2019年07月14日

BORN THIS WAY、マスクをはずす?つける?七変化番外編〜宅建業法13〜

 今月にはいってマスクをつけるキャラクターに特化した
ものが印象にのこっている。今月みに行った映画のファブル
の主人公にスケ清。

仮面をかぶる、これも七変化にはやはり不可欠なのかと。

実際、仮面をかぶっている人のほうが多いのが世の中なの
である。実に様々なのである。

好きなプロレスでもマスクマンは昔から人気なのである。
タイガーマスク。これ一番有名どころだろう。

でも、ほんとの顔をみてみたいというのが人間なのである。

みないほうがよかったのか、いややはりみて納得してよかった
と思えるか。受け取り手の器量にゆだねられことの方が多い
だろう。器量がなきゃやるべきでもないというものなのかと
あ・く・まで主観なのだが、そう思う。

その後の展開で自分をかえてしまうならやはりみるべきでは
ないだろう。

日本で最大の掲示板2ちゃんねるの創設者、西村さんいわく真贋
とびかうネットの中で個人の力量がとわれる。といってのけてる。

さーみなさんはどうお考えですか。マスクはずしてみたいと
思いますか、思わないですか。ドーン!!お〜ほっほっほっ!!!?
!!!!!!!!!!?

ということで宅建業法

その13

「宅建業をはじめるには、供託金をつまないといけないが支店が
あれば、本店と合計した額を一括して本店もよりの供託所に供託
しなければならない」と業法にはなっているが、現実、業者の
多くは、ハトさんチームかうさぎさんチームに入ることになる。

どちらを選ぶかは個人の自由なのである。

ハトの裏をみるか、うさぎのかわいい裏の顔をみるか。お〜こわっ

剣呑剣呑 今日はゆっくり休もう
posted by クール at 07:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする