2019年06月06日

見知らぬ2人のまま

 今日は芒種の日、いわゆる種まきの日である。営業は
常に種まく行為を欠かさずしてるようなものであるから
今日が特別とは思わないが、二十四節季では、この日に
種をまくといいとなっている。

この日から、次の節季まで約2週間が種まきには適してる
ということになる。

今日の午後に、今月からはじまる仕事の打ち合わせがある。
8人の人と知り合いになるのである。とても楽しみなので
ある。

前回そこで知り合った人は今でも、電話すれば話せる方2名
ほどできた。今回はどうなるだろう。

期待と不安と緊張はある。どうなるだろうかと。

人の人生ほぼほぼ、「出会い」で決まると思ってもいいすぎ
ではない。でも、出会わなかったほうがというケースもなきし
にもあらず。見知らぬ2人のままのほうがよかった?場合も
あるだろう

令和になって約1か月、どんどんかわっていくのがわかる。
それに付随してか、世の中もいろいろな膿がでてきた。ますます
でてくるだろう。平成のおわりくらいからはじまり、いよいよ
本格化。

まぁ〜末端の不動産屋風情はケセラセラなのだが・・・隠して
きた履歴のある人にはちとつらい展開がくるよな〜と感じる。

記憶は自分は興味あるものにはあほみたいにインプットできるよう
になっているのだが・・・不思議とインプットできない分野も
あるのである。どうしたものか

さて午前中は書類つくって・・・午後はぼちぼちとやっていこう

どうやら選挙の声もきこえはじめてきたのである。
posted by クール at 07:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする