2019年05月07日

さっしーにまなぶ〜ナンバーワンになるための法則〜

 今日から仕事なのである。

こじるり、しのまり、ゆきりん、さや姉、まゆゆ、先週結婚した
たかみな、そしてW松井。個人的にはW松井がいいと思ったのである。

キャバすか学園でてるしな。

もう何年前になるのか、知り合いのところで飲み会していた時に
当時中学生の女のこが真剣にテレビをみていたのである。

その子ももう20過ぎているのだろうが、「AKB選抜総選挙」という
番組だった。

前記のかわいい、美人のナンバーワン候補をさしおいて

さっしーこと指原莉乃はナンバーワンになり初めてのセンターの
曲がフォーチューンクッキーらしいのだ。デビューしてからかなりの
年月をついやしている。

昨日、あることを思い出したのである。

あるクラブ経営者から「ナンバーワンになれるこはある法則がある」
と。そのクラブ経営者は、面接というかたくするしいときでなく
ふとしたときにある質問をするそうなのである。その回答から

「あ〜このこは、ものになるな。頑張りしだいでナンバーワンになれる」
と思ったそうなのである。だからそのこがやめそうなときは必死にとめた
らしいという話を思い出したのである。ナンバーワンになれるこは
決まって同じことをいうらしい。さてさて、答えはもちろん書かない
のであるが。

その秘密の質問

「知っている人でも知らない人でもいいのだが、1000円渡すから
アイスを買ってきてほしい」といわれて、どう返すかどう答えるか。

そのときの自分のした回答はゼロ点だったらしい。でも、そのとき
答えを教えてくれなかったかが今はなんとなくわかるほど年月ついや
したかなと。その方も、もう生きてはないだろうと思うがなんとなく
供養になったかなと感じたのである。

そのとき答えを教えてくれなかったのは「考えなさい」ということ
だったのかと。何年か前にもわかいときの質問の答えをみつけたことも
あった。

AKBにはあまり興味はなかったのだが、先週さっしーはAKBを卒業した
のだが、スターまでの道のりはとてもユニークだった。

おそらく、さっしーもナンバーワンになれる秘密の質問にはナンバーワン
になれる回答をしたのだろうと思ったのである。

女性の時代といわれるが、ますます男性には厳しい時代になっていくの
だろうかと。

そう思いながらぼちぼちやっていこう!
posted by クール at 06:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする