2019年07月11日

スケ清にフィーチャーした日!それなー!〜宅建業法10〜

 毎日毎日、ほぼ平日頭がしびれる作業に邁進してるの
だが・・・昨日、相続についてのお勉強。

?日本人ならやっぱあれだよな〜ということで「犬神家の
一族」の系図をもとに相続のお勉強をしたのである。

その後、夕刻になって一年に1回か2回ありがたい話を
聴くことに恵まれたのである。

「全一統体」なかなかいい話であった。

「全」は、みえる世界。「一」はみえない世界。普段意識
してはいないが、自分もかつて勉強したことに「ワンネス」
という言葉を覚えた記憶があり、ものごとのすべてはさい
終局面は「ひとつ」に集約される。

昨日の講話は、かなり親近感をおぼえるものであった。

いわば自分の感覚に肉付けをしてくれたものであった。

自分の姿形は、鏡をみなければわからないが、多くの人に
接することで、自分という人間がどういうものかはっきり
と理解できるのである。「合わせ鏡」とも呼ぶこともある。

つきるところ、自分の形を認識できるのは、自分以外の人間
がいてこそなのである。

そこから発展した考えのひとつなのだが、接する人は自分の
いわば分身なのである。

犬神家では、マツコがあまりに犬神佐平衛に傾倒しすぎた
悲劇であった、反面、まさに祇園精舎の鐘の声を表した
映画でもあった。盛者必衰のことなのである。でも、それも
昇華するためのひとつのなのである。

ものごとはいったんふくらみ、やがて収束を迎える。そこに
形式美というものも生まれる。それは、また新たな息吹を
迎えるためのものでもある。この道理がわかれば、そうそう
活きることは、怖くないところもある。

というわけで昨晩の話にかなりフィーチャーされた日。昨日
は納豆の日でもあり・・・あまりうだうだねばねばするのも
よくないので

今日の宅建業法

その10

「宅建士証の交付申請は、登録をしている都道府県知事に
宅建士の交付を申請することができる。その要件としては
法定講習をうけなければもらえない。しかも交付前の6か月
以内という期限付きなのである。」

今日もぼちぼちと頑張っていこう!
posted by クール at 07:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする