2019年07月31日

深い衝撃、菊の7番〜宅建業法その30〜

 2005年、ダービーそして三冠がかかった菊花賞。
今まで目にしたことのない異次元の走り、昨日ディープ
インパクトの映像をみた。

自分的にはそれほど魅力のある馬ではなかったのだが
それでも、やはり強いといわざるをえない。

でも、輝かしい成績とは裏腹に彼にまつわるストーリー
は、いわくもつきまとった。凱旋門賞後の薬物反応。

それでも彼は走った。ジャパンカップも勝ち、ラスト有馬
でも有終の美を飾った。引退後も年間60億かせぐ種馬。

200回の種付け。そして今月の28日に頸椎骨折の安楽死
処分。首の骨を折るほどに酷使されていたのだろうか。

事の真相はわからない。人間の欲望が生み出したモンスター
だったのか。生体認証チップを日本ではじめていれたのも
ディープインパクトであった。

昨晩、夢をみた。ウインズにいる夢だ。

今日の宅建業法

その30

重要事項説明書 35条書面

「説明するべき重要事項に法令上の制限なるものがある。都市計画法、
建築基準法その他法令に基づく制限に関する事項を説明していくの
である。」

記録より記憶に残る1頭にしてあげたい優駿にしようと思った。
天国では、思う存分駆けてほしい。なんとも表現しづらいディープ
インパクトの最期かなと。菊花賞のゼッケン7番の走りだけは
覚えておこう

今日もぼちぼちと頑張っていこう!
posted by クール at 05:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

任務である!今すぐ水分補給せよ!!イエッサー!〜宅建業法その29〜

 とりあえず・・・富島高校甲子園おめでとうございます。
県北おとなりの市、日向市から今年の甲子園出場が決まった。

日向市は現在、大掛かりな国道拡張工事はじめ市街地の
これまた大型都市区画整理から街がかわろうとしている。
「動いている」という印象が強い。

サーフィンの注目度からいっても今後も楽しみな地域かと。

いずれにせよ宮崎が元気になるのはいいことかと思う。

ご当地で始まるお祭りはどんどん南へと移っていくのが宮崎
なのである。今週?あたり「ひょっとこ祭り」もそろそろなの
かと

鏡のマスコット、お狐さんの後ろに続くのはおかめ、その
次にひょっとこ。とても面白いおどりなのである。マスクを
みんなつけてるのである。

「鏡よ、鏡よ、鏡さん・・・この世で・・・一番美しいのは」

それは当然、継母でなく、王妃様でもなく、白雪姫なのである。

暑い夏が始まったと思う。それと今年はお盆前にいきたいところが
あったのである。それはいってからのお楽しみかと。日帰りなの
であるが。

今日の宅建業法

その29

重要事項説明書 35条書面

「賃貸契約の重要事項説明書では、遠隔地に住む人に双方向な
やりとりができる環境がととのっていれば、ITにより説明も
可能である。売買はまだ駄目なのであるが」

遠隔地にいても、今や時代なんだろうけど、メールなどをつかって
やりとりができるというのはほんとにすごいことだと思ってしまう
のである。

おとといのテレビ番組で、ひっかかりが残っているシーンが
かなりあったのだが、妙に「一枚の写真」母親のものなのか、
娘のものなのか。とにかく謎が多い番組だったかと、もう一度
みたいと思ったのである。

そういう謎を残すブログも面白いのかと

今日もぼちぼちと頑張っていこう!

昨日の夕刊でご当地のお祭りの特集があったのだが、やはりと
いえるのだが、お神輿は祭りの華だよな〜と感じました。
posted by クール at 06:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

今という瞬間だけが真実で現実〜宅建業法その28〜

 昨晩、一風かわったテレビ番組をみた。朝刊よんでたら
「歌舞伎町」の文字。「ラスト・トーキョー」というタイトル。

不思議な感触が残った番組だった。なんて表現したらいいのか
まったくわからない。印象的な事象がぶつぎりに並んでいたと
いうのか

現在、NHKにディレクターとして勤務する柚木映絵(ゆのきてるえ)
さん32歳の母親にフォーカスあててから〜のもの。

映絵さんの母親は27歳から歌舞伎町で雀荘の経営をはじめ現在
3店舗を経営。旦那さんは信用金庫を定年退職後、地域活動に
貢献。母親は娘さんの映絵さんに「歌舞伎町は危ないから入るな!」
と言い続け、大人になってはじめての歌舞伎町潜入ドキュメントが
今回の番組。素人が雀荘できるわけないよな〜ぶつぶつ・・・

「まだ新宿タイガーいたんだ・・・」45年続けているという。
故郷は長野県。それに三平ストアがまだあったとは

北小路翼、競輪選手?似たような名前の人いたな・・・俳人会屍派の代表

水族館劇場の代表、桃山邑(ももやまゆう)さん、なにやら唐十郎
みたいな前衛的な劇団っぽい。まだあるんだな・・・こういうの
天涯孤独なメンバーもいるという。「時期がきたらおれたちが面倒
みるんだ」

「まさになんでもありな街」が歌舞伎町なのだが、そこが今や
国家戦略都市として認定され、オリンピック開催にともない変身
しようとしている。もともとは沼地であったらしい。現在の姿に
かわろうと開発してるときにでてきた、守り神は「白蛇」エメラルド
グリーンの目であったらしい。

アジア最大の歓楽街であり、なんでも飲み込んできた街が、また
一歩進化をとげようとしている。

でも、なぜ「ラスト・トーキョー」というタイトルがどう考えても
結びつかなかった。母親と娘、両極端な人生の2人が分かち合う
という感じが終わりのほうだったのだが、何回かみないと理解でき
ないよな・・・あまりにぶつぎりすぎて


今日の宅建業法

その28

重要事項説明書 35条書面

「物件の買い手、いわゆる権利をえようとするものに対してするのが
重要事項説明書、35条書面なのである。売り手、いわゆる依頼人は
その書面の内容を確認するにとどまるのだが、書類にはちゃんとサイン
しなくてはいけないのである。宅建士は、取引証を提示しないと10
万円の過料をとられる危険があるのである。」

映絵さんの母、佳江さん。歌舞伎町の魅力と尋ねられ、「毒のある美しさ」
とひとこと。怖さと優しさ、そしてその毒こそが、人間の生きる原動力
なのか。今でもそういうエネルギーだしてんだろうな、歌舞伎町というか
新宿は

個人的には、再来年あたりオリンピック以降の歌舞伎町はすこし興味
あるところなのである。

今日もぼちぼちと頑張っていこう!
posted by クール at 06:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

なにかがはじけた日〜宅建業法その27〜

 11回目のお神輿。過去10回とくらべて、どうなの?自分

終わってから30分くらい息がつかなかった。そのくらいガクッと
きたのである。

今週なんとかもうひとつの仕事。ターニングポイントと捉えていた。
ここで崩れなきゃ当面大丈夫だろうと。なんとか乗り切ることが
できたような気もする。

そしてお神輿。毎年毎年・・・今年が最後といい聞かせている。
でもあと5年はなんとかの気持ちもある。

自分がいるチーム。何年か前には10数人というときもあった。
昨日30数名。そして新しい法被。なんとか無事に終わることが
できたのだが、打ち上げの席で自分が最年長。もうそういうことに
なったのかなと。上は2人いるのだが、打ち上げになると
自分が最高齢。つくづく若さが憎くなったものだ。

御神輿でのいろんなシーン。頭の中の映像はすぐ浮かぶものもある。

今年も忘れられないものとなったのである。来年のことは来年
考えよう。

今日の宅建業法

その27

重要事項説明書 35条書面

「取引に複数の業者がいるケースは、全部の業者に説明しておかな
ければならない。記載事項にミスがあれば監督処分をうけることも
ある。説明する宅建士は専任でなくてもいいとなっている。」

御神輿もチームでするもの。でも5年後目標に自分をもっと確立
できればと。成り行きまかせもあるが、今年のお神輿を境に
考えていこうかと

しかし・・・ほんとにしびれたな〜

今日はゆっくり休もう。今日は花火大会らしい。昨日同様人出
あるだろうな〜
posted by クール at 05:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

拝啓、中央通り商店街様〜宅建業法その26〜

 昨日、丑三つ時地震でおこされる。震度1だったが・・・
まだパソコンが不安定なのである。大きい地震にならなきゃ
いいけど。

それからすこし寝れずに・・・ネットをみていると

近夏公開の映画「サマーウォーズ」と明治安田生命のタイアップ
広告にでてる一人のスーツをきた女性。久々の衝撃。

以前、トヨタのCMでスーツをきた女性のフルスイング、稲村亜美
さん以来の衝撃だった。

「いや〜素敵な人だな〜」そうなのである。スーツをきてキラキラ
してる女性はかっこいいのである。

明治安田生命のCMにでる女優さんはこれから活躍されるであろう
人を採用してる感じがある。

傳谷英里香さん。現在23歳。日本とフィリピンのハーフ。どうりで
腰高、綺麗なはずである。同じエリカさんという名前を持つ人も
多分ハーフかクォーターだったはず。今後ますますふえてくるハーフ
の人たち。やはり南方系との混血は綺麗になるのかと

傳谷英里香さん、フィリピンとの混血なら語学能力にすぐれスタイル
も抜群で頭もいいはず。と思って調べてみると、どうやら世界ふしぎ
発見で何度もパーフェクトしてるらしい。

スーツをきた闊達な女性。古傷いたむな〜

というわけで今日の宅建業法

その26

重要事項説明書 35条書面

「説明するものは多岐にわたるのだが、まず登記事項の乙欄に記載
されている抵当権は、たとえ抹消する予定でも必ず説明しなければ
いけない事項なのである。残債がいくらかは、説明しようにもでき
ないのであるけれど」

今日は「お祭り」なのである。ご当地の中央商店街にいくと、出会い
御神輿からばんば踊りなど、特設ステージではいろいろなステージ
がみれるのかなと。

一年に一度の行事。体力の許す限り担いでいきたい。

不動産屋は縁起物を扱う商売でもあるのだ。今日もできれば神様と
お話してこようと思う。

願いごとはいろいろあるが・・・あまり多いと神様に叱咤激励
されるだろう。

不動産屋もこれからますます女性の人がふえるだろうが、やはり紺か
グレイのスーツをきた女性がふえることを願うのである。スカートは
やや短めが好感触なのである。

もうおじさんの域だな・・・完全に

今日もぼちぼちお祭りを楽しんでこよう。天気もいい感じみたいなの
である。今日は今年で一番長い一日になりそうなのである。
posted by クール at 05:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

やっぱり「海」は最高!〜宅建業法その25〜

 昨日、ひとつの仕事が終わったあとお倉が浜に向かう。やはり
夏なのである。駐車場にはそこそこ車が多い。もうすぐ夕方なの
になのである。

はいったときはそこそこあった波も、おちつく・・・久々だから
ありがたいことはありがたいのであるが、なんとかそれでも一本
ほど。

やはり整体いってるおかげか、体幹はややずれ気味だけどほぼほぼ
いい感じ。でも今日は整体に行く日なのですっきりさせておこう

ほぼぽか〜ん状態で帰りの車の運転。今年も一回だったけど清めの
儀式なのである。明日、お神輿担ぐための。そろそろ新しいボード
欲しくなってきたようなそうでもないような?

体重もっとおちたら身軽になれるよな・・・そう思う

今日の宅建業法 

その25

重要事項説明書 35条書面

「相手が業者の場合は、書面の交付だけでOK、説明も不要なの
である。ただし一般消費者にちゃんと説明しなかった場合には
業者には義務違反、宅建士も監督処分をうける場合もあるので
ある。」

なんとなくなのだが、昨年みたいな猛暑でもないような気もする。
意外にCOOLなのかと

今年の夏はどういう夏になるだろう。今年にかぎっていえば秋
のほうが楽しみな感じはある。なんとなくのカンで

スーツも欲しいし、そろそろ年齢にあった服も欲しくなってきた
よな。明日、服飾関係の方も一緒にお神輿担ぐなのでさぐりいれ
とこう。

今日もぼちぼちと頑張っていこう!
posted by クール at 05:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

やっぱり大事なのは「NEXTSTAGE」にたつこと〜宅建業法その24〜

 もう12年前になるのか、うちわみたいなものをもって
ご当地のある地域をお盆はいるまえで歩いた。地図をもって

そして秋まっさかりのころにお倉が浜に通っていた。

今日は夕方にお倉が浜にいこうと思っている。いつになっても
原点回帰。いつでももどれる確信はある。「ゼロ」に戻す
必要性。

次のステージ、今週お神輿を担ぐ。

5年前?前になるのか、たぶんこの時期のお倉が浜。ある人に
あう。

「今年もお神輿宜しくね」

いまでもフラッシュバックする光景なのである。でもやはり
大事なのは次のステージに移行することかなと。

過ぎたものは解釈次第でいかようにも変化する。だから次の
局面、舞台にいく重要性。

あのスーパースターのえいちゃんでもいっている。

「何度同じシーンをくりかえせばいいのだろうか?」

以前読んだ小説か、みた映画。ひとりの人間、ひとつの小説を
深く見続けることにより、わかるもの、そしてひいては日本
という国を理解することにつながると

今日の宅建業法

その24

重要事項説明書 35条書面

「契約締結する前に、宅建士が説明しなければならない。いわゆる
法定事務のひとつ、取引士証の提示は必須業務なのである。」

今年のお神輿・・・梅雨明けと重なりそうな気がする。

とりあえず「海」をみてこよう

今日もぼちぼちと頑張っていこう!
posted by クール at 05:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

生々しい仕事だから鍛えられたこと〜宅建業法その23〜

 昨晩覚えず寝ていた。そろそろ梅雨明けだとは思う。今は
曇天なのであるが。

基本、二足のわらじが現在の状況なのだが・・・9年ぶり
というのが意外に身体にきている。

でもいい意味でリフレッシュできているし、いろいろ学んだ
こと多いな〜と思う。

人を見抜く感じと会話から・・・「あ〜冗談でいってるな」
とか「言葉に力ないな」とか「言霊がおなかからじゃなく
のどからでてるな・・・言葉が軽い」とか、あくまで主観的
なのだが、自分のなかでは完結できるくらいのは相当鍛えら
れたかなと感じる。セットして顔の表情をみれば・・・

「あ〜そういうことね」とご当地意外に表情豊かな人が多い
のがこれ幸いなのかと。ポーカーフェイスの人はなかなか
めぐりあえない。だから、なおさら印象に残るのである。

ポーカーというゲームは、心理戦なところもある。レイズ
かコールか

何年か前に知り合った人で、「この人ハート強いな」と思った
人がいた。車屋さんしてる人であった。なにやらおえらいさん
のあつまる会長をしていた。その人の仕草や言霊を見抜く力は
やはり相当鍛えられた賜物だと感じた。

「言葉が軽い!」そういって見抜いていた感じがあった。

今になってなんとなくそういう感じがすこしほど理解できる
までになっている。まだまだだとは思うけど、貴重な経験させて
もらってきたなと感じる。

声のトーンはほんとにいろいろと物語ってくれるなと思う。

ごくごくまれに「人たらし」の人もいるが、これもなかなか
めぐりあえない部類なのかと。でも案外見透かされてるところも
なきにしもあらず。

基本は「ぶれない平常心」なんだろうと思うけど

というわけで、6月後半より、話下手な自分がしゃべりまくりの
毎日を送って、それがかなり身体にきてる一因なのかと。

明日は・・・仕事終わったら海にいって清めておこうかと。ボード
つんでいこう。

今日の宅建業法

その23

指定流通機構、レインズに登録してお客様から申し込みがあったら

「遅滞なく、その旨をお客様に報告。成約までいったらレインズに
1.登録番号 2.取引価格 3.契約成立年月日をレインズに通知
しなければならない。レインズに登録した登録証も依頼主から戻して
もらう」これで一応の完結なのかと

ポーカーフェイスできているだろうか・・・カオナシだからこの
あたりはまずまずなのかと。・・・いや、今はあまりに覚えること
多すぎて通過してるだけだな。たぬきになれる日はそう遠くないと
みた。いやまだまだ年月かさねないと無理か・・・

今日もぼちぼちと頑張っていこう!
posted by クール at 05:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

7人への贈り物〜宅建業法その22〜

 今年、盈月さんに頼んで書いてもらった年賀状の
文字。「結ぶ」偶然にも、昼間にいっている場所
今年のテーマ「結」文字通り結果を求めるの解釈でも
いいと思う。

はじまってから1カ月、よく頑張っていると思う。
感謝の気持ち、お礼するのが普通なのかと

そして12月にはいい結果を求める。

個人的にもあるゲン担ぎをしている。「かみむすび」

こちらはまだまだなのであるが・・・秋には綺麗に
結べるはずなのである。ある日にちめがけて

今週は神様も担ぐのである。昨日、今年から〜の新しい
法被が手に入ったのである。綺麗なブルーと紺色

そして宅建業法

その22

専任媒介契約及び専属専任媒介契約を結ぶと

「レインズに登録しないといけなく専任の場合は休業日
をのぞいて依頼された翌日よりかぞえて7日以内、専属
専任の場合、休業日をのぞいて依頼された翌日より5日
以内にレインズに登録しないといけないのである。」

さて今日もチームレインズと共にお勉強をするのである。

今年試験を受ける人にとって今週から8月第一週目が
ターニングポイントなんだろうと思う。短期決戦にしても
ここがギリのスタートポイントではないのかなと。

今日もぼちぼちと頑張っていこう!レインズ・・・ンは
いらないな〜レイズ、これだなチームレイズ
posted by クール at 06:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

琴恵光2場所連続勝ち越し〜宅建業法その21〜

 大相撲名古屋場所が終わった。たまたま琴恵光がインタビュー
されているときにでくわす。

「今日は花火があがりますか?」「上がると思います。」

いや〜地元は大雨なんだよな〜

宮崎県出身の力士が幕内で2場所連続勝ち越しは、39年ぶり
だったかの新聞記事をみた記憶がある。

昨年あたりから相撲が変わった感じがしたのだが、どうもトレー
ニングに力をいれてるとか。テレビでいってた気がする。

都合2日間、何時間ねただろう。ほぼほぼ仮死状態。かもめーる
はおわったけど。

そして先月もみたのだが、大地震の夢。今回は船の上。前回
同様逃げきる。うーん、ナンバーズ3かってみるか。

今日の宅建業法

その21

「宅建業者は、お客様から価格または評価額についてたずねられた
ときは、根拠のある意見をのべないといけない」のである。

いわゆる指標となる相場をいえばいいだけの話なのだが・・・たまに
下駄はかせたり、またその逆もあるよな〜

というわけでおちがまったくうかんでこない今なのだが、おちが
ないのが今の琴恵光にとってもいいことなのでよしとしよう。

琴恵光は昨年はあれ?だったけど、基本名古屋場所はいいような
気もする。そろそろ金星狙える位置にいくのかと思うと、ここ数年で
大いなる飛躍といってもいいかと。明生に照強、十両で切磋琢磨
していた世代が上にあがってきたのかと思うと感慨深いものも
ある。

琴恵光にあやかり今日もぼちぼちと、頑張ってえこう!
posted by クール at 05:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

全力かもめーる〜宅建業法20〜

どうやら明日から晴れそうなのである。今日はかもめーる
をつくろうと思う。

あと、これで4回目になるのか一言葛城神社の・・・はがき
コンクール。これはだしておこう。

さえぎるものぶっとばして、まとわりつくものかわして

そして、いや〜全力でおじさんになったな〜と思う。

ジャー二ーさんねたのだが、あのマッチでさえ55になったという。

年月のたつのなんとはやいことか

たまに聴きたくなるスキマスイッチ。隙間産業にいるからなのか

やはり神曲「奏で」が一番なのか

今日の宅建業法

その20

媒介契約書は

「作成・交付は宅建業者、媒介契約後、遅滞なく交付。記名押印も
宅建業者で相手が宅建業者でも免除されないのである。」

そろそろ梅雨明けになるのか

今日は参議院選挙か〜

今日はゆっくり休もう。昨晩の打ちっぱなしで身体若干へろへろ
だな〜
posted by クール at 07:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

哀愁の古国府(ふるごう)〜宅建業法その19〜

 昨日、チームマリオのはじめての仕事であった。大分市
古国府とかいて「ふるごう」

昨年末のもう年の瀬にはじめて物件をみにいく。昨日という
日がさだめであったのだろう。多少の紆余曲折はあれど
動くのが必然だったのだろう。

決済1時間前に一番大事な書類がとどく。これがなきゃまさに
なにしにいったかわからないが、届くだろうとおもっていた。

たまに思う。水が流れるようにことがすすむ契約は途中なにが
あっても綺麗にことがなせるのである。

無理がないのである。できうるなら全部こういう感じだとほんとに
ありがたいがそうそうめぐりあわないんだな、これが

古いものは捨てておけばいいのである。また新しいものに会うために

今日の宅建業法

その19

専属専任媒介契約

「依頼者は、依頼した業者以外とは契約できない。また依頼者は
自分で探した人でも契約できないという非常にしばりがきつい
媒介なのである。」

来週はお神輿なのである。

身体ケアしていかないとな・・・

今日もぼちぼちと頑張っていこう!
posted by クール at 07:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

セパレイトウェイズ〜宅建業法その18〜

 今日は大分の別府市にいくことになっている。
分かれ道であり、別れ道になる案件のためなのである。

というわけで先週、昭和平成と数々のアイドルを
増産した、ジャーニーさん追悼の意味をこめて

ジャーニーのセパレイトウェイズかなと。別府にいく
だけに

けっこう力強いメロディーなのである。歌詞に反して

雨もなんとか小康状態なのかと

ゆっくり時間かけていこうかと。

ということで今日から三大書面なのである。

宅建業法その18

専任媒介契約

「物件の依頼人は同一物件についてほかの不動産屋に重ねて
依頼を禁止するものなのである。ただし、物件の依頼者が自ら
発見し、契約することは禁止されないというものなのである。」

そのまま覚えるしかないのかな〜

昨日思ったのだが、今してる昼間のほうも来週が大きなターニング
ポイントになるのかと思う。9年前のレポートにはそう書いてある
のである。今年も相当な人が受けるであろう宅建士の資格。

来週から8月いっぱいが天下分け目のときなのかと思う。

いずれにしてもケセラセラなのかと。なるようにしかならないんだよな
つきるところ

今日もぼちぼち頑張っていこう!

分かれ道、別れ道。昨年からの課題、今日の日が宿命だったの
だろう。
posted by クール at 06:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

中間試験はひきこもごも〜宅建業法17〜

 今、自分は昼間にある所にいって7人の人とともに
一緒に勉強をしている。すこし面白い取り組みなのだが
7人は自分の分身と捉えている。

まじめな自分、ねたろーな自分、ものぐさな自分、それで
いて粘り強く、けっこう頑張り屋な自分、ちゃっめけの
ある自分、なんでも興味をしめす自分。

7人の人と同調しようとしている。

昨日の中間試験とても面白いデータがとれたのである。

5年前になるのか、自分はとある大先輩と高千穂にある荒立
神社にいき、普段はいれないところにいれさせてもらって
祈願したことがある。

それをおえ宮司とお話。

「敵とよべる人ができて一人前かな〜」と

いやすでにそのとき敵だらけだったのはのちの述懐なのであるが

試験の話をもどすのだが・・・今自分はかなりおとなしめの状態
にはいったのか。もっと闘牙をもたなくてはとおもったのである。

全員がまちがった項目が2つほど「不法行為」に「相殺」そして
ほぼ全員が間違ったのが「定期借地」に「定期借家」テキイは
定期の読み順をかえると「テキイ」になる。敵意がなかったんだな
・・・もっと念をいれなきゃなと

学問の世界もスポーツの世界も根っこの原理は違わないはずなので
ある。みなぎる闘う気力もっとださないとな〜それは相手にではなく
まさしく「克己心」最大の敵は自分の中にいるということ。

ということで宅建業法

その17

保証協会の業務について

「苦情の解決、研修、弁済業務」の3本柱なのである。

最近の出題される、狙われてる項目みたいなのである。

弱い自分と強い自分を自分の中で相殺できるとほどよい感じ
なのかと、いやいやまだまだ全面にシカクでいいのか、刺客
でまだいいのかと
posted by クール at 06:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

「シ」ャ「カ」タ「ク」のナイトバード〜宅建業法その16〜

 よくよく考えてみても最近夜な夜なうろつかなくなった。
やはり財布うすいせいだろうか。ナイトバードになるには
仕事に勉強頑張らんとね!

日中はほぼ缶詰で勉強にいそしんでいる。

まだまだまるく年齢じゃないのだが、一応今日も四角四面
で・・・今日は中間試験なのである。

第一関門といったところなのである。

目標4割〜6割と考えている。重要事項問題は5割必須と
いきたいところなのである。

ようやく生活サイクルに慣れてきた。でもほんとに慣れて
きたときに、また元の状態に戻るのであるが

今与えられてるミッションなんとかクリアしたいところなの
である。

というわけで今日の宅建業法

その16

「保証協会には弁済業務保証金分担金という名のお金をつむ
ことになり、保証協会はそれを供託所に弁済業務保証金という
名で預けることになる」うーん、そのまんま覚えるだけか

ナイトバードといえば・・・フクロウかな?いやヨタカか
あぶないあぶない

あ〜今日もぼちぼちと頑張っていこう!
posted by クール at 05:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

吾が血をもって叶えよ〜宅建業法その15〜

 昨日でやっと今年2冊目になるのか本を読み終える
ことができたのである。

結城光流さんの「吾が身をもって叶えよ」

安倍晴明の物語なのだが、やはりもののけと清明の対決
シーンはおもしろかった。

今でも日本のいたるところに、「入ってはいけない場所」
というのは存在してるのだろう。

なんらかしらの空間のずれで、空気が澱む場所というのは
あるのだろう。このあたりは質量の研究などもっとすすむ
と面白い結果がでてくると思う。おとといの劇でもあった
のだが彼岸の存在。まさにこれだとは思うけど。

日本特有のもののけ文化、今でもあるはずなのである。

自分も「え、この人こんな顔だったかな?」「以前と違って
話し方とかかわったな・・・」そういう経験や思い当たる
ふしのある人はおおいだろう。ひとりの人間の中に違う
人間を宿す、いまだに日本はもののけ文化あるよな〜

一時的に「魔」を取り込んだために人の信用を勝ち取るが
そんな力はすぐなくなる。そして、その過去の力で「嗚呼
勘違い」で上から目線。よくありがちな光景なのである。

つねに謙虚とはいわないが、なるべく平常心を保つには
やはり流す感覚は必要だと考える。

というわけで宅建業法

その15

「ハトさんチーム、うさぎさんチームいわゆる宅建業者は
供託金制度のかわりに2つある保証協会に入るという道が
ある。どっちもははいれないのである。」

でも・・・会社をふたつつくって・・・頭も2つつくれば
二刀流はできなくはないかなと。うーん怪しげな商売に
なりそうな気もする。

さてさて頭のしびれからも都合2日間の睡眠時間20時間
のおかげか、どっと身体がほぐれている。今週は大分にも
いく。そろそろお盆も近づいてきたな〜

あとはかもメール今週ぼちぼちとやっていこう!
posted by クール at 05:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

SHOW銀座?翔銀座?でもやっぱり笑銀座〜宅建業法14〜

 昨日、ひょんなことからご当地の2つある劇団のうちの
ひとつ「笑銀座」の舞台をみにいった。多分5〜6年ぶり
だと思う。

なんというか・・・かなり難しいのにチャレンジしてるな
と思ったのが感想なのである。

自分ももうひとつの劇団を手伝った経験からあることに
気づく機会を与えてくれたのである。

舞台と観客をつなぐもの、これも実は「はし」なのだと
個人的な意見なのだが

やはり昨日の舞台はかなり難しいことにチャレンジした
気がする。来年の舞台は笑銀座の文字通りの「笑い」を
メインにしてほしいのかなと

彼岸を全面にうちだすなら、自分ならおもいきりコメディー
か恋愛ものかなと。そういうのが定番なんじゃないかと。

それからかえって「踊る大捜査線FINAL」をみる。これは
もうっていうくらいに「王道路線」

「悪が栄えたためしはない」これほど単純明快なわかり
やすい話もない。勧善懲悪もの、日本人に一番うける
パターン

またそれをさらっとやってのける室井管理官と青島刑事。

最後にでてきた「すみれさん」やっぱこれだよな〜と思う。

真のヒーローは最後に登場なのだが、やはり女性の時代
なんだろうと。これは令和の前の平成24年の話。

というわけで宅建業法

その14

「供託金をいれたら供託書の写しを免許権者に届け出、その
あとじゃないと事業は開始できない。免許をもらった日から
3カ月以内の届け出が必須事項なのである。」

ねばねば・・・今日は納豆の日ではないが納豆たべてうだうだ
すごそう。読みかけの本一気に読破だな。

明日からのために 今週一回?いや来週連ちゃんでお倉が浜
だな。
posted by クール at 06:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

BORN THIS WAY、マスクをはずす?つける?七変化番外編〜宅建業法13〜

 今月にはいってマスクをつけるキャラクターに特化した
ものが印象にのこっている。今月みに行った映画のファブル
の主人公にスケ清。

仮面をかぶる、これも七変化にはやはり不可欠なのかと。

実際、仮面をかぶっている人のほうが多いのが世の中なの
である。実に様々なのである。

好きなプロレスでもマスクマンは昔から人気なのである。
タイガーマスク。これ一番有名どころだろう。

でも、ほんとの顔をみてみたいというのが人間なのである。

みないほうがよかったのか、いややはりみて納得してよかった
と思えるか。受け取り手の器量にゆだねられことの方が多い
だろう。器量がなきゃやるべきでもないというものなのかと
あ・く・まで主観なのだが、そう思う。

その後の展開で自分をかえてしまうならやはりみるべきでは
ないだろう。

日本で最大の掲示板2ちゃんねるの創設者、西村さんいわく真贋
とびかうネットの中で個人の力量がとわれる。といってのけてる。

さーみなさんはどうお考えですか。マスクはずしてみたいと
思いますか、思わないですか。ドーン!!お〜ほっほっほっ!!!?
!!!!!!!!!!?

ということで宅建業法

その13

「宅建業をはじめるには、供託金をつまないといけないが支店が
あれば、本店と合計した額を一括して本店もよりの供託所に供託
しなければならない」と業法にはなっているが、現実、業者の
多くは、ハトさんチームかうさぎさんチームに入ることになる。

どちらを選ぶかは個人の自由なのである。

ハトの裏をみるか、うさぎのかわいい裏の顔をみるか。お〜こわっ

剣呑剣呑 今日はゆっくり休もう
posted by クール at 07:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

2つの腕時計〜宅建業法その12〜

 昨日、午前中・・・同業に顔をだす。自分でもなんとなく
感じていたのだが、やはり疲れからか目に力が入らない。

敏感に感じ取ることができるのは不動産屋の面々。

「今日はゆっくり休んだほうがいいよ」と声をかけてくれた。

でもそうそう休んでられないよな〜というわけで半ばドライブ
気分で市街地をながしつつ、頭の整理。とあるお客様のところの
訪問。ちょうどお昼時・・・しめしめ。

「天」丼で生き返る。それからよもやま話から〜の、腕時計を
2つほどいただいたのだが・・・これはうれしかった。

実をいうと今日はおじさんの命日。おじさんは時計屋を生前
大分で営んでいた。時計を修理する姿はいまでも目に焼き付いている。

もう2年前になるのか、フジさんの33回忌、おじさんの3回忌
を一緒にしたのである。

おじさんが天空をこえ運んでくれたのかもしれない。

というわけで宅建業法

その12

「事務所にいる宅建士の数がたりなくなったら2週間以内に補充等
法の規定に適合させるために必要な措置をとらなければならない」

やっぱ、今日は「君をのせて」そろそろお神輿だし・・・

サラオレインバージョンがいいな。しかも英語バージョンだな。

おじさんの供養になればと

今日もぼちぼちと頑張っていこう!
posted by クール at 05:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月12日

ものごとは会議室で決められてるんだ!〜宅建業法その11〜

 
 「室井さんーなんで現場に血が流れるんだ!?」の名セリフ
がでてくるのは、湾岸署で有名な青島刑事の言葉がでてくる
「踊る大捜査線」

お台場では、ほんとに湾岸署という名称になっているらしい。

今BSフジでは6週連続で踊る大捜査線が流れているのだが
今週がラスト。ラストはみておこうと思ったのである。

普段みれない戦争もの、刑事ものはやはりみていて面白い。

昨日、ひょんなことから秦野章元警視総監であり、法務大臣に
もなった人のことを調べていた。当然、現場も知っている刑事
でもあった。激動の昭和の「よど号ハイジャック」に「アサマ
山荘」など数々の大きい場面にでくわしていたらしい。

他界したあと、「もうあういう人はでてこないだろう」といわ
れるまでになった人なのである。

日本ではじめて、私大出身の警視総監になった人でもあるらしい。

警察官僚から政治家で有名なのは、亀井静香さんも確かそうだった。
現首相の家庭教師も現役の政治家で・・・名前忘れたけど警察官僚
だった気がする。

もし生まれ変わりがあるとしたら、警察官僚ってかっこいいよな〜
と思う。なぜか!?大概のことは網羅できている気がするのである。
日本だけでなく国家機密まで知らないことのほうが少ないような
気がするのである。

これから「AI」の時代になる、スマホの普及も一役かっている。

より物事の多くはデータ化、数値計量化されていくだろう。

それもより細かく分析されて、雨の日で気温何度、湿度何%では
こういうものがうれるとか、こういう事件が起きやすいとか。

おそらく時間もより限定されていくと思う。おそらく交渉事なども
より分析されてマニュアル化されていくのかな〜と思う。人間の
感情がよりコンピューターに近づけば・・・もしかして争いことも
へっていくかもしれないのかなと。

でも先日の講話できいたように「みえない世界」もあるにはありそうな
気もする。これはデータ化するのは、かなり難しそうだが、いずれは
わかる?ようになるのか。質量の研究では、もう解明の段階に入って
いるとか、いないとか

ということで今日の宅建業法

その11

「事務所には5人に1人は、宅建士をおかなければいけないことに
なっている。所定の案内所では1人いればOK」なのである。

警察関係のニュースが世間を騒がしている。これも「踊る大捜査線」
の番組宣伝なのか?世の中は摩訶不思議な世界でもある。

今日はザ不動産屋としてぼちぼちと頑張っていこう!

「ものごとは現場で生まれる」のが本当なのである。
posted by クール at 07:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする