もおわり。

昨日、来月挙式を迎える友人から久々の電話が入る。知らせの
ないのはいい返事という具合に全然気にしていなかったのだが
声も以前にもまして明るい状態なのでよかったと思った。

先週になるのか、にゃんこの恩返しパート2の売主さんと早朝の
セブンで遭遇したのである。1年前の出来事なのである。

きた道を思い出させてくれる。原点はお倉が浜なのだが、それ
からいろいろな人に出会い貴重な経験・体験を積ませて頂いた。
特ににゃんこにまつわるエピソードは強烈に記憶に残るここと
なった。

昨晩久々に「天空の城ラピュタ」をみた。見るたびに号泣して
いた自分がいたのだが・・・何回もみすぎたのか、感受性が
薄れてきたのか、幾分自分も進化したようなのである。でも、
やはりラピュタはいい。

そのためにはまずは身体なのである。昨晩も打ちっぱなしで
・・・もう汗かかないくらいに涼しくなってきた。

もうすでに結べるほどの長さになってきたのだが、友人にひとこと

「かみむすんで挙式にいっていい?」

「いいけど、またなんで?」と聞かれたので

「竜馬すきだったでしょ?はなやかな場所だからね〜」

とそれからよもやま話。挙式が終わったあとは断髪するのであるが
それまでなんとか体調崩さぬよう過ごしていこうと思う。

来月、それに10月はなんとなく今年の山場かなと思う。一足先に
来月は草刈りもとある場所でしようと考えている。いろいろと変化
の準備のための8月だったのかなと

忍耐の8月のテーマで挑んだ8月。自分お疲れ様なのである。

今日もぼちぼちとやっていこう
posted by クール at 08:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

完全燃焼〜宅建業法その60〜

 今日の宅建業法

その60

8種制限 その6の3

手付金等の保全措置

手付金等の保全措置には3つあり

@銀行等によるA保険事業者による保険
B指定保管期間による保管

となっている

ただし、未完成物件の場合はBはできないのである。

手付金等の全額を保証するものであることと引き渡し
までの期間であることもつけくわえておく。

昨日のことだが・・・さすがに夏バテなのか、8月も終わり
の「学び」ということでほっとしたのか・・・がくっときた
のである。ほぼほぼ毎日こうなのだが、昨日のそれはすこし
違ったのである。

忍耐の8月、なんとか切り抜けたのかという安心感から
すごいいびきだったらしい。

でもここからが本番なのである。残り6週間、マラソンでいえば
もう35キロ過ぎているのである。

短期決戦のおもしろさ、きびしさ。どの仕事にも通じるものが
あるなと思った。

「勝つを貴び、久しくを貴ばず」

時間かけての論功はまったく必要ないのである。それならほどほどの
点数、論功でよしとする姿勢。これは最後までこの心持でやっていこう

短期決戦での孫子の兵法である。

いいかたわるくすると勝てばなんでもいいのである。

さてさて今日は月末。今日は「学び」はお休みでも仕事していくか

幾分スロースタートにしておこう。無理は禁物なのである。
身体あってこその物種なのだから

ぼちぼちとやっていこう
posted by クール at 06:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

訴えてやる!〜宅建業法その59〜

 今日の宅建業法

その59

8種制限 その6の2

手付金等の保全措置

そもそも手付金等の額によっては保全措置をしなくて
いいケースもあるのである。

「完成物件の場合、代金の10%以下でかつ1000万円の
場合、また未完成物件の場合、代金の5%以下でかつ1000
万円の場合は保全措置を講じなくてもいいのである。この基準
をこえたときは超えた部分だけでなく全額を保全することに
なる。また、買主が所有権移転登記をした場合も保全措置は
しなくてもいいのである。」

昨日、「学び」の場所での一コマ

休憩時間にとある女性に

「髪の毛きりました?」と問いかけると「はい」の返事

ここからがすこしまずかった。

「貞子みたく長いですね〜」というと

「パワハラ・セクハラで訴えますよ」とチクリを返された
のである。迂闊なことはいえない時代なのである。なかば
笑いながらの返しであったので安堵はしたのだが

昨今、企業ではこうならないためにコンプライアンス講習会
も開かれているのである。もちろん受講するのはおじさん連中

アメリカ型の訴訟社会になることは以前から予想されていたので
このあたり田舎はまだいいとのんきに考えていたらダメな時代に
なってきたのかと

「髪の毛きりましたね」ここまででとめておけばセーフ。

その後、「似合いますね」これはアウトらしい。感想をいうと
ダメなのである。

ほんとに昨今の女子はなんともたくましいのである。大和撫子
も最近では、いいたいことをいえる時代になってきているので
ある。もともと女性は、3人よればかしましいといわれるくらい
おしゃべりがうまいのであるが・・・

それに知恵と知識がはまればこの上なく恐ろしい存在になる
のである。度胸のある女性が増えたものだと感心してしまった
のである。

まさに女性の時代なのかと

今の「学ぶ」場所でも女性のほうが多いのもなんともなたくまし
さといっていいと思うのである。

「がんばれーだんしー」なのである。

今日もぼちぼちとやっていこう
posted by クール at 05:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

COOL〜宅建業法その58〜

 今日の宅建業法

その58

8種制限 その6

手付金等の保全措置

「宅建業者自ら売主となって、宅建業者でない買主と宅地建物
の売買契約をする場合に、保全措置を講じなければ、一定額を
超える手付金等を受領してはいけない。」

手付金等とは、契約締結日以降、引き渡しまでに授受される金銭
であり、代金に充当されるものであること。中間金、残代金ほか
代金に充当されるものはすべて手付金とよばれる。手付金を受け取る
前に、保全措置は講じなければならず、講じない場合は買主は
債務不履行責任はおわないのである。

ほんとに涼しくなってきた。しかし・・・とにかく寝ている。
昨日も12時間。毎日毎日ほぼほぼぐったりの連続。「学ぶ」
ことも体力勝負だな〜と思う。スポーツとあまりかわりないよな〜

いろんな意味を含めて「COOL」になってきているのか

5年後にはもっと「COOL」になっていれば。これは冷静という
意味なのかと・・・ある意味冷たい意味もあることにはあるな

「忍耐の8月」と取り組んだ8月、ターニングポイントが数度
敵はすべて自分の分身、いらない自分の分身はどんどんそいで
いけばいいのである。しかし、ぜい肉だけはなかなかそがれないな〜

今日もぼちぼちとやっていこう
posted by クール at 06:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

最近眠りが深いのか・・・〜宅建業法その57〜

 今日の宅建業法

その57

8種制限 その5

瑕疵担保責任の特約の制限

「宅建業者自ら売主となって、宅建業者でない買主と宅地建物
の売買契約をする場合に、買主にとって不利な特約をしてはいけ
ない。引き渡しから2年未満の特約をした場合、それは無効と
なり、民法の規定通り、瑕疵を知ったときから1年となるので
ある。」

しかし、こんなに厳しいのでは売主もいやがるので、今は物件
状況報告書などで、あらかた納得した状態で買ってもらうことが
多いのである。しかし、雨漏り・白ありだけは言い逃れでき
ないのである。

昨日も夕方6時には爆睡。起きたとき、朝かなとおもいきや
まだ22時。2度寝3度寝状態が続いているのである。

季節の変わり目だし、これはどうにもならない。しかし、ほんとに
秋がくるのが早いような気がする。残暑がないことは大変にありが
たい感じはある。

今週はどうやら秋雨前線になるようだ。まずは体調管理なのである。

今日もぼちぼちとやっていこう
posted by クール at 07:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

白と黒〜宅建業法その56〜

 今日の宅建業法

その56

8種制限 その4

手付の額の制限等

「宅建業者自ら売主となって、宅建業者でない買主と宅地建物
の売買契約をする場合に、交付される手付はすべて解約手付の
性質を伴う。代金の2割をこえて受け取ることはできなく、
いかなる特約をしようが相手方が履行に着手するまでは、『買主
は手付を放棄し、売主は倍額を返還することにより契約を解除』
できる。」

ここ最近、土曜日日曜日の休みがありがたい。ほぼほぼ睡眠
時間20時間超えているかなと。果報は寝て待て状態なのだが
そろそろ9月のこと考えていこうかと。

来月はお祝いの宴席にでる予定なのだが、来月のテーマを
『白と黒』にしようかと考えた。ものごとをはっきりと白と
黒にわけてみようかと。

だいたい日本人は「あいまい文化」が行き過ぎているところが
ある。それはある意味日本人のいいところなのだが、最近は
どうもいけないグレーが目にあまりすぎる。ダブルスタンダードも
ひどいし。ということで白と黒。

相反する色、白と黒。

くっきり色分けして、めんどいことはNOサンキューにして
いこうかと。「学ぶ」場面でも、白黒はっきりさせておかないと
いけないところもあるしな〜短期決戦のひとつの作戦でも
ある。

時間かけての満点はいらないのである。勝つを尊びの精神
なのである。

今日もぼちぼちとやっていこう。せくことはないが、作戦は
緻密にやっていこう
posted by クール at 06:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

8月も残り1週間〜宅建業法その55〜

 今日の宅建業法

その55

8種制限 その3

損害賠償額の予定等の制限

「宅建業者自ら売主となって、宅建業者でない買主と宅地建物
の売買契約をする場合に、当事者の債務不履行を契約解除に伴う
損害賠償額、違約金の定めをするときは代金の2割をこえては
ならない。特約で2割をこえても超えた部分は無効になる。
また、損害賠償額の予定を定めなかったときは、実損額を証明
すればそれが損害賠償額になる。尚、精神的慰謝料は青天井に
なる可能性があるので、その点だけは注意なのである。」

8月の残り1週間。はやいものなのである。

なんとなくもう秋模様。今年の秋はなんとなく長そうな気が
してきた。

とんぼももう飛び始めている。

昨日、夕方ぐっすり寝たのだが・・・最近の傾向で起きたら
仕事の準備になっていたので朝と間違ったようなのである。

それから・・・何度か寝て起きての繰り返しで今なのであるが。

今日はまだ眠い。ゆっくり休もう

まだまだ頭のしびれがとれていないようなのである。
posted by クール at 07:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

24時間テレビ〜宅建業法その54〜

 今日の宅建業法

その54

8種制限 その2の4

クーリングオフPART4

クーリングオフの方法効果

「クーリングオフは書面にて行い、効果としては無条件
白紙撤回。違約金・損害賠償も認められず、受領した金銭等
があれば、速やかに返還。またクーリングオフの規定として
買主に不利な特約もすべて無効となる。」

どうも最近、早寝早起きが習慣になってきたのである。

なにやら今日から24時間テレビがあるらしい。今回で42回。
もはや紅白なみの番組になってきたみたいなのである。

今回とあるお客様より24時間Tシャツをいただく。明日は
きようかと思う。大野サトシくんのデザインでなかなか
よろしいかと。

さっき番組のテーマみたのだが、「ともに新しい時代へ」
みたいなのである。

地球を救う。まずは環境保全なんだろうが、人間が必要以上な
進化と刺激を渇望しなければ、平穏にいくと思うのである。

ところで、最近かなりな小食になっているが、まるでやせる気配
もなし。昨晩は打ちっぱなしにいって適度な運動もしている。
海にいけばいいのだろうが・・・そこまでの気力もなし。

必要以上にたべなければ徐々に体重もへっていくだろう。

しかし、ことのほか「学ぶ」ことが相当身体にきているみたいな
のである。仕事のほうが楽だよな〜と思う。どっちにしても短期決戦。

残り2か月をきっているのである。

今日は昨日よりは体調がいい。ぼちぼちとやっていこうかと

しかし雨模様。気温が上がらないので過ごしやすいかな〜と思う

明日は休もう
posted by クール at 05:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

振り返ればクールくんがいるはず?〜宅建業法その53〜

 今日の宅建業法

その53

8種制限 その2の3

クーリングオフPART3

「買主から申し出があった場合の買主の自宅及び勤務先で
買い受けの申し込み、契約を締結した場合もクーリングオフ
はできない。また物件の引き渡しを受け、代金を全額払い
闘牙(とうき)をすませている場合もクーリングオフはできない。」

先日だったか、珍しいラインが深夜に入る。春日神輿のメンバー
から、Hさんが枕元にたったというもの、握手はしたが手が
冷たかったという。でも大変な笑顔であったという。

昨日、約1年ぶりになるのか知り合い2人に偶然に出会った。

名前の中に「福」と「廣」がはいっている。かなり縁起が
よい。その人達がかつて務めていた場所が「カチ」に「マル」
がはいっている。

今日は金曜日、二黒大安なのである。うーん、ナンバーズ
からロト6、7・・・「宝」くじかっておくかと考えたの
である。

しもじものささやかな楽しみなのである。

楽しいことを考える、流れをかえる方法は考え方ひとつなの
かと。特にわるい流れではないが、さらにいい流れになるために
と思った。

わずかな力が残されてるかぎり、前を進めばいいだけである。

個人的には1993年の状態になりつつあるのか、バカ全開だな。
でも、その間には数々のわずかばかりの経験と知恵だけは蓄えて
きたのは、ほんとにありがたいところはある。

「YAH YAG YAH」がリリースされたのは1993年3月3日
ドラマ「振り返れば奴がいる」の主題歌で天真楼病院において
2人の若い医師のドラマというのもつけくわえておこう。

主演は織田裕二さんと石黒賢さん、超悪役は加賀たけしさん。

今日は不動産屋の仕事していこう

ぼちぼちやっておこうかと

背中には・・・クールくんがついているから多分大丈夫なはず?
posted by クール at 08:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

「NEXT STAGE」勝負はこれから〜宅建業法その52〜

 今日の宅建業法

その52

8種制限 その2の2

クーリングオフPART2

そもそもクーリングオフできない場合もある

「事務所等で買い受けの申し込みや締結した場合、申し込み
と契約の場所が違う場合は申し込みの場所で判断する。
そこで事務所等なのだが、宅建業者の事務所、一団の分譲を
行う場所で土地に定着する案内所や展示場施設である。」

昨日の「鼓舞シヨアゲロ」は赤のポスター、そして白の
ポスターには「NEXT STAGE」勝負はこれからとキャッチ
コピーが添えられている。

そしてもう一つあるのである。

前回2人の合格者と喜びをわかちあった。さてさて今回
目指すは7人なのだが・・・これは神ぞのみ知るのみと

昨日とあることがあった。なんとなくターニングポイント
だなと思ったことがあった。7月の第4週が第一の壁。

そして昨日、第二の壁を抜けたのである。

第三の壁は9月のある日にちだと思う。そこを過ぎれば
あとは野となれ山となれの本番なのである。

最善を尽くす、それでの結果なら悔いもない。

一緒に学んでいる人の中に「拳」の文字が名前に入って
いるのも頼もしい。

そして・・・昨日、打ち上げの話をしたのだが、するか
どうかは未定なのだが、女子5人いるので、カラオケで
「kARA」のミスターをぜひリクエストしたいのである。

補習を9月の第1週までみっちりいれたのである。

さてさて体力勝負・・・今週は不動産屋の仕事もぼちぼち
しないと・・・二足のわらじ、けっこうくるな〜

ぼちぼちとやっていこう
posted by クール at 05:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

鼓舞しをあげろ〜宅建業法その51〜

 今日の宅建業法

その51

8種制限 その2

クーリングオフ

「宅建業者が自ら売主として宅建業者でない買主と宅地建物
の売買契約を行う場合、買主(申込塔等)はクーリングオフ
することができる」

毎日、ありがたいことに7人の人と「学びの場所」にいる。

でも、やはりそろそろ・・・慣れからくる惰性をおぼえつつ
あるので、うまく気分転換をと昨日いったのだが・・・

いわれずともできている人もいてよかったと感じた。

そのなかの女子2人がなにやら休憩時間に雑誌をみながら
あそんでいた。「まちがいさがし」の本であったのだ。

ほのぼのとしてしまったのである。

シブヤ系でなく、今はやりのシブ子系女子かなとこれから
人気でるキャラだと思う。決して美人とはいえないが
底抜けに明るく茶目っ気のある感じなのかと

今日のタイトルは、今昼間にいっているところのポスターの
キャッチコピーなのである。なかなかよい、あと2つ3つと
あるのだが、根性論や精神論を全面にださずおしゃれな
キャッチコピーは好感がもてる。

今日のタイトルからくる歌謡曲・・・あれしかないよな〜と
思う。

あすか〜かなと

今日もぼちぼちとやっていこう!

♪YAH YAH YAH
posted by クール at 07:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

天下無比みやこざくら〜宅建業法その50〜

 今日の宅建業法

その50

8種制限 その1

自己の所有に属しない宅地建物の売買契約締結の制限

「宅建業者自ら売主となって、宅建業者でない買主との間で
自己の所有に属しない宅地建物の売買契約(予約含む)を
締結してはならない」

本試験まで残り8週間。マラソンでいえば、もう30キロ
すぎここからが、きついだろうと考えていた。忍耐の8月

先週、同業が慰労してくれたのであるが、都城の大浦酒造?
だったか・・・淡いオレンジの瓶で花札の桜の赤短の図柄
のところに「みやこざくら」これはうまかった。お茶割が
あっていたような気がする。

しかし・・・昨日の最終も印象的だったな〜トワイライト
の中、雨までふってきたのはすこしよかったかなと。

いろいろ流してくれただろう。今朝方みた夢が最近よく
みるものだが、たぶんいいものだろうと思う。どんどん
車で坂を上っていくものなのである。

でもさすがに昨日はとばしすぎたかな・・・ぼちぼちやって
いけばいいのかと。

今年の夏は、宮崎はあついときもあったけど昨年よりは
過ごしやすい感じがある。

ほんとに身体だけだよな〜という気がする

今日もぼちぼちとやっていこう
posted by クール at 07:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

Be as One(一人一人が主役)〜宅建業法その49〜

 今日の宅建業法

その49

供託所等に関する説明事項

「保証協会の社員でない場合、営業保証金を供託した供託所、
その所在地。保証協会の社員の場合、社員である旨、保証協会
の名称、住所、事務所の所在地、保証協会が弁済業務保証金を
供託した供託所、及び所在地」

尚、供託した保証金や納付した分担金の額については説明する
必要はない。

今日で三大書面はおわり、明日からは宅建業者が売り主に
なったときの8種制限をやっていくのである。三大書面+8種
制限まで完全マスターすると宅建業法の約4割にあたる点数は
確保できるとても重要なところである。

今日ラストの仕事が、農地法の5条許可、調整区域での非常に
難しかった案件のラストの業務をむかえるのである。

なかば強引であったのだが、大胆に動かなきゃ動かないときが
あるのが不動産なのである。

一点のくもりもなく突き進んだのである。でも何かを失う側面
もあったのが今回の案件であったのである。夕方、ちょうど
日が暮れる黄昏時に売り主さんに会うのである。

これでよかったんだな〜と思うところもある、いや初めから
決まっていたんだよな〜今日を迎えて思う。

今日のラストの仕事は新しくなった権利書を渡すだけのもので
あるが、自分の中ではいろいろと整理がついたかなと思う。
土曜日、そして日曜日にドロドロになるまでに久々にお酒あび
て今はかなりすっきりしている。

ビーアズワン、一人一人が主役の時代になることを切に願う。

紐でつながれたセミになる必要などないのである。大きい社会
の中ではみんな歯車にすぎないのだから

上から目線のやつなんかほっとけばいいのである。

今日もぼちぼちとやっていこう

焦ることもない。なるようにしかならないのだから
posted by クール at 04:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

決戦は札幌記念!〜宅建業法その48〜

 今日の宅建業法

その48

供託所等に関する説明

「相手が宅建業者である場合は説明しなくてよく、説明する
タイミングは35条書面、重要事項説明書と同じでよい。説明
する人は宅地建物取引士に説明義務はなく、宅建業者がすれば
よい」

先週になるのか、札幌生まれの人にあったというわけでも
ないが、なんとなく思い出すこともあり、よかったかなと

競馬からはなれて・・・もうすぐ2か月。あと2か月もすれば
秋のG1シリーズが開幕するわけであるが・・・毎週のように
眺める競馬サイト。

もうすぐ夏も終わりなのかと予感させるのが、夏の札幌記念
以前にこのレースを勝った牝馬で、そのまま人気薄で迎えた
秋の天皇賞もかつことになる。ヘブンリーロマンス

和訳で天国のロマンスでいいのか?

行幸競馬であったのだ。

今日の札幌記念に春の天皇賞を制したフィエールマン、昨年
の有馬記念馬、ブラストワンピースがでる、フォーカスは
どこまでいってもこの2頭という気がする

どちらかが栄冠を勝ち取るはず。でもこれじゃ面白くない
第3の馬、ずばり3番にはいった馬を推奨。見事掲示板には
193(いくさ)と並ぶのか、913になるのか多分いずれか
なのかと勝手に予想。

今日は818なんとなく・・・縁起がいい感じがする。

昨日お神輿の打ち上げ・・・いややっぱりというか年を感じて
きたのである。

今日はゆっくりやすもう
posted by クール at 07:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

セミを捕まえて涼?猟?を楽しむ〜宅建業法その47〜

 今日の宅建業法

その47

37条書面 契約書

供託所等に関する説明

「宅建業者は、宅地建物の売買契約等が成立するまでの間に
、売主買主に営業保証金等を供託した供託所等に関する事項を
説明するように努めなければならない」

毎日うるさいセミの声なのだが、案外おもしろいことにも
役立つのである。昨日、セミをつかまえてセミの頭にひもを
つけ小さいお庭の木に・・・くくりつけると

ぶーん、ぶーんととても面白いものがみれるのである。
飛行機みたいにとぶのだが、紐が短いので木にぐるぐると

普段自由に飛び回るセミ、つかれたら木にとまり鳴きまくる。

普段と勝手が違うようで、まったく鳴かなくなる。

「まるで人間と同じだな」と思ったのである。紐でしばられ
た人間は小さい世界でしか動くことができない。そして鳴く
ことも忘れていく。ただでさえ命が短いセミかわいそうなので
小一時間で放してあげたのだ。

紐で縛られれば、安全なところでじっとしていられて、しかも
護られる。でもそれを得たがために、自由に動くことができ
なくなり同じところをぐるぐると、あまり動きすぎると木に
紐がぐるぐる巻き。

自然界をつかってのリアルおもちゃなのだが、1匹でなく
何匹もだったらもっと面白かったのだが・・・

さてさて、小さな世界で紐にしばれるのがいいのか、野に放た
れて自由に飛び回るのがいいのか、これ永遠のテーマかもしれ
ない。

どちらを選択するかは自分次第

紐でしばられないように今日も自由に営業していこう。敵は
時に多いほうが面白い時もある。たまに味方の登場?いやいや
銭金で動くのか・・・いやそうじゃないときもあるんだな

ぼちぼちとやっていこう

posted by クール at 05:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

さてお盆休みも終わり〜宅建業法その46〜

 今日の宅建業法

その46

37条書面 契約書

〜の定めがあるときはシリーズ

1.代金・交換差金・借陳以外の金銭の授受に定めがあるとき
2.契約の解除に関する定めがあるとき
3.金銭の斡旋に関する定めがあるとき
4.瑕疵担保責任の履行に関して講ずべき保証契約の締結に
  ついて定めがあるとき
5.損害賠償額の予定・違約金に関する定めがあるとき

1〜5は35条書面でも記載事項になっている。本来任意的な
ものだけど、定めがあるとされれば必ず記載するべきものに
なるのである。

今日から8月後半戦。そして、お正月までゆっくり休む時間は
もうないかな〜ということでよかった。

ちょうど台風がきてたというのもある

この宅建業法シリーズももうすぐ折り返し。あと一ケ月くらいは
まだ暑いだろうけど、なんとなく今年の夏は昨年よりはすごし
やすい気もする。

なんとなく空気感がガラリと変わった感じをもつのだが・・・
おいおいとわかるのか

今週は休まず働こう。あと3日しかないけど

ぼちぼちとやっていくか
posted by クール at 04:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

令和初の終戦記念日〜宅建業法その45〜

 今日の宅建業法

その45

37条書面 契約書

「契約書には、必ず記載しなくてはいけない事項がある。
『代金・交換差金・借陳の額・支払時期・方法・引き渡し
時期・移転登記の申請時期』などであり、任意的なもので
も定めがあれば記載することになっている」

今日は令和初の終戦記念日なのである。

「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び・・・国体の維持に
つとめ・・・」

かえすがえす繰り返してはいけない悲劇のような気がする。

当事者ではないけれど、そういう話を身近に聞けるところに
生まれているのはラッキーかもしれない。

先日の南方戦線の番組もよかった。サイパン、フィリピン
ラバウル、硫黄島にガダルカナル、それにミッドウェーの
悲劇。

なぜ南の方にいったのだろうという疑問も残る。

でも現在は、世界相手に互角いやそれ以上の戦いをしている
スポーツ選手に、スポーツ選手だけでなく海外で活躍している
人も多いと思う。

ありがたいことに今日まで休もう。休めるときは休むに限る

読んでない本もたんまりあるが・・・本屋にでもいってこよう

台風はご当地はたいしたことなかったが、中四国はこれからだな

雨台風だったかな、ご当地にとっては

整体のおかげか、最近は疲れがとれやすい体にもなっている
枕かえたのがよかったか。あと、漢方も何気に身体に効いている
みたいなのである。

ぼちぼちとやっていこう
posted by クール at 06:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

台風15号はかなりやヴぁいレベル〜宅建業法その44〜

 今日の宅建業法

その44

37条書面 契約書

「相手方が、宅建業者でも交付・記載は省略できない。そして
重要事項説明書と異なり、売主・買主双方に交付義務がある」

おそらく今日の午後より雨と風がすこし強くなりかけるのが
今回の台風15号。特に、ご当地進路予想では、台風の東側に
入りそうな勢いもある。

先日、大分の帰りに北川にあるダムの貯水量をみていかばかりか
不安を感じた。いいのか?こんなに貯めてて・・・しかし流せる
ほど川面も少々増水傾向

台風の東側にきたらと思うと、土建屋さん保険屋さんはじめ関係
各所は内心ほくそえんでるかもだけど・・・そこそこで終わらせて
欲しいのはあるが、これも自然ゆえ身を任せるしかないのだろう

四国はけっこうやばいレベルになりそうな気もする。中四国か

ほんとに嵐の前の静けさが今なのである。

昨日の仕事というか、いろいろな点が自分の中でどんどんつなが
っていく感覚なのである。さしずめ昨日のは、大きかったのかな
と。ほんとに思うのが、何十年いきようが堂々巡りをしてるに
すぎないかもな〜と思うところもある。

しかしありがたいことに、不動産屋は基本いちげんさん。

でも、これがいろんなこと思い出せてくれて風のように何事も
なかったように通り過ぎていってくれるのがいいところだよな〜
と思う。そしてまた新しい展開を生んでいくのだから

やりがいという点においてはこれほど面白い仕事もないかも。
パターンが基本ないからなのである。大きいくくりではあるかも
だけど、それぞれ事情が違うのがほんとにみなそれぞれ違うと
いうのを体感できる。

さてさて台風15号、いろんなもの吹き飛ばしていくだろう

今日明日は全力ひきこもりなのである。書類の整理でもするか

ぼちぼちとやっていこうか
posted by クール at 06:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

金を鳴らせ〜宅建業法その43〜

 今日の宅建業法

その43

37条書面 契約書

「書面は宅建業者が作成し、宅地建物取引士に記名押印させ
なければならない。交付場所、交付するものの定めはないの
である」

金は天下の廻り者という考えが自分にありすぎるのが少々
いけないところがある。

カレント、流通すべきもの。それが本来の通貨の意味なので
ある。血脈、これもながれるもの

では流れないということがおきればどうなる?それは・・・
澱みくさらせていくだけ。それをもつものにも悪影響
をもたらす

昨年になるのか、ある士業の先生のひとことで、お金に対する
感覚が180度くらいかわったと思う。

道具、その先生は実に道具を大事にしてうまく活用していた。
まるでマジシャン、それも巧みに言葉の真理をついてのものだった。

そういう域に達するのはまだまだだとは思うけど、一歩でも
近づければという思いを今日はもっておこうかと

さて今日は仕事しよう

お盆過ぎに本業の話もあるわけだし、準備をしておこうか

ぼちぼちとやっていこう
posted by クール at 06:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

激闘ガダルカナル〜宅建業法その42〜

 やはり見てしまったかなと。見たくないと半分思いつつ
も、けどみてよかったのかと

南方戦線、亡くなった人のほとんどが飢えと病気といわれて
いる。

自分の関係する人でも1人いるのである。台湾を皮切りに
南方戦線、終戦はニュージーランドで迎え、そのまま3年間
ニュージーランドで農業して生活したと聞いている。

おそらく昨日のインタビューでもわかるように当事者たちに
とって南方戦線ほどの地獄絵図は言葉にもできないのだろう。
齢百になろうおじぃちゃんたちがむせび泣く姿は少しみるのが
つらくなった。

今、戦争をしらない政治家が日本ではまつりごとをしている。

アメリカはじめ関係するアジア国々はなんとか踏みとどまって
いる。もしあるとしたら出火元は中東ということも予測されて
いる。中東に今注目されている人もいる。

アメリカに残る記録をもとにガダルカナルの激闘をCGなどを
駆使して再現。やっぱりやってはいけないことなんだよな〜と
思う。

孫子の兵法でも「戦わずして勝つ」が最良かつ最上の戦い方
と説いている。武力に頼るなら間違いなく短期決戦にする
しかないのだろうと

昨日、お墓参りにいった。19年に2人ほど亡くなっている。

そういう時代だったのだろう

今日の宅建業法

その42

37条書面 契約書

「契約締結後、遅滞なく交付すること。交付義務者は宅建業者
であり、宅建取引士ではない」

不戦の誓いがあればと思う。

ただそれには・・・こっちに近づくと大けがするよ!くらいの
ものがあってしかるべきかとも思う。

ロケット最近とばしている人の気持ちもわからなくもないの
である。

今日は日航機事故から34年、こちらも風化させてはいけないこと
なのかと。多分世界最大の航空機事故なはずなのである。今日は
あのときと同じの月曜日なのである。

今日はお盆前穏やかに過ごそうかと
posted by クール at 05:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする